働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 4

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 4 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
真桐先生の問題が一件落着した後も、夏休みはまだまだ続く。去年までなら冷房のきいた家に籠もっていた俺・友木優児も、今年は『主人公キャラ』である池春馬の『友人キャラ』として海へ行くことに。そこにはやっぱり冬華に夏奈、更には生徒会役員の一人、竜宮乙女の姿もあり……こんな絵に描いたような青春イベント、『友人キャラ』の俺に訪れていいのか?
そして近づく夏の終わり。過ぎゆく時と彼女たちの譲れない想いは、俺たちの関係も少しずつ変えていく――。
友人キャラがおくるすんなりいかない学園ラブコメ、水着回もありな第4弾

強面系主人公で他人から距離を置かれがちな友木君が彼を深く理解してくれる得難い友人たちに囲まれて夏休みに青春を謳歌していることが、これまでの彼の高校生活を物語っていて感慨深い水着回でした。
池冬華の“偽恋人”としての側面があり、池春馬の友人として、葉咲夏奈から好意を寄せられ、教師である真桐先生からは信頼を寄せられ、クラスメイトの朝倉とは休日に遊びに出かける約束もする友人として親しくなり……。
友木のまわりを囲む交友関係の広がりと深まりが何気ない言葉のやり取りのなかに込められている光景を味わいつつ、友木をめぐる冬華と夏奈が正々堂々と恋のライバルとしてバチバチにやり合うラブコメチックな修羅場も勃発させ、友木の両手に華のハーレムぶりと池冬馬のイケメンぶりがモテない男子高校生朝倉の嫉妬に火をつけるコミカルな日常のワンシーンを演出してくれたり、多方面で面白さの詰まった作品になっていてとても良かったです。
本質的な意味では友木の周囲のキャラクターたちのなかに明確な変化につながるイベントはなく、夏休みらしく水着を着て海水浴を楽しんだり、可愛い女の子たちが浴衣を着て一緒に出掛けたり、ある種の箸休め的な内容とはなっていましたけれど、やっぱり可愛くて純粋な女子高生たちが好きな男子をめぐってイチャついたり争っている姿はいつ見ても楽しいのでオールOKです。

bookwalker.jp