読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺と魔物の異世界レストラン (2)

MF文庫J ラノベ

俺と魔物の異世界レストラン (2) (MF文庫J)

《あらすじ》
魔界のレストラン「フォリオーズ」で唯一の人間スタッフとして働くアーウィン。夏のお祭りが開催され、屋台の出店で「フォリオーズ」知名度UPのために奮闘する最中、なんとアーウィンはアンデッド化する呪い(余命一週間)にかかってしまう。魔物の仲間入りを祝福する周囲に反し、アーウィンは人間として生きるためになんとか呪いを解く方法を模索。だが、やっと見つけた呪いの解除方法は、とてもアーウィン一人で太刀打ちできるものではなく、リーラやマチルダら店のスタッフの協力が不可欠。アーウィンはこのままアンデッド化を阻止することができるのか―。常識破りの異世界レストランコメディ、明るく、楽しく、ブラックな第2弾!

魔物と人間が共存する社会で魔物のレストランで働く唯一の人間スタッフ……。接客相手は魔物がメインなだけに、血の気の多いお客様が相手だったり街中で呪いにかけられて余命宣告されるし、こんな就労環境に生身の人間がいたら命がいくつあっても足りる気がしない。常在戦場、銃刀法完全無私のデンジャラスな展開に満ち溢れていてとにかく絶対にこんな場所では接客業はしたくないですw

作品全体の印象としては、魔物と人間の交流がある世界ではあるけれど、行動範囲の拠点が魔界のレストランなところと人間スタッフの主人公の名前も“アーウィン”で漢字ネームのキャラクターが存在しないのもあって和風な要素を認識する部分が薄いので異世界感が強かったです。

イラストを担当しているSyrohさんはカラーもモノクロも全体的にヒロインのイラストをメインに描かれていて、読んでる側としては吸血鬼のリーラちゃんの表情豊かなイラストを楽しめて凄くよかったです。

六畳間の侵略者!? 22

HJ文庫 ラノベ

六畳間の侵略者!? 22 (HJ文庫)

《あらすじ》
“二千年前の伝説"と“現在(いま)"が重なる!
フォルトーゼ星系へ足を踏み入れたものの、大気圏突入時のアクシデントで分断されてしまった孝太郎たち。何とか合流するべく辿った道のりは二千年前の旅路を彷彿とさせるもので…?そして、軍部の卑劣な作戦に立ち向かう六畳間の面々に、思わぬ助っ人が現れる!「惑星アライア」を舞台に新たな伝説を刻む、“黄金の姫と青き騎士編”第二弾!

この“六畳間の侵略者”が長いシリーズを経て積み重ねてきた感動のシーンが想起されるたび、思わず涙腺が刺激されて泣きたくなってしまうくらいに思い入れの深い作品。神聖フォルトーゼ皇国と孝太郎の組み合わせと聞いて真っ先に思い浮かぶのは『青騎士』と『アライア姫』の物語。この要素が含まれた話は誇張も冗談も抜きにして全シリーズのなかでも最高の感動を届けてくれると断言できる。もうそれくらいに思い入れの深いと、やっと孝太郎がフォルトーゼにやってくる日が来たときにはそれだけでも舞い上がってしまいます。

二千年前のフォルトーゼに生をおいたアライア姫と孝太郎の再会が現実的に不可能な状況にも関わらず、桜庭先輩のなかに眠るアライアの魂が偶発的に垣間見えるだけでも、過去の感動が思い起こされて最高の気分になってしょうがない。いざ孝太郎がフォルトーゼの地に足を踏み入れ、孝太郎の正体が伝説の英雄“青騎士”だという重大な秘密がフォルトーゼ国民にどう認識されることになるのか……。二千年前に窮地に陥ったフォルトーゼを救ったのも孝太郎、そして現在のフォルトーゼの窮地に青い鎧とかつて失われた伝説の剣を手に戦う孝太郎の光景。最高の引きと次巻で一気に回収されそうな要素が満載なだけに次巻が気になってしょうがない。やっぱり六畳間の侵略者は最高ですね!

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 1 自宅ごと異世界に転移してた〈上〉

オーバーラップ文庫 ラノベ

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 1 自宅ごと異世界に転移してた〈上〉 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
10年ぶりに家の敷地から出る決意をした北条雄二は、呆然と立ち尽くしていた。それもそのはず、立派な引きニートと呼べる青年の目の前には、彼の知る日本は無く……、ここは見覚えのない景色とファンタジー生物が闊歩する異世界。そう、雄二は家ごと異世界に来てしまったのだ。「え、ユージ兄、外に出られたの!?」偶然その場に居合わせたのは従妹の郡司陽子。まずは彼女と協力して、この不可解な状況を整理する事に。そして間もなく、雄二は一つの違和感に気づく。「周りは森なのに、なんで水が流れるの? 電気も、ガスコンロも……」見知らぬ異世界で、なぜか繋がるライフラインとネット環境に雄二は……!?

自宅まるごと異世界転移、そして自宅のあった土地は完全な更地状態になり、その光景を家族が発見して大騒動に発展! こんな異世界ファンタジーこれまでに読んだことがないw


ざっくりと説明すると、異世界と日本のインターネット通信が可能ななか、家族に自分の安否を伝えて異世界からの帰還方法を探るためのサバイバル生活がスタート。電気、ガス、水道のライフラインは完全に日本に置いてきて断絶されたはずなのに何事もなく稼働。しかしその一方、消耗品の食料と生活雑貨の入手経路は調達不可能。転移先の自宅周辺は異世界の森林に囲まれ、自宅の敷地を守る謎のバリアーから一歩外に出ればゴブリンや怪鳥がうごめく環境。もちろん、自宅まるごとの異世界転移に巻き込まれたニートには一切のチート能力も備わることなく、手元にある武器のみで現状を打破するしかない。

見知らぬ異世界に転移をして八方ふさがりで、ごく平凡な生活しか送ってこなかったニートにとっては全てが未知の世界どうしようもない。そんなときの頼みの綱がインターネット上の2ch掲示板! さすが、無駄な知識をもった暇人ニートたちの集まる場所というか、質問を投げかけると『服の素材と人口規模から文明殿推測』『異世界のモンスターと戦うときの対策』について一緒に真剣に考えてくれるw
チート能力もない等身大の人間が現実に存在する物資を活用して異世界で生き抜く光景はもうある意味でリアリティーの塊。この先、日本に残された家族がどんな行動を執るのか、異世界に転移した主人公たちははたして無事に異世界人とコンタクトをとれるのか。それだけが気になってしょうがない。

ビルドエラーの盾僧侶(5)

モンスター文庫 ラノベ

ビルドエラーの盾僧侶(5) (モンスター文庫)

《あらすじ》
ミーミル大陸に飛ばされたフィルとシンは、無事、ウルズ大陸にある“始まりの町”に戻ってきた。ミナやサクヤとの久々の再開を楽しむのも束の間、「魔族と獣族との戦争を回避するために、龍王に会いに行ってくれ」とクロスに頼まれる。フィルやクレールとともに龍王のもとに向かったシンは、そこでまさかの勝負をすることになる―「小説家になろう」発、大人気MMOファンタジー第五弾!WEB版にはないオリジナルストーリーが満載!

フィルとシンの二人をミーミル大陸に飛ばした転移魔法の真相と陰で暗躍するプレイヤーの存在が見え隠れしてきて、“ダメージヒール”による特異な攻撃手段を駆使する回復職のシンの目の前にも現れることになったり……。ストーリーも軌道に乗ってきて、異世界全土で龍王、魔王、獣王といったキャラクターとのファーストコンタクトも果たし、この先に待ち受ける強敵との戦いを臭わせるシーンも散見して、今後のストーリーに繋がる大きな予兆もあり、ますます面白くなってきている感じです。
書籍版を追い続ける側としては次巻も買いたくなる重要な要素になるので先が気になりますね。
これまでのシリーズをとおしても、シンの“ダメージヒール”と彼のもつ異能力のコンボが現状どの敵との戦いもほぼ勝利している戦果を目にするなかで、『それでも竜王クラスのトップとの一騎打ちでの戦いは敗北が濃厚になる場面もあったり……』な状況に立たされる。
このさじ加減が、『もしかしたら、プレイヤーのなかにも異能力を全力で駆使したシンが敗北するほどの強敵がいるのではないか?』。そうなってくると、これまで強敵相手に危なげなく勝つことができた盤石だった土台が、場合によっては揺らぐかもしれない……、こういう緊張感が生まれてきて、この先に待ち受ける新たな戦いに期待が持てるようになる。

フィルやサクヤといった現実世界のプレイヤーとシンとの間にハーレムが形成されていくなかで、ヒロインのシンに対する好意の表現を行為に移す積極的な部分が無性に可愛くてたまらないですね。好きな人に(仮想世界)で身も心も捧げられるくらい好感度が振り切れていて、ヒロインからキスをしかけてグイグイくるパターンはあまり例を見ないので新鮮、そしてエロい! ミーミル大陸を旅する間にさらに距離が縮まったシンとフィルの関係が、無事に帰還を果たしてミナやサクヤと再会することで修羅場に突入するとか本当に見ていて微笑ましい。

V系バンドの王子様が実は学園一の美少女お嬢様なのは秘密にしてくれ

講談社ラノベ文庫 ラノベ

V系バンドの王子様が実は学園一の美少女お嬢様なのは秘密にしてくれ (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
緋萌―売り出し中のヴィジュアル系バンド、Rosenkreutzのギターボーカルだ。偶然彼と出会った俺は、ふとした流れで緋萌の秘密を知ってしまう。透き通った肌、しなやかなウエスト、桃のようなお尻、揺れる二つの膨らみ―。そう、ステージの王子様・緋萌は、実は女の子だったのだ!さらに俺は、彼女が同じ学校で全校生徒の憧れを集める少女・百合園萌々であり、バンドメンバーたちも同じく学園のお嬢様たちだということを知る。そして俺は、彼女たちの夢に協力することになり…!?「わ、わたしにできることなら何でも…する、から…秘密にしてください!」薔薇色の秘密に彩られた学園V系ブコメが、新たなるシーンの幕を華麗に上げる!

昨今の異世界ファンタジーに飲み込まれつつある新作のなかにこういう王道を走る学園ラブコメにめぐり合うと、平和な日本の環境で過ごす高校生たちの和気あいあいとしたやり取りが清涼剤のように気持ちよく感じることができて癒されます。

この作品のタイトルにもなっている『V系バンドの王子様が実は学園一の美少女お嬢様なのは秘密にしてくれ』のことの発端にもなる「男だと思っていたけれど実は学園一の微小だった!」が発覚するきっかけは、「この先の展開はラブコメ的にこうなるだろう……」と予知できるレベルでした。
しかし、かえってそういう『自然の流れをよそおった美少女ヒロインたちとのラブコメ展開』が、このご時世、知らない間に枯渇していたラブコメ展開なんだと思えるくらいスムーズに楽しむことができました。
V系バンドとして活動する三人の女の子たちと主人公を中心とした物語のなかで、『音楽』に関連するエピソードと調和したなかでのキャラクター同士の掛け合いと絡めて、三人の女の子ソロ対主人公(男)のシチュエーションに自然と持ち込んでキャラクターを遊ばせるところもまさに学園ラブコメの醍醐味。
個人的なひいき目もあるけれど、たまに読みたくなるラブコメ成分を補充する対象としてはベストな作品だと思いました。

異世界の役所でアルバイト始めました(5)

モンスター文庫 ラノベ

異世界の役所でアルバイト始めました(5) (モンスター文庫)

《あらすじ》
ある日、ハイエルフの姫ティターニアは大好きな藤原総司のことを想い、恋愛小説を読みふけっていた。しかし、小説のヒロインたちは皆いじらしい。好きな相手なら薬を盛ってでもベッドに引きずりこむべきだと考える彼女には、どうにも参考にならなかった。そこでティターニアは、こうなれば総司と仲のいい者たちに直接話を聞くしかないと城を飛び出すのだが―。魔女のヘリオドール、エルフのフィリア、劔族のアイオライト、そしてサキュバスリリスや魔王のレイラも加わり、総司をめぐる愛の争奪戦が加熱する。「小説家になろう」発、大人気異世界お仕事ファンタジー、待望の第五弾!!

異世界の役所でアルバイトをする日本の高校生“藤原総司”のぶれないキャラクターが役所の同僚やヒロインのリアクションを引き出してくれて、笑いなしでは読むことができないw
異世界ファンタジー作品のなかでバトルよりも日常要素に比重を置いたコミカルな作品で、シリーズが進むにつれて既存のキャラクターの新たな絡みが発生するので、メインとなる異世界の役所の日常と並行してシリーズをとおして少しずつ進展している部分を感じられるので、継続的に新刊を追う楽しみもありますね。そしてシリーズが進むにつれて、これまでのキャラクターの別な一面が見えてくることでそのキャラクターをよりいっそう楽しむことができる。魔女のヘリオドールさんが常に不憫な残念系ヒロインの路線を突っ走っているのがまたなんとも言えないw

モンスターのご主人様(6)

モンスター文庫 ラノベ

モンスターのご主人様(6) (モンスター文庫)

《あらすじ》
圧倒的な力を持つ“韋駄天”の飯野優奈の前に、一気に窮地に陥った孝弘たちだったが、加藤真菜の捨て身の作戦で、飯野の力を封じることに成功する。しかし、その結果、がけ崩れによりパーティーが散り散りになってしまった。合流を待つ孝弘たちの下にいち早く現われたのはリリィだった。だが、孝弘の目の前で、新たに現われた転移者がリリィを襲い、連れ去ってしまう。連れ去ったのは、水島美穂に想いを寄せる高屋純。孝弘はリリィを必ず助け出すことを胸に誓い、ガーベラとともに高屋を追う―「小説家になろう」発、モンスター娘たちと過酷な現実を生き抜く異世界ファンタジー、待望の第六弾。「人形の背を押す少女」ほか書き下ろしエピソードを3編収録!

水島美穂の死体を取り込んで人間の肉体を手に入れたミミックスライムのリリィの存在が、これまでにもたびたび名前が登場していた“高屋純”との邂逅で大きな波乱をよぶことになった話がメイン。
この広い異世界の過酷な環境のなかで生き抜いていく旅で、これまでに幾度となく水島美穂と高屋純の関係とエピソードで熟知していただけに、『異世界転移した人間のなかで出会ったら確実に面倒なことになりそうな人物』のイメージがあって、『とうとうこの日が来てしまったか……』という心境になりますね。

これまでにも、ごく平凡な高校生であったはずのクラスメイトたちが異世界に転移して手に入れたチート能力を振りかざして変わっていく光景を数多く目にしてきたがために、水島美穂が死んだ現実を高屋純がどう認識してどんな行動をとるのかが気が気でなかったです。
そりゃ、穏便に話し合いで解決できるレベルの問題ならいいけれど、異世界転移組は常人を超越したチート能力があるだけに、『果たして高屋純と戦いに発展することになったときに無事に生き残ることができるんだろうか……』。最高戦力に近いアラクネのガーベラは前回の砦の戦いでチート持ち相手に厳しい戦いを強いられていた関係もあるだけに、この現状をどうやって打破するのかが最大の山場でもあり見所でした。まさか、表紙にそんな意味があったとは……、ちょっと予想外の方向からのアプローチでしたね。この異世界ファンタジーが異世界でモンスターたちと生を全うするにしろ、現実世界への帰還方法を見つけ出すにしろ、どんな物語でこの先進んでいくのか気になるところではありますね。
ついでに“韋駄天”飯野優奈という久しぶりの純粋な人間ヒロインの登場もこのハーレムにどんな変化をもたらすのか期待。