読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔王軍最強の魔術師は人間だった 1

魔王軍最強の魔術師は人間だった(1) (モンスター文庫)

《あらすじ》
魔王軍最強との呼び声高い、魔王軍第七軍団所属「不死旅団」。その団長を務める者の名をアイクという。絶大な魔術で敵をなぎ払うさまは、まさしく「魔物」。だが、アイクはある重大な秘密を隠していた。それは―「実は俺、人間なんだよね!」。魔王軍幹部として働くことになったアイク。だが、転生者は彼だけではなかった―!!「小説家になろう」発、大人気魔界転生ファンタジー。

オーソドックスな異世界転生ファンタジー要素を詰め込んだ作品でした。
魔王軍サイドに仇敵である人間を配置したときの綱渡りな雰囲気と、アイクの正体を知るごくわずかな者たちと秘密を共有しているシチュエーションに少しだけ魅力を感じたけれど、不本意ながらそれ以外は印象に残るエピソードも薄くてあまり印象に残る内容ではなかったです。しいていえば、アイクが日常的に接する身近なキャラクターたち(主に女性陣)あたりとの掛け合いが、魔王軍内でのアイクの上下関係の縮図になっていて面白かったくらいですかね。

終盤にかけて魔王軍内部の幹部の裏切りに発端して起こった様々な騒動も、魔王軍内の出来事を描いた作品ならではの展開だったけれど、転生したアイクのスペックがチート過ぎてあっさり終わるので消化不良でした。全体的にオーソドックスな異世界転生の展開を含んで淡々と進めていくのはいいけれど、山場のインパクトが弱くて内容がぼやけてくる。
購入のきっかけは絵師さん買いだけど、2巻が出ても買うかどうかは微妙なところですね。