働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

辺境都市の育成者4 星落の魔女

辺境都市の育成者4 星落の魔女 (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
迷宮都市で黒外套の陰謀を防いだ【育成者】たち。ハルは変事に関わり、古の約束を破った帝国を問い詰めるため動き出す。
だが、そんな帝国に一番怒りを向けていたのは……ハルの最古参の弟子にして【星落】の魔女、ラヴィーナ。帝国に一度裏切られていた彼女は、今度こそ恐るべきその力を振るおうとするも、ハルたちがそれを許すはずがない!
「帝国なんて……もう一度滅べばいい!」
「僕とレベッカで【星落】を止める」
帝都皇宮。大陸中の最強たちを交えて今、育成者と最強の弟子が激突する!

初代皇帝
『彼の者、我が終生の友にして、大恩ありし救国の師なり。彼の者の言、我が言葉として聞くべし。さもなくば……、帝国に禍が降りかからん。これを末代まで口伝とす』
しかし、時代とともに口伝は廃れ、帝国は過ちを繰り返す。
暗躍する黒外套の存在と再び女神教とつながりを持ち始めた帝国。古の時代より帝国の歩みを知るハルと弟子たちが同じ過ちを繰り返す帝国を許すはずもなく、最古参の弟子である【星落】の魔女・ラヴィーナの暴走を筆頭に正義の鉄槌をくだすべく動き出す。

帝国にとって『初代皇帝の時代より語り継がれる存在』が禁忌に触れた瞬間に亡国の道を示唆されたときの恐怖。そして、そんな口伝を実行できるほどの存在が目の前に現れる。
【育成者】としてハルの教えを受けてきた弟子たちが世界各国で名を轟かせる存在にまで上り詰めている事実が、よりいっそう口伝の現実味を持ち、帝国サイドが自分の代で禁忌を犯したことに恐慌する姿が何よりもその感情を物語っていました。

帝国の過ちが起こした今回のハルと弟子たちの激突。
これまでに無い構図で展開されるバトルなだけにかなり読み応えのある物語でした。
個人的にはシリーズ最高に面白かったと思います。


bookwalker.jp

七野りく(ライトノベル、マンガ)の作品一覧|電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER