働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

物理的に孤立している俺の高校生活 (5)

物理的に孤立している俺の高校生活 (5) (ガガガ文庫)

《あらすじ》
俺、波久礼業平にも友達がいたりする。まあ厄介な異能力が相変わらず足を引っ張っているけど…。ついに迎えた修学旅行当日。高鷲から与えられた、修学旅行を満喫するためのミッションをこなす一方、たびたび思い出すのは愛河の爆弾発言のこと。「二人で、京都を回りませんか?」期待するなというほうが無理な心理状況のなか、なにやら周りのみんなも新たな一歩を踏み出しはじめていて―。人生最後の修学旅行、俺たちはいったいどうなってしまうんだろう?恋に友情に、悩める残念系異能力者たちの青春未満ラブコメ第5弾!

ぼっち系主人公には異性から「二人で、京都を回りませんか?」なんて言われたら期待しちゃいますよねー。波久礼業平のコミュ障童貞臭がプンプンするドキドキの修学旅行回でした。
菖蒲池愛河が修学旅行の最終日にわざわざ業平を誘う。高校生の修学旅行という一生に一度の時間をわざわざ費やしてまで誘ったことから、事の重大性は十分に伺えますが……。真意は謎のまま幕を閉じたので非常に気になるところですが、状況証拠から愛河は告白しちゃいますかね。
修学旅行ならではの仲の良いメンバーの集団行動もあり、毒舌JK高鷲えんじゅと業平の掛け合いを増やして二人の息がピッタリの関係をあえて強く演出されていた気もします。周りのキャラクターの意見も併せて見ると、二人の毒舌の応酬は悪戯心と多少の悪意しかなくて素直に面白かったです。
アリエスの業平に対する感情の行く先は二面性が激しくて掴みどころが全くなかったです。業平がアリエスの女心をわからずに地雷を踏んで激高させているところから察するに、少なからず好意を抱いているとは思うのだけどわからないですね。

それはそうと、修学旅行といえば同性同士の恋バナが定番だそうです。そんな定番はリアルに聞いたことがないので統計調査で真偽を確かめてみたいところではありますが……。
地味に業平の周囲の女性の人気はべらぼうに高いんですよ。てっきり同学年の男子生徒から尋問されるのかと思ったけれど、業平のパーソナルな情報は『アリエスと幼馴染み』くらいしかないのか、えんじゅや愛河に関する話題は一切見かけなかった。彼のボッチ度があえて話題にあがらない事実からうかがえました。

6巻では修学旅行を機に新たな一歩を踏み出したキャラクターによりさらなる波乱の展開が待ち受けているみたいで新刊が楽しみです。
自分の好きなヒロインランキングは愛河≧アリエスえんじゅです!