働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 零 5

ありふれた職業で世界最強 零 5 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
神との決戦を前に、着実に攻勢を整える“解放者”たち。だが、リーダーのミレディは神代魔法の神髄に触れた副作用か、いつもと違う様子。まるっきり正反対なしおらしさに一同は戸惑いを隠せない。そんな中、ラウスの足跡を掴んだ解放者たちは、彼を迎えに行くべく救出隊を派遣。接触を目指す。
一方、ラウスも“解放者”と合流すべく、教会からの逃避行を続けていた。極限まで衰弱した心身になお鞭を打つが、教会の手先は着実に迫っていて……!?
果たして無事に合流し、反抗の狼煙を上げることはできるのか。
ここに変革の鐘を鳴らせ。『ありふれた職業で世界最強』外伝、第5巻!

ハジメたちが活躍する世界の外伝作品として、かつて神に抗い続けていた解放者たちの活躍を描いた本作も残すところ次で最終巻とのこと。
神代魔法の使い手たちを求めて世界各地を転々としてきたミレディの旅路もいよいよ終わりを迎えつつあるなか、教会の追手からの逃避行を続けるラウスとそれを救出すべく接触を試みる解放者の衝突がかつてないほどに教会の底知れなさい力を見せつけていて、手に汗握る展開でした。
神代魔法のひとつである魂魄魔法の使い手であるラウスがミレディの窮地を救う唯一の切り札でもあり、全ての神代魔法の使い手たちが一堂に会するシチュエーションにこそ唯一、神に抗える戦力が揃う。そんな雰囲気もあって、ラウスが窮地に陥っている状況や解放者の捜索網で行方がわからない状況にはこれまでにないほどに緊迫感があって熱いシーンでした。
その一部始終を余すことなく書き連ねた結果、約470ページの特大ボリュームで刊行することとなったんだと思うと読みごたえも満足度も文句なく素晴らしかったです。
最終巻ではミレディたちがどんな戦いを魅せてくれるのかとても楽しみです。

bookwalker.jp