読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 2

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 2 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
異世界に召喚されてダンジョンマスターになった俺、増田桂馬は、“働きたくない”という一念でダンジョンの運営を開始した。強敵との戦いを経て、なんとか体裁は整ったものの、まだまだ安心して寝られるようなダンジョンじゃない!俺の次なる一手は、“宿屋”の建設だった。ダンジョンと一緒に“宿屋”を運営すれば、ダブル収入でおいしいはず。これで勝つる!…しかし、いざ宿を建てて目論見通りと思ったら、拡張していたダンジョンが隣のダンジョンの壁をブチ抜いてしまい―異世界でもご近所トラブルかよ!?異世界の『常識』なんのその。果てなき野望に突き進む俺流ダンジョンストーリー、第2巻!そう、すべては“働かない”生活のため。

“クリエイトゴーレム”によるゴーレム製作がダンジョンを徘徊するオーソドックスなモンスタータイプのものから、武器・防具の型をしたタイプのものにまで派生していって、シンプルな能力を幅広く応用を利かせることで上手く活用して異世界で無双するタイプの作品でした。
異世界ファンタジー + ダンジョン運営系をモチーフにした作品のなかで、ダンジョンの仕様をゲーム風にトラップやモンスターを自由に配置するクリエイティブな要素が面白かったです。

ゲーム性のあるダンジョン運営のカギになるDP(ダンジョンポイント)のやりくりと設定も、数値的な部分をかなりざっくりとされていて読みやすかったです。あの手のポイント設定はこだわりをもって細々としたものにされても、最終的に『ポイントを消費してどうなったのか』の部分しか記憶に残らないので、あれくらいざっくりしている感じがちょうどよかったです。