働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

クラスメイトが使い魔になりまして

クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)

《あらすじ》
クラスの美少女を侍らせてみたい。誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。え、羨ましい?まじか、じゃあ譲ってやるよ。まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。それでもいいならぜひ引き取って…あ、うそ!許して、藤原さ―この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー…らしい。

魔術師の名門出身でクラスの美少女をひょんなきっかけで使い魔にして主従関係がスタート。
オンリーワンな持ち味のある作品ではないですがラブコメ、学園ファンタジーなどの要素がバランスよく含まれた物語で、小学館ライトノベル大賞を潜り抜けた確かな実力で綴られた作品で最高に面白かったです。
クラスの美少女を使い魔として使役するシチュエーションは思春期の男女にとって情欲を掻き立てられてもしょうがない状況だと思います。ひょんなことでラッキースケベ的な展開が訪れても免罪符が突き付けられるので、合法的に破廉恥な展開が楽しめますね。ただぶっちゃけ、使い魔にされた藤原千影の肉親から殺意のこもった魔術が全力で解き放たれてもおかしくないと思います。

他にもサキュバスを使い魔にしていて主人公と親しい平野旭や幼馴染みの近衛美砂などの魅力的な女の子も登場してきて、キャラクターの好みが少なからずわかれそうです。
幼馴染みはそのポジションから主人公との出会いに関するエピソードが全くなくても、現在の関係性から好意の大小や恋愛感情の有無はある程度伺えるのが強いキャラクターだと思います。
一方で、クラスメイトの平野旭に関しては主人公への好意は表面に現れているもの、目立ったエピソードは描かれていませんでした。キャラクター的にも癒し系で、使い魔のサキュバスがうっかりご主人様の恋事情をお漏らししており、個人的にも一連の騒動を通じて孤立無援になった主人公を支えようとするスタンスが愛らしくて一番好きなキャラクターでした。

ガガガ文庫の受賞作の中でも期待がもてる新作であり、ひとりのラノベ読みとしても推薦したい王道の作品です。

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫 ひ 5-1)

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫 ひ 5-1)

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫)

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫)