働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

転生魔王の大誤算2 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート~

転生魔王の大誤算2 ~有能魔王軍の世界征服最短ルート~ (GA文庫)

《あらすじ》
異世界に転生した高校生、誤算続きでさらに名声爆上がり!
臣下達の重すぎる忠義と愛に後押しされ、しぶしぶ世界征服を続けるケンゴー。
ベクター王国を一瞬で攻め落とすと、統治体制を確立するため民心獲得政策を打ち出す。
金と物をバラ撒き、魔王の体面を保ちながら、どれだけ民に媚びることができるか、ヘタレチキン魔王の政治《たたかい》が始まる!
意外にも臣下達も協力的で、むしろ有能すぎてケンゴーもほくほく顔。
「これはうれしい誤算だな!」
だが、魔族と人族の融和を望まぬ者達が暗躍。
まさかアイツまでもが謀略の糸を張り巡らせ、ケンゴーの優しさ溢れる占領政策を妨害する!?
魔王の自覚が芽生え始め、臣下達の愛もますます深まる、誤算だらけのサクセスストーリー第2弾!!

魔王としての統治能力も政治もわからないヘタレ男子高校生が個性の強すぎる臣下たちに囲まれて人間たちの暮らす世界を征服する異世界ファンタジー作品。
ヘタレな魔王ケンゴーが『本物の魔王らしく』して臣下たちにヘタレだとばれないように必死に振る舞う光景と、『我らの魔王様!!』という臣下たちの思い描いていた印象が絶妙にすれ違いを生んで、ケンゴーの予想もしない未来へ転がり落ちていくコミカルな展開に阿鼻叫喚を巻き起こすところが面白かったです。

主人公である魔王ケンゴーの本質が『ヘタレ』なのに『魔王らしく強そうなムーブ』をして自分を偽っていたら、そりゃ見当違いな方向に話が進むのはしかたがない(笑)
異世界無双転生ファンタジーの主ジャンルにコミカルさをテイストした雰囲気の作品で七大魔将たちそれぞれが『強欲』や『憤怒』といった七つの大罪にちなんだ個性を強調したムーブをしつつも、それぞれのキャラクターがしっかりとした存在感を放って埋もれることなく物語に絡んできていて、なおかつ読んで印象に残りやすいのでキャラクター同士の掛け合いもスムーズに入ってきて楽しむことができました。
2巻では七大魔将のひとりがケンゴーに水面下で下剋上を企てるというハラハラドキドキの急展開が待ち受けていて最高に面白い回でした。

bookwalker.jp