働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

嘘つき少年の異世界謀略ゲーム ~異世界で領主に成り上がった少女を連れ戻します~

嘘つき少年の異世界謀略ゲーム ~異世界で領主に成り上がった少女を連れ戻します~ (HJ文庫)

《あらすじ》
嘘つき×異世界×頭脳バトル!!
自称異世界出身の美少女・アニーに『お互いへの命令権を賭けたゲーム』を挑まれた男子高校生・カクシ。そこで彼は、アニーを寄越したのが意識不明の幼馴染・ナツメであり、彼女が異世界で領主になったと知る。彼女を連れ戻すために異世界へ向かうカクシだが、ナツメは日本への帰還を拒否していて―!!ひねくれ者のカクシによる、嘘とはったりの頭脳戦、開幕!!

嘘つき少年の異世界謀略ゲーム | HJ文庫公式Webサイト

前作である『命がけのゲームに巻き込まれたので嫌いな奴をノリノリで片っ端から殺してやることにした』から好きな作者なので新作情報が来たときは喜びました。ええ、今回も主人公のひねくれ度が凄まじかったです。
異世界ファンタジー×ゲーム×頭脳バトル。魔法が介在した絶対的なルールのもとに権謀術数をめぐらせて勝ちに行く展開が完全に決まった時は痛快ですね。物語の導入の部分で主人公のカクシの前に現れたニンフ族のアニーが初戦の相手となり、容赦なく完全勝利し絶対命令権を行使する実験台にされる残念なキャラクターぶりは、このタイプの作品には必須のポジションだと思います。異世界出身のアニーが日本の交番に半裸で突撃させられましたが、読者に絶対命令権の力を理解させるには必要不可欠な尊い犠牲なのです。

魔法が介在したゲームのルールなだけに、明文化されていない行為に関してはルールに接触しないゆえ反則に該当しない。そんな抜け道やダーティープレーが得意な人間こそ相手を欺いて勝利への道筋を見つけることができる。ひねくれ者な主人公の性格が異世界に来て遺憾なく発揮される頭脳戦が魅力的な作品でした。

続巻も売り上げ次第では視野に入っているみたいなので是非とも売れてほしいです。どうかよろしくお願いします。


こちらはWebに公開されている短編らしいです。
https://mypage.syosetu.com/1385086/