働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 3

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 3 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
冬華と俺が『ニセモノ』の恋人となって数ヶ月が過ぎ、季節は夏。定期テストを乗り越えれば、あとは夏休みを待つばかり。休みの間もニセモノの関係を続けたい冬華に、一度は告白を断った夏奈もグイグイ来るように。更には春馬の誘いで生徒会の合宿へ参加することにもなり、今年の夏はどうにも騒がしくなりそうだ。その合宿には真桐先生も引率で参加するという。「厳しい」と評されながらも、俺のことを気にかけ、導いてくれる恩師――なのだが、どうやら様子がおかしい。話を聞けば、望まないお見合いの話が来ているらしくて……?
彼女は想う。一度だけでいい、恋をしてみたい、と。WEB発大人気学園ラブコメ、待望の第3弾!

冬華とのニセモノの恋人関係。幼なじみの夏奈からの告白。
告白を断られてもグイグイ攻めてくる夏奈 VS ニセモノの恋人だけど彼氏を守る冬華による猛烈なアプローチ合戦と修羅場が繰り広げられる地獄絵図。
友木優児、池冬華、葉咲夏奈による三角関係と池春馬の組み合わせで過ごす日常はとにかく賑やかで話題に事欠かないけれど、二人の女の子に言い寄られる優児と普段から女の子にモテモテの春馬を見る一部のモテない男子生徒からは嫉妬と殺意の感情しかわかないですね。優児の友人の朝倉も冬華に加え夏奈が言い寄ってくる光景には激ギレしてます。優児の強面のせいで交友関係が狭いおかげで、一緒に出掛ける面子も固定されるだけに、こんな修羅場を頻繁に見せられたらモテない男子の精神は摩耗していくのも全然おかしくない。
学園ラブコメとしてヒロインの可愛さ、修羅場、外野のわかりやすいリアクションの全部が揃っていて、かつての過去のあやまちで周囲から孤立していた優児が友達と楽しく過ごしている姿にとても和みました。

そして表紙から伺えるように、シリーズ第3巻ではかつての優児を救ってくれた恩師の真桐先生とのエピソードを深めていく回になっていました。
正直に言うと、冬華と夏奈の恋愛バトルだけなら同年代の恋愛に留まっていたけれど、そこに『教師×生徒』の年のあるなかで真桐先生ルートにまで風呂敷を広げたのはちょっとこの先の展開に収拾がつくのか心配になってきました。
少なくとも真桐先生に関しては実家の父親から結婚を勧められたりしているわけだから、冬華や夏奈のようなラブコメのノリができずに1人だけリアルガチになりそうなイメージがある。個人的には真桐先生は傍観するポジションが良かったんじゃないかと思いますけど、この先の物語がどうなるかわからないので何とも言えないです。

イラストレーターさんはトマリさんから交代して長部トムさんになりましたけど、元々あるキャラクターの雰囲気も全く変わることなく違和感なく作品を楽しむことができました。モノクロの挿絵のクオリティがかなり高くて見どころのあるシーンに最高のイラストがあってとにかく最高でした。

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 3(最新刊) - ライトノベル(ラノベ) 世界一/長部トム(オーバーラップ文庫):電子書籍ストア - BOOK☆WALKER -