読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 3

まのわ 魔物倒す・能力奪う・私強くなる 3 (このライトノベルがすごい!文庫)
ツヴァーラでのトラブルを解決し、ティアラやルイーズらをパーティに加えた風音たち一行。さらにダンジョンでは巨大猫の召喚獣を仲間に加え、ますますカオスっぷりを増したパーティに、ミンシアナ王国の現女王から呼び出しがかかった。首をかしげながら王都へ向かった風音たちの前に現れたのは、懐かしい、驚くべき人物だった…。魔物を倒してスキルを奪取!大人気異世界ファンタジー第3弾!





かつて現実世界でプレイしていたゲーム『ゼクシアハーツ』の世界に召喚された風音&弓花。1巻からずっと追い続けているラノベだけあって、新刊が発売される月になる度に購入したら他を置いて真っ先に手を出したくなるラノベです。

なろうからの書籍化作品を他にも色々と読んでいるんですけど、この『まのわ』に関しては、1巻が当初から現実世界への帰還を目指した冒険を続けているところがあります。
異世界で冒険を続けていく中で帰還の手掛かりになる事実が明らかになったときは、シリーズを通して徐々にストーリーが結末に向かって収束している感じが伝わってきて、一つの作品としての完結を最後まで追いかけたくなっちゃうんだよね。

風音&弓花と同様に、『ゼクシアハーツ』の世界に召喚された人間たち、3巻でいうとことのミンシアナ王国女の三井原優子がいい感じに話の起爆剤になってくれて盛り上げてくれます。それでいて、異世界召喚補正+ゲーム時代のチートスペックを引き継いで戦闘においても華々しく活躍してくれるのが楽しい。

あとやっぱり風音のもつ固有スキル--討伐したモンスターのスキルを奪って自分の能力にする--が面白い。このスキルというのが、嗅覚のスキルを有するモンスターのスキルを奪えば、遠距離から敵の臭いを感知して索敵能力として活躍するのは毎度おなじみなんだけど、日常方面で活用すれば
『相手の体に染みついて臭いを嗅ぎ分ける』といった方面にも使えて、選択肢の幅が広がるんですよ。そうなるとまぁ、仲間たちと街をブラブラ歩いてるときとか、何気ない日常のひと時にモンスターから奪ったスキルがポンと飛び出して楽しい展開を巻き起こしたりなどなど。

ストーリーももちろん面白いけど、これまでに奪ったスキルが今でも頻繁に活躍して異世界の冒険を楽しく見せてくれるところが好きですね。