働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ジャッジメント/ブラッド 真祖の帰還

ジャッジメント/ブラッド 真祖の帰還 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「貴様ら、それでも吸血鬼としての自覚はあるのか?」吸血鬼が表舞台を闊歩する近未来。対吸血鬼組織『血戦局』所属の新宮伊吹はある日、吸血鬼真祖のスカウトという前代未聞の密命を下される。死を覚悟し交渉に臨む伊吹だったが…「我らが血戦局に加入して欲しい」「いいぞ」真祖ヴィクトリアは勧誘を快諾!?しかし抑止力として招かれたはずの彼女は、乱れた現代の吸血鬼事情に憤慨。不良を矯正し、眷属からの喧嘩を買い、ときには吸血鬼アニメにハマったりもしつつ、気づけばヴィクトリアの行動が誰よりも世界を騒がせていて!?原点にして頂点たる吸血鬼の、風紀粛正バトルアクション!

真祖にして至高の吸血鬼が現代にはびこる不良吸血鬼に粛正を加える異能力バトルアクション作品。
世界各国で吸血鬼を取り締まることで減少の一途をたどるなか、日本のサブカルチャーと吸血鬼関連の創作物の影響で唯一増加を続ける。
吸血鬼の特殊能力を収集する“強欲派”、吸血鬼の弱点を克服を目論む“傲慢派”、吸血衝動に支配された“暴食派”、世俗的な実利を求める“”怠惰派、無節操に同族を増やす“色欲派”、人間への回帰を訴える“嫉妬派”、吸血鬼優生主義を訴える“憤怒派”。吸血鬼の本能を御しきれる者は数少なく概ね各派閥に分類されている。
これだけ数多くの吸血鬼が日本全土に生息しているだけに、吸血鬼関連の犯罪の発生率も新たな吸血鬼の誕生もひっきりなし。

そんな、日本で活動する血戦局のエース・新宮伊吹と吸血鬼の真祖ヴィクトリアが物語の主役。
多くの吸血鬼関連の創作物で頻出する『招かれないと入れない』『日光』『銀』などの弱点も散見され、吸血鬼というジャンルの世界観を大きく広げる重要な役割が果たされていました。この作品の山場にもなる『バトル』のなかでも活かされる場面があって、読み応えのある展開で面白かったです。

しかし、日本が抱える現状が吸血鬼問題が深刻過ぎて、いささかコメディ要素・羽休めになる日常のひとときなどの展開が少なくて、始終気を張っているような展開が多かった印象。もっとも、あったらそれはそれで良い程度の要素なのであまり気にする必要もないかも。

ジャッジメント/ブラッド 真祖の帰還 (ファンタジア文庫)

ジャッジメント/ブラッド 真祖の帰還 (ファンタジア文庫)

カネは敗者のまわりもの (ファンタジア文庫)

カネは敗者のまわりもの (ファンタジア文庫)

恋愛至上都市の双騎士 (ファンタジア文庫)

恋愛至上都市の双騎士 (ファンタジア文庫)