働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 2

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える 2 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
最強の探索者を志す“話術士”のノエル。強力な仲間を引き入れた彼は組織をクラン最高峰“七星”へと導くため、着々と戦力を整えていく。その折、深度八の悪魔・魔眼の狒狒王が現界。組織の名声を高めるべくノエルは討伐へ赴くが…?さらに、帝都では探索者達の間である噂が流れていた。近々、史上最強の悪魔『冥獄十王』が現れるのだという。事態を重く見た七星までもが動き出す中、ノエルは彼らすらも利用した驚嘆の謀略で頂点へと駆け上がっていく―。最凶の話術士による完全無欠の組織ファンタジー、裏切りと謀略の第2幕!―そして、囚われの傀儡師・ヒューゴへの道が開かれる。

戦闘に不向きな支援職【話術士】の力とノエルの謀略の数々により、自らより格上の相手に向かって容赦なく噛みついて飲み込んでいく暴力的な展開がスリル満点!!
探索者としての技量や名声がクランとしての実力を客観的に評価する指標にもなる世界。ノエルの周囲で行動を共にする仲間たちの目から見ても、“圧倒的に不利”、“敵うわけがない”と思える相手を目の前にしても自らが最強へと至るためには仲間の制止を押し切ってでも目的を達成する。とても物語の主人公とは思えないくらい残忍で悪逆非道なキャラクター性が目立つ作品でした。

1巻で裏切者となり逃走を企てた元仲間たちを容赦なく奴隷へと落として売りさばくに至ったように、ノエルの思惑通りの展開に運ぶための布石を幾重にも仕掛け、自らの劣勢を流れるように逆転させるえげつないくらいの手際の良さとそれが決まった時に絶望に打ちひしがれる相手の姿がとても爽快で目が離せなくなる。
気持ち悪いくらいにノエルの仕掛けた謀略が決まり過ぎて、他のキャラクターが手のひらで転がされているように感じられる部分もあるけれど、天翼騎士団のメンバーが長年培ってきた信頼関係を一発でぶっ壊して解散させるにまで至ったエピソードに至っては、ナチュラルに天翼騎士団のメンバーたちの思考を誘導して自発的に裏切りを起こしていて、全貌を見ていた自分ですらもこの展開にうなずけるからお手上げです。
おそらく、最凶の支援職を倒すのはとてもシンプルなんですけど、ノエル自身がそんな展開に持ち込まれないようにしているから最強でいられるのでしょうね。

シリーズ第2巻も文句なしに面白かったです。3巻の発売も楽しみにしています。

bookwalker.jp
「最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える」シリーズ(オーバーラップ文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER

ノエルはあくまでも【支援職】であり力が試される探索者たちの世界でどのようにして勝つかというと