働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

オタギャルの相原さんは誰にでも優しい

オタギャルの相原さんは誰にでも優しい (MF文庫J)

《あらすじ》
「オッケー!じゃ、あたしがカノジョになったげる!」相原璃子はオタクでギャルで巨乳で水泳部のリア充である!なんかノリと勢いで僕(リアルに興味のないクソオタク)のカノジョ(仮)になってくれやがった相原さんマジ天使!一緒にいれば楽しいけれど、現実の僕らはギャルとオタクの単なる仲良しオタ友コンビだ。ラブコメ展開に用はない!「あたしら『青春オタク同盟』!オタク同士で楽しく青春しようぜ!」二人でアニメ見て!ゲームして!サメ映画も見て!オタクに優しい本屋でオタデート!今日も明日も明後日も、居心地の良いこの時間が続くんだと―夢を見ていた、僕だけが。

読み手の高齢化により学生時代から遠ざかるにつれて、良作な学園ラブコメが醸し出す生活風景がダイレクトに刺さってくる。
相変わらず、ヒロインが瞬く間に好感度MAXで彼女ポジションに落ち着いてイチャイチャして、性格もマジ天使で包容力があり過ぎる。オタ友カップルと銘を打ってるけど、デートでの楽し気なやり取りに相手の考えを思考を見透かした通過の仲も垣間見えて、学園ラブコメ第1巻とは思えない濃密さでした。

学園ラブコメも作者の作風やアイディア次第ではまだまだ良作を生み出せるジャンルなのでこれからもドンドン世に送り出してください。具体的に言えば自分が凄く嬉しいです。
イラストレーターである“あゆま紗由”の描くキャラクターは他レーベルの担当作品でいくつか拝読しましたが、某F文庫でギャルっぽいヒロインしか目にする機会がなく色調やキャラクターの造詣の傾向から、相原さんのイラストが凄くイメージにしっくりきました。素晴らしかったです。