働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 5

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 5 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
冬華がいて、夏奈がいて、真桐先生がいて。今までとは何もかもが違った夏休みも終わり、始まった二学期。俺・友木優児はいつものように教室に向かえば怖がられる……はずが、何やら様子が違った。体育祭を目前に控えたクラスメイト達は、俺のことを仲間に加えようとしてくれて――?
そんな中、『主人公』キャラの池春馬に想いを寄せる竜宮乙女から俺はある相談を持ちかけられる。それは『春馬に振り向いてもらうサポートをして欲しい』というもの。そこで俺達は体育祭を利用し、春馬に乙女を意識させようと試みることに。こうして、ようやく『友人キャラ』らしいイベントが始まる――!?

強面で学校では人から怖がられる。友木優児のこれまではそんな日常が続いていたけれど、後輩で可愛い彼女の池冬華と交際、クラスメイトの葉咲夏奈からも慕われ、親友の池春馬からはクラスに馴染めるように後押しをされ、真桐先生からも深い信頼を寄せられ……。
その他にも、友木の心根を理解してくれる友人にも少しずつ恵まれるようになり、徐々に友木と接してくれるクラスメイトが広がりつつある現状に至っている光景がシリーズ第5巻では描かれていることに、「あぁ、2学期も始まって時が経ったんだな……」と感じさせられました。
謂れのない中傷に晒され、伝聞を続けていくうちに噂に尾ひれがついて避けられる存在だった友木の周囲の変化と、友木自身が『体育祭を楽しもうとする』意気込みを抱くようになり、とてもホッコリさせられる展開でした。友木の変化を感じった彼の友人たちが甲斐甲斐しく後押ししてくれる姿からも、これまでの学校生活を通じて友木から与えられたものを返そうと親切に接してくれる想いのようなものが感じられて、1巻からの集大成が詰まった様相が描かれていて凄く良かったです。

bookwalker.jp

「友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?」シリーズ(オーバーラップ文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER