読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界混浴物語 3 混迷の岩盤浴

オーバーラップ文庫 ラノベ

異世界混浴物語 3 混迷の岩盤浴 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
『無限バスルーム』なる素敵に微妙な『ギフト』を携え異世界を往く北條冬夜。魔王討伐を目指す旅は、様々な仲間との出逢いをもたらす―頼もしいリザードマン、むっちり銀髪娘にケモミミ従者、ぴっとり系ちみっこ晶術師などなど。苦労の末、辿り着いたかつての魔王軍本拠地「ハデス・ポリス」でも、新たな敵との激闘、そして闇の女神を名乗る美少女ラクティとの出逢いが待っていた―「冬夜さまが受けた闇の祝福を抑えるには、お姉さま達の祝福が必要です」一行は彼女を連れて、女神の神殿のある炎の都「ヘパイストス・ポリス」へと向かう。異世界混浴ファンタジー第三弾、七転八湯の大開幕!!

異世界に魔王討伐のための勇者として召喚されると同時に特殊な能力『ギフト』を身に着けて旅立ったのが全てのはじまり。スタート直後は『無限バスルーム』という、ただただお風呂に入るだけの不遇な能力だと思っていたけれど、それが成長するにつれて部屋の機能が拡張されて侮れない能力に化けてきてますます面白くなってきています。
ギフトとして無限バスルームを発動している間は、中に入っている人間は外界から完全に遮断されることでどんな宿泊施設よりも防犯性の高い寝床にもなるうえに、中の居住スペースも女神の加護を授かるたびにギフトが進化して中の設備もグレードアップ。異世界の女神による破格の力と現代世界の科学技術が融合して無限バスルームがカオスになっていくのも一興で、無限バスルームの設備のあらゆる機能を活用して魔王討伐の冒険を優雅なものにしている姿が痛快ですね。
旅の途中の安全な宿泊施設にもなるのはもちろんのこと、旅の途中で得た素材を保管するスペースにもなるし、バスルームの力を常時発動していくことで保有魔力のステータスも成長していくし、無限バスルームがこんな万能な能力に化けることになるとは予想してなかったです(笑)
このまま他の女神の加護も授かったら次はどんな能力を手に入れることになるのかちょっと楽しみになってきます。