読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ゴブリンスレイヤー

GA文庫 ラノベ

ゴブリンスレイヤー (GA文庫)

《あらすじ》
「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」
その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。それを助けた者こそ、ゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。彼は手段を選ばず、手間を惜しまずゴブリンだけを退治していく。そんな彼に振り回される女神官、感謝する受付嬢、彼を待つ幼馴染の牛飼娘。そんな中、彼の噂を聞き、森人(エルフ)の少女が依頼に現れた――。圧倒的人気のWeb作品が、ついに書籍化! 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー、開幕!

駆け出し冒険者が最初に挑むクエストとして知られるゴブリン討伐ではあるものの、それに挑んだ冒険者たちの辿った末路とゴブリンスレイヤーの戦い方、その他の冒険者からのゴブリンスレイヤーの意見を聞くうちに、「ゴブリン討伐ってメチャメチャ難易度が高いクエストなんじゃね?」と疑問を抱きたくなるほどの壮絶な戦いが描かれている。
知能も低く初心者冒険者の手で軽く倒せるはずのゴブリンも、集団となりこれまでに冒険者と戦ってきた経験から学んで知恵を身に着けたときの手ごわさがえげつないくらい恐ろしい。意気揚々とゴブリン討伐に挑んできた冒険者のほとんどが命を落とすことで、「中堅者冒険者が育つことなく、初心者とベテランの冒険者しか存在しない」と称される冒険者ギルドの現状もうなずけてくる。これはもう、ゴブリン=雑魚モンスターの固定概念が自分のなかで覆されるくらいにゴブリンという種類のモンスターをクローズアップされた作品で、ファンタジー世界のものの見方が変わりそう。
ただのゴブリン討伐がここまで神経をすり減らしてまで危険を回避しながら挑むモンスターだとは思えないくらいの激闘が繰り広げられていて面白かったです。