働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 4

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 4 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
アインビストから再びポーンソニア王国へ戻ってきたヒカルは、無実の罪を着せられているラヴィアに堂々と日の下を歩けるようになってほしいと強く思い始める。
次期国王の継承争いで混乱している今ならば何か方法があるかもしれないと考え、ヒカルは王宮内に忍び込み、王女クジャストリアと接触する。
そこで知ったのは、クジャストリアがローランドの知り合いだったという事実。
さらに、クジャストリアが王の座につくためには三家ある公爵家すべての賛成が必要なのだという。
しかしそのうちの一つ、ナイトブレイズ家の次期当主は原因不明の病に伏せており、執務もままならないらしい。
ローランドの縁もあり、手を貸すことにしたヒカルは、病の原因を確かめるために公爵家に向かうのだが――。

Web小説系の書籍化作品はストーリーが地続きになっていて切れ目がないため、冒頭からいきなり登場人物が語り始めてキャラクターの概要と人物相関が掴みにくいのが難点なのが個人的な感想ではあるけれど、この作品に関してはヒカル、ポーラ、ラヴィアのパーティー、東方四星、ギルド職員などの既存のキャラクターが上手い具合に物語に一枚噛んでいて、とても読みやすい作品でした。
やっぱり、作品を楽しむうえでは用意された設定をきちんと把握できていることが大事ですし、書籍化作品だけを追う読者としてはどうしても刊行ペースが空くと記憶が薄れてきますのでとても助かります。

ボーンソニア王国へ火竜を差し向けて国王の退任を要求したことが騒動の発端となり、次期国王の継承争いにまで発展。王女クジャストリアと接触することで、ラヴィアの指名手配を解除することで人目を避ける生活に活路が見えてきたり、徐々にではありますけれど良い方向に話が進んできていて良かったです。もっとも、クジャストリアを王の座につけるまでに、継承争いの水面下でギルドのウンケンとヒカルが差し違える急展開になったりして、そこから芋づる式にヒカル=シルバーフェイスに結びついたり、小さいところで伏線が張られてきていて、今後のギルドでのウンケンとヒカルのやり取りや受付嬢との関係にどのように響いていくのかが楽しみではあります。

それと個人的にではあるけれど、ヒカルとラヴィアの夜の営みが減っている気がするので希望します。