働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ナイツ&マジック 7

ナイツ&マジック 7 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
ボキューズ大森海へと乗り出したフレメヴィーラ王国飛空船団は、未知なる魔獣との遭遇により撤退を余儀なくされた。エルとイカルガは皆を護るべく奮戦し、無事に船団を逃がすも森へと墜ちてしまう。追いかけてきたアディも一緒に、二人は森の迷子となった。彼らを待ち受けていたのは予想だにしない出会い―『巨人族』との遭遇であった。巨人氏族同士の争い。普きものの大敵、穢れの獣。そして陰で蠢く小鬼族なる者たち―。巻き起こる戦いがエルとアディを呑み込んでゆく。孤立無援の二人は、しかしあきらめ止まることなどない。「ここで幻晶騎士を、作り上げます」生み出されるは驚天動地の異形の機体。争いの只中へと向けて飛翔する!

未知なる魔獣を相手に苦戦を強いられ撤退を余儀なくされたエルとアディ。逃げ延びた先の森で出会った巨人族と共にこの窮地から脱出するための手段を探しつつ、打倒魔獣を掲げる。
幻昌騎士を研究するための充実した設備もマンパワーも足りない森での生活のなかでも、エルの幻昌騎士へ向ける熱意は留まることを知らず、あらゆる可能性を考慮して網羅的に試行錯誤することで、新天地での強化に図る。そのときの巨人族の奇異の視線と未知のものに触れているときのリアクションが、在りし日の銀凰騎士団を見ているようでなつかしさにあふれた。
巨人族との研究開発が巨人たちの価値観に新たな可能性の道を切り開くことになりつつあることや、エルの知的好奇心を刺激する敵機の鹵獲など今後の流れを左右する展開が満載で、エルのさらなる活躍が期待される内容でした。

異世界転生ロボットファンタジー作品であるなかで、近ごろなかなかお目にかかることのなかったエルたちが個人で駆使する魔法技能も含め、ナイツ&マジックの華ともいえるロボットによるハイスケールバトルアクションも相変わらず抜群の読み応え。web小説書籍化作品で遅筆なために、刊行予定がなかなか決まらないのが悔やまれるくらいに面白い作品です。

アニメのほうに関しても順調に放送日が近づいてきていて、はたしてどのような映像作品となってファンを喜ばせてくれるのか楽しみでしょうがないです。