働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか3

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか3 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
庄川さんの妹、真琴さんは魔光少女じゃない。(一般人!)彼女の恋を成就させるため、夏休みの旅行でもフォロー命な僕。水着に花火に肝試し、夏の定番イベントでいつも通りフォローは完璧!…と思ってたら、魔光少女二人の方はいつもと違う様子。庄川さんと好乃さんからの『特別』発言によって僕らの関係に大きな変化が訪れて―。「平地くん、今度は…私から。進もうと、思うの」「ツネちゃんはさ、恋してる相手っている?」…はい?修羅場?いやいや、お助けキャラを奪い合うわけないじゃないですか。無自覚包囲の勘違いラブコメ!

勘違いが連鎖してお助けキャラの平地を奪い合う修羅場の勃発!! 真琴の空橋への片思いの行方は!!
第3巻にして無事に完結を迎え、概ねすべての勘違いに目途をつけてスッキリさせられてました。鈍感系とは違い「なんで、そういう認識をするの!?」といった具合の展開の連続で、会話が最後になるまでかみ合わず平行線のまま成立している構成が笑いを誘う作品でした。しかし、この平行線の展開も数巻おきにある程度全体で足並みを揃えておかないと、キャラクターごとの勘違いの立ち位置への認識が薄まってくるのが酷ですね。もちろん、各巻で物語の流れを読み進めいくなかで程度記憶は呼び起こせるのだけれどモヤモヤしたものがあると少し気になりました。

庄川真帆の正体が魔光少女である事実はとうとう周囲にバレずに隠し通すことができたけれど、最後まで真帆のマスコットキャラはポンコツで正体を露見させる一因になってました。たぶんイラストがブサイクだったらムカついてぶん殴ってますね。こういうポジションにいるマスコットキャラはサポート役が定番だと思うけれど害獣ですよコイツ。あっ、コイツって言っちゃった。

自分は1巻のファンタジア文庫デビューから好きな作品でしたので、3巻で完結を迎えられて嬉しくもあり、終わってしまったという悲しくもあります。
次は、次回作が出会えることを楽しみにしたいと思います。
告知なしに新作が刊行されても特徴的なペンネームなので十中八九気が付きます。