働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「恋人同士、ですか?よく解りませんが、それでよければ」僕の彼女、帆影歩は少し変わっている。無口で無表情が基本な上に「人=哺乳類=おっぱい大好き」と、平然とトンデモ理論を語ってくる。さらに僕の足の甲を愛撫してきたり、入浴中の裸の画像を送ってきたり―って帆影?当初は清純派文学少女だったよね!?おかげでなぜか妹の映が心配?してきて、言葉責めにあうようになったのですが!?(妹よ、お前は何なんだ)そんな帆影も“普通彼女”を目指してはいるらしく、参考にしているのは…ら、ラノベらしい?(なんか期待しちゃう)彼女と妹と僕。ラノベを通じた不思議な三角ラブコメ開幕!!

萌えとは何か、ライトノベルとは何か、異世界転生が流行しているのは……、表紙は女の子の肌色率が高いのは……、平凡な高校生主人公が何故モテるのか……。
これら全ての疑問に「私たち人間は哺乳類ですから、おっぱいが嫌いでは生きていけません(その通りです!)」「むしろおっぱいこそが人類の本質と言っても過言ではありません(全くです!)」と、謎論理を固めてくる文学少女が答えてくれます。読んでいて超論破されました。よって、導き出された答えは、こいつを読めば現代のライトノベルをひもとくことができる。ひいては、ラノベ読みの参考書的存在。
まとめると、みんなで購入して2巻への原動力に貢献しよう、です。

戯言はさておき、こんな清純派文学少女と恋人関係な主人公の青春ラブコメはブラコンな妹の存在もあり前途多難。感情が読みにくいヒロインの本音の部分に関しては、クライマックスで包み隠さず明らかになるので、それは見てからのお楽しみということにしておきますが、伏線はバッチリありました。
ヒロインの感情の揺れ幅が小さい個性を鑑みて物語のラストに明かされる真実を目にすると、よりいっそう愛らしさが増してヒロインの可愛さに癒されました。凄く面白かったです。