働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺を好きなのはお前だけかよ (2)

俺を好きなのはお前だけかよ (2) (電撃文庫)

《あらすじ》
ここで質問。ある日突然、複数の美少女とラブコメイベントが発生したらどうする?もちろん迷わずラッキースケベるよね?でも、もしスケベると自分の人生が終わるとしたら…どうする?俺こと如月雨露は、今その状況にいます。「一人の男が、何人もの女の子とバカップルのようなことをする。それなのに、特別な関係じゃないと言い切る。これで周りに納得してもらえるのは、ラブコメの主人公ぐらいですよ?」そういえば俺はモブだった!つーか幼馴染みのひまわりとコスモス会長の二人とは『あの一件』で気まずい関係になったのに、なんで俺は二人とラブラブ体験してるんだ!?根暗眼鏡女パンジーよ、お前はまざってこんでええ。俺は今もお前のことは大っ嫌いだから!予断は許さぬ第2巻!!

ブコメもまだまだ捨てたものじゃないんだな! 電撃小説大賞の受賞作の第2弾も前巻から勢いが衰えることなく、三色院菫子(パンジー)と如月雨露(ジョウロ)の掛け合いが絶妙に面白い。しっかし、このパンジーとかいうメインヒロイン、ジョウロ君に惚れていることを明言しているくせに、ドSで毒舌でジョウロの心理を正確に読み取ってジョウロが嫌がることをピンポイントに攻撃していくキャラクターがエグイですねww
ジョウロは『パンジーの本当の姿が好みのドストライク』で、パンジーは『ジョウロに対して自分の気持ちを明かしている』、もうある意味で相思相愛であるはずなのに、表面上はそんな雰囲気を微塵も感じさせないふたりの距離感。そんな関係がしばらく続いているときに、ふとした拍子に好きな人にだけに見せるパンシーがデレる貴重なシーンが悔しいけど、性格も口調も最悪なのを帳消しにしておつりがくるくらい可愛い。