働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

最底辺からニューゲーム! 2~奴隷商人は次に地位と名誉と無垢な少女を手に入れます~

最底辺からニューゲーム! 2?奴隷商人は次に地位と名誉と無垢な少女を手に入れます? (HJ文庫)

《あらすじ》
奴隷の立場から一転、「お人好しの奴隷商人」として出世街道を爆走中のタクミ。そんな彼の功績により、下層地区の商会だった“鈴蘭”は、国家公認の四大商会の一角にまで上り詰めていた!しかしその程度では当然満足などしないタクミは、新たな事業と人脈作りに勤しむべく、王家主催の立食会へと参加するが―「籠の中の鳥は…自由に啼くことすら許されないのです」奴隷のように扱われる幼き大司教の少女リーゼと出会ったことで、タクミは世界の常識をぶち壊し、彼女を救うことを決意する!!奴隷転生からの痛快ファンタジー、出世しまくりの第2弾!

下層地区の商会“鈴蘭”が規模を広げていよいよ国家に踏み込む。
“お人好しの奴隷商人”としての功績を徐々に上げていき、新規事業の開拓に向けていく。異世界に転生を遂げて自分の才能をフルに発揮させていき、組織としての規模も勢力も上回る相手に真正面からぶつかっていく展開の連続。
『この主人公なら相手をコテンパンにしてくれる』『大言壮語を吐いていても最終的には戦果を治めてくれる』という前提条件があると、痛快ファンタジーとして楽しむことができました。
キャラクターの魅力を引き出すまでに、狼人のクノンの身体能力と戦闘能力の高さやエルフのカリンの魔法適性を活かしたコミカルな展開や熱いバトルがよかった。今回に関しては魔法を展開させるために必要な物事の根幹に迫るシーンなども細かく解説されていたけれど、シンプルに“魔法”の一言で物語に組み込んでいくのもありだけれど、よりバトルに深みを持たせる上では様々な視点で掘り下げるのもありだと思う。
ひいてはそれが、『絶対的な魔法使いとしての優位』が常とされる異世界において、『魔法を持たない種族でも魔法使いに対抗できる=魔法使いと対等に渡り合える』という実績を創り上げる結果にも繋がっている。

最底辺から第二の人生をスタートさせた主人公によって着々と異世界の常識を覆していき、2巻においては国の中枢にまで人脈を創り上げる結果を成し遂げていくことになり、3巻に向けてどのように物語をつなげていくのか楽しみです。