読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔王なあの娘と村人A(11) ~魔王さまと俺たちのグラデュエーション~

魔王なあの娘と村人A(11) ~魔王さまと俺たちのグラデュエーション~ (電撃文庫)

《あらすじ》
“魔王”竜ヶ峯桜子が“魔王”の個性を剥奪される、だって…?この間の修学旅行のあたりから、確かに竜ヶ峯の様子はおかしかった…と思う。でも、あいつが“魔王”じゃなくなるとか、そんなことになるなんて―。俺が…“A”なんて今まで呼ばれちゃいるが、結局単なる“村人”でしかないこの俺が、それをどうにか出来るもんなのか…?いや、無理だ。所詮この世界で“個性者”は特別製。俺たち一般人が何をしようとも彼らの心には届かない。だから、遠巻きに見守って、最低限“村人”に出来るレベルの助言だけをしてやればそれでいい。それ以上やれることは、まったくないはずだ…。いや…本当にそれでいいのか!?俺はあいつに…!
『魔王なあの娘』シリーズ最終章! 《あの娘》が《魔王》でなくなる!?

シリーズ最終巻……うっ、とうとうこの作品も完結を迎えるときが来たのか。
いつの日か、“個性者”と“村人”の間にある名状しがたい距離感が二人の関係性にどうしようもなく悶々とさせられる。竜ヶ峯の“魔王の個性”もつ希少性と国によって厳重に管理されている個性者の存在。それらを天秤にかけたときに、『佐東(村人)と竜ヶ峯(魔王)にはお互いに結ばれてごく普通の幸せな未来をたどってほしい』という想いと、『竜ヶ峯の魔王の個性を守るためにあきらめるべき』の両極端の未来像が浮かび上がってくるのが辛かった。
現実問題として両方の果実を拾うことはほぼ確実に不可能。そこをどう綺麗にまとめてくるか気になっていたわけですけど、無事に佐東たちが卒業式を迎え最後の言葉を交わす場面に突入するときには、『幼なじみの光ヶ丘翼完全敗北! 竜ヶ峯桜子完全勝利!!』の構図が確固となったうえでの大団円。最高の読後感でもって最終巻を迎えることができてよかったです。もう竜ヶ峯の挙動がいちいち可愛くてしょうがない。

まだ『魔王なあの娘と村人A』を読んでいない人には是非ともおすすめしたい学園ものなので、興味があったら購入してもらいたいです。おすすめです。魔王ちゃんが死ぬほど可愛いです。