働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい2

ちっちゃくてかわいい先輩が大好きなので一日三回照れさせたい2 (電撃文庫)

《あらすじ》
朝の通学途中に名前を連呼されたり、お弁当のハート形卵焼きを食べるところを凝視されたり、部活でアドバイスをしたら10倍くらい褒め返されたりと、相変わらず龍之介に一日三回、時にはそれ以上照れさせられている花梨。そんな2人が所属する放送部は、文化祭でニャンメイドカフェをやることに。猫耳&尻尾のメイド姿となった花梨に、大きくてきれいでスタイルもいい後輩の星菜や、明るくてフレンドリーな先輩の真衣も加わりお店は大繁盛!…だけど、龍之介は花梨にしか興味がなく!?照れてる先輩がひたすらかわいい第2巻は、メイド花梨が爆照れで大ピンチ!?

『1日3回は照れさせたい』。花梨先輩を照れさせないには龍之介との接触を禁止しない限り不可能。それくらいに四六時中、龍之介と花梨先輩の絡みがラブコメの波動にあふれていて騒がしくも甘々で仲睦まじい学園ラブコメ作品でした。
1巻から2巻にかけて部活動の“先輩”と“後輩”の距離感から一歩前進し、お互いに名前で呼び合う(呼び合おう)くらいの関係にまで進展したのは大きかった。もっとも、異性を「名前で呼ぶ!!」ことに羞恥心や抵抗感に苛まれ、周囲の友人からはそんな間柄を茶化され、花梨先輩にとっては地獄のような学校生活を余儀なくされていたけれど、そんな彼女のリアクションの一つひとつがどうしようもないくらい可愛くてたまらなかったです。
2巻の内容に関してはキャラクターを通じて何か大きな変化があったかと言えば、おそらくなかったとは思いますけれど、学園祭を満喫する龍之介と花梨先輩がお互いに「照れさせたい」「照れさせられないようにする」という考えを抱きながら充実した日々を送っている姿をひたすらに楽しめる内容となっていました。
とにかく可愛い先輩を大好きな後輩の甘々なラブコメ展開が好きな人には癖になる学園ラブコメでした。


bookwalker.jp