働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

魔法科高校の劣等生 17 師族会議編 (上)

魔法科高校の劣等生 (17) 師族会議編 (上) (電撃文庫)
司波達也と深雪の婚約が公表された。そこに、一条家より異議が申し立てられる。深雪へ、将輝との婚約を申し込んだのだ。一方、魔法科高校。達也と深雪に血の繋がりは無いという「建前」が公表され、生徒達はショックを受ける。とくにほのかは深刻だった。いつしか、深雪と達也は学内で孤立するようになり…。そんな中、世界中の魔法師が注目する十師族選定会議が開会され、VIP達が箱根に集い始め―その刹那、謎の爆発が会場を襲う。それは、魔法師による自爆テロだった。同じ頃、米軍最強の魔法師部隊の動き出しており…!





四葉家次期当主の決定、兄の司波達也と妹の司波深雪の婚約騒動。人の噂に戸はたてられないと言いますが、この情報が瞬く間に第一高校のメンバーに知れ渡ることに。魔法科高校の劣等生シリーズを通して登場してきた多くのキャラクターたちが、魔法師界のビッグニュースを耳にして謝辞を送るものもいれば二人の関係に驚きをあらわにする者も現れる。それは十師族に属する一条家の一条将輝といった大物人物から、達也へ日々アプローチを続けていた光井ほのかのような人物まで、本当にいろんなキャラクターたちが今回の騒動にリアクションをとってましたね。これはもう魔法科高校の劣等生風のサービス回といっても過言ではない。これまで散々ブラコンだシスコンだと持てはやされてきた兄弟が本当に婚約したら……。十師族における四葉家の立ち位置、近親婚とも言える二人の婚約が魔法師業界に及ぼす影響など、様々な人間と思惑が交差してそれはもうとんでもない騒動になってくれちゃいましたね。

実を言うと今回の婚約騒動はまだ終結しておらず、前巻のラストで十師族のなかで一条家のみが異議を唱えたことがきっかけとなり、まだ話が続いています。要約すると「近親者同士で婚約したら貴重な魔法師の遺伝子が損なわれるじゃないか」といったもの。四葉家の直系ということもあり、家柄、魔法師としての資質の両面が秀でている司波兄妹の婚約騒動の結末は果たしてどうなるのやら。