読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

夜空ノ一振リ

講談社ラノベ文庫 ラノベ オススメ

夜空ノ一振リ (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
黒野刀禍は異世界から現れる妖怪たちを討伐する“剣士”に憧れるが、試験に落ちまくっている落ちこぼれ。またも試験に落ちた刀禍の前に、奇妙な少女が現れる。彼女は夜空と名乗り自らを“最強の精霊”だと話す。力を持った精霊と契約すればその特別な力を使い戦うことができる。夜空は最弱の刀禍に使われることで、自分の強さを証明したいと契約を迫ってきた。最弱と言われプライドを傷つけられた刀禍も、精霊の力を得れば自分も剣士になれるのではと期待したが。彼女は精霊としての力は何も持っていない、いわば精霊の落ちこぼれだったのだ。落ちこぼれコンビが誕生し、数々の強敵を迎える事になるが?

第4回ラノベチャレンジカップ“佳作”受賞作
最弱×最強を題材にした作品のなかでも、最弱の剣士である主人公が最強の剣技を身に着けた精霊と契約を交わして戦いを繰り返すことで、自然と精霊の剣技が体に染みついていく。バトル描写もシンプルな近接戦闘がメインになっているだけに、敵に勝利するための戦局の詰め方も体捌きや剣技に華があって見応えが抜群。バトルだけを抽出しても、文字通り“最弱の剣士”であった黒野が夜空を振るって戦い抜いていくなかで、これまでの自分とは別次元の世界の戦いを経験していき、新たな境地に一歩足を踏み入れたときは思わず熱くなる。

受賞作という形で1冊のなかで綺麗に納まるストーリーになっていたけれど、ここまでバトルを熱く楽しませてくれる作品は貴重だと思うので、この作品の続編がもし出るとしたら間違いなく購入して真っ先に読みたいですね。これからの活躍が凄く楽しみ。