働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

マンガの神様 2

マンガの神様 (2) (電撃文庫)
連載を賭けて「西の天才高校生漫画家」と対決!?高校生兼新人漫画家の僕こと左右田伊織が、編集長から持ちかけられたのは、新人漫画家・高良翔太郎とのマンガ勝負。ジャンルはずばり恋愛マンガ!この展開も、楪葉に憑いたマンガの神様の影響なのか!?まあ僕が負けるはずがないけどな。でも翔太郎は恋愛ジャンルが得意らしく、実力は楪葉も認めるところ。もしかしてまずいんじゃないか!?勉強のため楪葉と人生初のデートをしたり、ベテラン少女漫画家糸屑ほたるのアシスタントをしたり、研鑽を重ねる僕。だけどやっと掴んだ面白い恋愛マンガを描く方法は、「恋愛をしないこと」だと!?恋とマンガ、伊織はどちらを選ぶのか! 第21回電撃小説大賞〈銀賞〉受賞作、ハッピー青春ラブコメディ第2弾!!





東の高校生新人漫画家・左右田伊織 VS 西の高校生漫画家・高良翔太郎による週刊誌連載を賭けた読み切り人気投票勝負。「まるでマンガのような展開ですね(𣜿葉)」

二人の漫画家のマンガ作りにかける熱すぎる情熱、人生の全てをマンガに注ぎ込むストイックなまでのクリエイター精神。才能に溺れることなく、常に研鑽を重ねていく二人の姿が心に響きすぎる。
「そこまでやるのか!?」ってくらいに自らを追い込んでいく向上心の高さが凄かった。

左右田伊織にとって、どれだけ相手の実力を認めたくなくても「面白い!」と感じる心にフィルターをかけることは不可能なんですよね。対戦相手である高良翔太郎の描いたマンガを参考までに読むシーン。主人公である左右田伊織自身もプロの漫画家であるから、「これだけ面白いマンガを描けるやつには、悔しいけど今の状況では負けるかもしれない」っていうのがわかっちゃうんですよね。でもそこで挫けることなく、ベテラン漫画家のアシスタントを経て創作のいろはを吸収して進化を遂げる情熱が凄い。天才漫画家・楪葉やベテラン少女漫画家・糸屑ほたるが語る『漫画家創作論』について言及するシーンもかなり深イイ言葉が飛び交ってました。マンガなんて描いたことないのに思わずうなずけるくらい、マンガ作りの本質をついてる気がしました。

作者自身もあとがきで3巻、4巻の刊行を望んでいるみたいですけど、これは本当に面白いラノベなんでできれば僕自身も次巻の刊行までいって欲しいですね。