働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫

リオランド 01.最慧の騎士と二人の姫 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
リオランド王国の若き天才騎士・ミカドが戦場で出会ったのは、“科学”の異世界の姫・エチカ。監視役となったミカドとエチカは互いの信念に惹かれ合うが、リオランド皇女・“予言姫”リューリリリィにより、“科学”世界の王国侵攻が示され!?「オレはこの国とリューリ姫をお護りする。手を貸してくれ」「私はこの戦いを止めて故郷に帰りたい。お願い、手伝って」リューリへの忠誠、エチカとの約束のため、ミカドは戦場でその真価を示す。その先には別れがあることを―そしてリューリリリィの紡ぐ予言が、大陸を禍乱へ導くことを知りながら。魂を震わす運命と叛逆のヒロイックファンタジー、開宴!

リオランド王国 VS地球軍。儀法と爵獣を有するリオランドと未来の科学技術で武装する地球軍の熾烈を極めた戦い。独自の世界観を作り上げる作者の技量もとにかく素晴らしく、両陣営が長年育んできて技術の粋を尽くした戦闘技法がしっかりと築き上げられていて、科学と儀法が交錯する白熱したバトルが臨場感にあふれていて最高に面白かったです。これでまだ、本格的に両陣営の宣戦布告はなされておらず、前哨戦でしかない事実に驚愕。物語の世界観をより固めるに大きく関わる異世界の繁栄と衰退の歴史も丁寧に文章量を割いて表現されており、物語の展開スピードとしてはやや遅めではあるけれど、1巻を壮大なプロローグとして認識を改めれば必要不可欠な内容だと思いました。おかげて、両陣営のこれまでの歴史と現在陥っている状況などが明確にイメージできる。

純粋な面白さについてはひとまずわきに置き、異世界の姫・エチカとリオランド皇女・リューリリリイ姫に関しては、エチカが現状に至るまでの経緯は詳細に描かれていましたが、リューリリリイ姫に関してはまだ謎が多いです。物語冒頭でのミカドとリューリリリイ姫の逢瀬を見るに深い因縁があるのだろうけど、追々明かされるのでしょうか?
概ね察しは尽きますが素直にどんなエピソードがあるのか楽しみです。

この作品は個人的には超大作の予感がします。今後の展開がスローペースで進行していくのか、リオランド王国 VS 地球軍の戦いに急展開が生じて早期決着がつくのかはわかりません。ただ一つ言えるのは、前作の打ち切りを悲しむ声を多数耳にしたので、是非ともこの作品においては最後まで走り切ってもらいたいです。
第2巻は11月1日に発売。みなさん、是非とも手に取ってみてください。超おすすめします。