働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 1

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 1 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
目つきの悪さから不良のレッテルを貼られた俺・友木優児には、『主人公キャラ』の池春馬以外に誰も近寄らない。そのはずが―俺は突然告白された。「先輩っ。私と恋人になってくれませんか?」しかも相手は春馬の妹でカースト最上位の美少女・池冬華。腑に落ちない俺は、告白の真意を冬華から聞き出す。その上で『ニセモノ』の恋人となった俺に、冬華はところ構わずイチャイチャしてきて!?俺たちの関係が学園中に広まった結果、春馬の馴染や美人教師まで俺たちに関わってくるようになる。まるで学園ラブコメみたいな状況だが、彼女らが俺のことを好きなわけがない。…なぜって、友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?

“人を外見だけで判断するんじゃない”
過去の出来事と目つきの悪さが噂をかきたて、噂が妄想を呼び、学園の誰もが近寄らない不良のレッテルを貼られた主人公。見知らぬ他人から避けられる学園生活を送るなかでも、親友や近しい人にだけ理解されていればいい。ひっそりと過ごしてた日々に突如訪れた偽恋人の件から事態は一変し、学園ラブコメがスタート。
ウザ絡みしてくる親友の妹とイチャイチャして学園中に恋人アピール。休みの日にはデート。手作り弁当は昼休みの屋上で一緒に……。学園ラブコメの鉄板ネタが余すことなく盛り込まれているなかにも、“不良のレッテルを貼られた友木優児”と“池春馬の妹”の妹というレッテルを貼られた池冬華の物語がしっかりと形作られていて、青臭さはあるけど“人は見た目じゃない中身だ”という主張がされていて見ごたえがありました。

少し物足りないと感じたのは、学園ラブコメなのにヒロインの魅力がイマイチ弱い。偽物の恋心がいつしか本物に移り変わるところが事実として描かれてはいるけれど、じゃあ移り変わる前後でどこか明確な演出が入っていたかと言われれば……無かったと思う。
それともう少し、ヒロイン側や主人公側の思春期の少年少女らしい異性とのやり取りに心を動かされているときの内面を字に起こして欲しかったかな。終盤でちょっとだけ冬華の本気の恋心を電車の騒音に紛らせて訴えかけるシーンがあったけれど、もっとふんだんに盛り込んでヒロインの可愛さを味わいたかったです。

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 1 (オーバーラップ文庫)

友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 1 (オーバーラップ文庫)