読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

MOE―召喚しませ!おとめなえいたんご

MOE―召喚しませ!おとめなえいたんご (電撃文庫)

《あらすじ》
「死ね。爆発しろ」そう毒吐く彼女の名前は、explode。固有のAIを備え、美少女に擬人化された“英単語”。それが彼女の正体。ヴァーチャルリアリティのMMORPGゲーム『えいたんご☆ますたあ』世界における屈指の人気キャラクター。設定年齢は11歳、子供っぽくて、ちょっとだけ焼きもち焼き。能力は「爆発」。要するに、僕の嫁だ。ああ、どんな単語より、お前が一番可愛い!だけど彼女はまだ誰も手に入れていない、超レアキャラ。explodeの単語を入手できる超難関クエストが立ちはだかる!召喚された少女の能力と己の英語力を駆使して戦え!萌えて英文法に強くなる、素晴しきMMOライフへようこそ!

英単語が擬人化した美少女キャラクターをパートナーにしてプレイヤーたちと冒険をするVRMMOゲームというスタートダッシュを切った内容から、かなりのバカラノベを期待していたけれど『explodeの単語を入手できる超難関クエスト』の攻略に差し掛かった瞬間にガチガチの謎解きに突入することになるとは全く予想していませんでした! ていうか、あの帯とあらすじからこれだけ手の込んだ謎解きにストーリーがシフトすることを予想できるのはほぼ不可能だよ!!
超難関クエスト攻略に立ちはだかる謎の暗号を解読するパートに関しては、はっきり言って『こんなん読者で解けるわけないだろ!?』と断言できるくらい難解で、予備知識が必要にもほどがあるレベルでした。それでも読むのが苦にならないのは、ゲーム性を重視したクエスト攻略フラグの存在と、例題を用いた暗号解読の方法とその糸口のわかりやすい説明があったからですかね。
クエスト中に出会ったAIの定型的な会話文のなかに隠された何気ないヒントから真相にたどり着く思考回路、真相に近づけば近づくほどに謎が解き明かされていって、その過程を見ているだけでも面白く感じてきてしまいまました。これは是非とも読んでもらいたいおすすめのラノベですね。

読み終わったあとになって気づいたんですけれど、このラノベで語られていた暗号解読の糸口として用いた手法として『ノーゲームノーライフのイマニティ語を翻訳してみた』が個人的にかなり近いと思ったのでついでにリンク貼ります