働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~ (GA文庫)

《あらすじ》
「私とデートしてくれませんか?」
男子高校生・桃田薫はある日、電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助ける。二人は互いに惹かれあい恋に落ちていくのだが、彼女には人に言えない秘密があった。
「……私、本当は、27歳なの」
好きになったJKの正体はアラサーのOLだった!?秘密がバレた織原は桃田の元を去ろうとするが――
「――好きです、織原さん。本当のあなたが大好きです」
「いいの……? 本当に、私で」
平日OL→週末JK!? 可愛すぎる奇跡のアラサーとまっすぐな男子高校生による年の差・純愛・甘々ラブコメディ、堂々開幕!

男子高校生とOLの(干支が1周するくらいの)年の差ラブコメは、女子高生のコスプレをしたOLが朝の通勤電車で痴漢に合うインパクトのある冒頭のくせに、『未成年の男性と成人した女性の恋愛』について真剣に向き合っていて予想以上のクオリティでした。率直に言えば、『売り上げが好調であるならば是非とも続きを熱望!!』ですね。
お互いに引かれあうまでのきっかけは些細なことでも、交際に踏み込む前段階で年齢差で見えてくる弊害や問題点について議論を交わす場面もあり、非現実的な恋愛に真正面から現実をぶつけてきて、いかに前途多難な恋愛であるかを思い知らされました。

読み進めていくほどに、純愛要素を追求した場面とコメディ要素を追求した場面のメリハリが効いていて、『27歳でJKのコスプレをしたアラサーヒロイン』の属性からは考えられないくらいに真摯な交際をしていました。少なくとも自分のラノベ読み人生で、交際を始めた男女が互いにコンドームを備えてアパートで一晩共に過ごして結局未使用(健全な交際です)という展開を見せられたのは始めてです。
大事なことなので繰り返しますが、とても健全なラブコメディです。
まだの人は是非読んでみてください。