働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

クラスメイトが使い魔になりまして 4

クラスメイトが使い魔になりまして 4 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
俺の使い魔はクラスメイトの藤原千影。喧嘩ばかりの俺達、いろいろあったが、晴れて恋人同士となったはずだった。しかし、ソフィアとの対決で瀕死となった千影を救うために、俺は「神様」を頼ってしまった。そして、その対価は…千影から俺を取り上げることだった。最低最悪に性悪な「神様」はまたも世界を改変し、千影との日々の記憶をなきものとした。改変されたこの世界での俺の恋人は、よりによって「あいつ」…!!俺と千影の運命が決する、“険悪なのに相思相愛”な主従ラブコメ、ここに完結!!

芦屋想太 VS 神様の戦いが最高に熱かった!!
シリーズ完結もあり、これまで築き上げてきた伏線が一挙に放出されて、全キャラクター揃い踏みのラストバトルのような展開が連続していて徹頭徹尾で見どころ満載の内容でした。
やっぱり、神様の能力の一端で『世界の改変』や『記憶の操作・封印』とか諸々、人類が到底太刀打ちできない超常の力を相手にしたときの圧倒的な絶望感と途方もない無力感が半端じゃなかった。
どれだけ想太の周りの戦局が好転しても詰めのところでチート級の強さで介入されて敗北する未来が濃厚だったがゆえに、たとえ可能性が1%しかない奇跡的な可能性の未来であったとしても全力でつかみ取りに行く。そんな熱い攻防が想太と神様との間で繰り広げられているところが最高に面白かったです。
勝利条件が藤原千影と恋人同士になれるかどうかに集結するところに、想太と千影の相思相愛のラブコメを神様が全力で邪魔している修羅場感が尋常じゃないですけど、壁は高いほど乗り越えたときの甘さが濃縮されていました。全てを終えたときの二人の相思相愛ぶりには胸焼けしなかったです。

最後になりますが、1巻の頃から同時期の他の新作群のなかでも抜き出て面白かった作品だったので完結を迎えたことが嬉しく思います。
個人的にヒロインの性格的には近衛美砂が一番好きでした。完結を迎えた今でもやっぱり美砂は良いキャラでした。
興味のある人は是非とも読んでみてください。


bookwalker.jp
bookwalker.jp