働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

辺境都市の育成者 始まりの雷姫

辺境都市の育成者 始まりの雷姫 (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「僕の名前はハル。育成者をしてるんだ。助言はいるかな?」辺境都市の廃教会で暮らす温和な青年・ハル。だが、彼こそが大陸に名が響く教え子たちを育てた伝説の『育成者』だった。彼が次の指導をすることになったのは、伸び悩む中堅冒険者・レベッカ。彼女自身も諦めた彼女の秘めた才能を、『育成者』のハルがみるみるうちに開花させ―!「君には素晴らしい才能がある。それを磨かないのは余りにも惜しい」レベッカの固定観念を破壊する、優しくも驚異的な指導。一流になっていく彼女を切っ掛けに、大陸全土とハルの教え子たちを巻き込んだ新たなる『育成者』伝説が始まる!

辺境都市に暮らす伝説の育成者とひょんなことがきっかけで出会った冒険者のレベッカ。どれだけ鍛錬を積み重ねても力に伸び悩む彼女の秘めた才能をハルがいとも簡単に開花に導く。
これまで頑なに冒険者としてソロで活動をし孤高のオーラを放っていたレベッカが、力が伸び悩むことに対して抱いていた苦悩も、一縷の望みをかけてハルに託したことで劇的に成長したことで心も開いてくれて良い方向に変わっていく姿が微笑ましくてとても癒される作品でした。

師弟関係から始まったハルとレベッカの関係は、物語序盤から常に育成者としてのハルが舵をとりレベッカが追従する形で進んでいきますが、懐き始めてからのレベッカの様子が“冒険者”一直線の装いから一変して心に余裕が生まれたこともあって女性らしい振る舞いにもみられてドンドン可愛くなる姿がキャラクターの好きになる魅力がドンドンと引き出されていて良かったです。
冒険者ギルドでレベッカの受付を担当するギルド職員の目線がレベッカの変わりようを代弁してくれました。ハルへの好意が加速度的に上昇してからの態度は可愛くてたまらなかったです。
そんな育成者であるハルのもとには、世界各地で名を響かせるかつての教え子たちから毎日多種多様なアイテムが送られてくるらしいです。これも素直に解釈すれば善意100%の行いだととらえれば、まだ登場しないレベッカのライバルたちと修羅場を繰り広げているようでとても微笑ましかったです。
デビュー作の『公女殿下の家庭教師』からですけれど、キャラクターの魅力の引き出し方が抜群に上手くて、可愛いイラストも合わさって素晴らしいとしか言いようがないです。新刊も是非楽しみにしています。