働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました 1

軍オタが魔法世界に転生したら、現代兵器で軍隊ハーレムを作っちゃいました!? (1) (富士見ファンタジア文庫)
事件に巻き込まれて命を落とし、気づくと異世界に転生していた少年リュート。魔術の才能が人生を左右する世界で、けれど彼の魔力はごく僅かだった。そこで現代の知識を活かし“銃”の製造に挑むことに。彼はミリタリー好きの“軍オタ”なのだ!幼馴染みの犬耳少女スノーに心配されつつも、リュートは兵器作りに励む。前世で叶わなかった、誰かを救うという思いを胸に。迫る魔物の脅威から、大好きなスノーを守るため―!!これはやがて、自分だけの軍隊を創り上げ、その力で人々を救って伝説になる―かもしれない少年の物語である!






小説家になろうからの書籍化作品としてファンタジア文庫から登場したラノベです。僕はこういう現代のテクノロジーを異世界に持ち込んだらというストーリーが大好きなんですけど、この『軍オタ』も例にもれず最高の一冊でした。
ミリタリー×ファンタジーをコンセプトに異世界転生を果たした主人公の“リュート”が軍オタの知識を頼りに異世界で銃器の製作に明け暮れる日常を描いたストーリー。そのなかで、表紙にも登場する幼馴染で美少女の“スノー”との出会いとその後も同時に進行していきます。
ミリタリーとしての内容もかなり濃い部分まで“リュート”が語るので、苦痛に思えるかと思いきや、そういった部分が理解できずとも楽しめるような展開が多くて、無知な自分でも楽しく読むことができました。
ミリタリーに関してどこまで書かれているのかというと、まず巻末のスペースに登場した銃器のイラストと作者による一言コメントが書かれてます。本作を執筆するにあたり使用した参考文献の数もかなりの量ですね。銃器の発展の歴史と細部にわたる解説にうんちくを交えた内容が地の文で語られます。
幼馴染の“スノー”との出会いと成長を描いたストーリーはもう最高の一言に尽きますね。とにかく幼馴染が可愛くて可愛くてたまらなかったです。とくに“スノー”が“リュート”に対して積極的になってきたあたりからが可愛さバツグンですね。一人のヒロインにだけストーリーを割いたらここまで最高のヒロインが完成するのか! となります。
“スノー”と“リュート”の関係性を引き立てるために登場したとしか思えない“同年代女子の女子トーク”、“スノーにまとわり付くイケメン男性”が上手い具合に作用してますね。“スノー”から“リュート”に対する好意はバンバン見せ付けられるんですけど、その逆というのはなく、“イケメン男性の登場”によるあれこれがきっかけで“リュート”の心境があらわになり、二人の関係性を強固にした感じでしたね。
ファンタジア文庫から出版されるなろう書籍ははずれはオンリーセンスオンラインに引き続き、僕の好みのど真ん中なラノベでした。2巻も超絶楽しみにしてます。