働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者

キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者【電子特典付き】 (MF文庫J)

《あらすじ》
精霊が紡ぐ「英雄録」──それは、この世界の誰もが憧れる至高の英雄譚がいくつも記されている書物。何の取り柄もない僕アイル・クローバーは、その書物に「主役(えいゆう)の一人」として名を刻んだ同郷の英雄ベルお姉さんに「私の弟子になってみない?」と持ちかけられることに。「他の誰も期待してなくても、私だけはアイルちゃんに期待している」。その言葉を糧に、姉弟子シティさんとの絶望的な実力差や魔導書イゼゼエルとの悪夢の関係に直面してもあがき続ける。主役と端役、期待と絶望、臆病と無謀──言い忘れてたけど、これは僕が「最高の主役(えいゆう)」になる物語だ。

ーー主役のようになりたいと、心からそう思ったんだーー
英雄譚のような主役に名を刻める存在、端役として主役を引き立てる存在。
天才と凡才で同じ努力をしても圧倒的な実力差に直面して絶望に打ちひしがれる。
そんな、あがきようもない現実を突きつけられる“力”が物をいう世界で、何の取り柄もない主人公のアイル・クローバーが“端役”としての抗えない運命に直面し数々の絶望を味わいながらも成長を遂げていく物語が、これまでにない壮大なファンタジー世界を描いていてとても心が躍る作品でした。
人間の持つ習性は幼少期の体験や生い立ちなどをきっかけに形成され、主役は揺ぎ無い自信と果敢な戦いを魅せ、端役であるアイルは臆病で強敵を相手に死を垣間見るとどうしようもなく竦んでしまう。
どこまでも人間の根源的な部分を見せつけて強烈に印象付ける展開が多く、キャラクター同士の掛け合いのなかで紡がれる言葉の一つひとつが重く、剣を交えて戦うファンタジー的な描写よりも登場人物たちの人間ドラマが目を引く作品だと感じました。
端役としての運命を変える魔導書イゼゼエルとの出会いにより主役としての道を歩み始めたアイルの今後の活躍が楽しみです。


キミに捧げる英雄録1 立ち向かう者、逃げる者【電子特典付き】 - ライトノベル(ラノベ) 猿ヶ原/こーやふ(MF文庫J):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -