読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

まのわ 竜の里目指す 私強くなる

このライトノベルがすごい文庫 ラノベ

まのわ 竜の里目指す 私強くなる (このライトノベルがすごい! 文庫)

《あらすじ》
ゲームそっくりの異世界に転移した女子高生・風音と弓花。魔物を倒すとその能力を「スキル」として手に入れることのできる風音は、手当たり次第にスキルをゲット!冒険者として名を馳せるばかりか、王女様を陰謀から救ったり、温泉を経営したり、ドラゴンに変身したりとやりたい放題!そんな彼女たちの前に、新たな“顔なじみ”が現れた。風音たちの新たな冒険が始まる!第2回なろうコン大賞グランプリ受賞作、新章開幕!

※タイトルがこれまでの『まのわ』と異なる(そもそも略称もまのわじゃなくなる)けれど、中身はこれまでの本編と変わることなくストーリーが進みます。

風音が異世界の魔物を倒すことで手に入るスキルのレパートリーと応用力の広さ。一般的な冒険者の旅路での野営地における生活水準も屋根つきの一軒家がボンと建てられるレベルで、異世界の方々をゆるく楽しく冒険している光景が面白い。

現実世界でプレイしていたはずのゲームの世界を舞台にしたライトノベルは数多く読んできたけれど、そのなかでも異世界から現実世界への帰還を目標にすることでストーリーに起伏があって、パーティーメンバーとの掛け合いの面白さでいったら一番かもしれないですね。

異世界での風音たちの冒険において、何においても人の住む街に立ち寄るのは必須事項。そして風音たちが行く先々でモンスターの大群を全滅させたり、ドラゴンを討伐したり、盗賊団を壊滅させたり。物語が進むにつれて異名がドンドン積み重なっていくわけですよ。
そしてその異名が異世界のあちこちに伝聞されていき、見知らぬ土地に訪れたはずなのに風音の異名がとどろいて、それが異世界の住人のリアクションを引き出すことになったりして、風音が活躍する旅に話のネタが増えていっている感じがして楽しくなってきますね。

風音・弓花の新たな顔なじみの登場と異世界から帰還するためのカギを握るイベントの発生で、このあともますます面白くなることに期待が持てそうなので次巻も楽しみです。