読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

緋弾のアリアXXIII 不可知の銃弾

MF文庫J ラノベ

緋弾のアリアXXIII 不可知の銃弾 (MF文庫J)

《あらすじ》
東京武偵高校、そこは武力を行使する探偵―通称『武偵』を育成する特殊な学校。強襲科の超エリートでSランクの最強武偵・アリアのパートナーに選ばれてしまった(普段は)ただの一般人・遠山キンジ。兄・金一を表舞台から消すきっかけを作った雑誌記者ひばりが、今度はキンジに取材を持ちかけてきた。ひばりを殺そうと企む旧公安0課の可鵡韋、死に至る病・對卒、新たな超人組織『N』の脅威がキンジに迫る中、さらに父の仇・伊藤マキリが動く。世界に分断と崩壊の暗雲をもたらす巨悪に、キンジとアリアが今立ち上がる!大スケールアクション&ラブコメディー第23弾!

キンジ VS 伊藤マキリの超人同士の大スケールガンアクション劇を目撃したときの第一声は「こんな強いやつにどうやって勝てっていうんだよ!!!」から始まるのはもうシリーズ恒例。明らかにキンジより一枚も二枚も上手の強敵に命をかけた一発勝負を戦い抜く展開。「今度はいったいどんな即興新技が炸裂するのかな」「ミサイルを受け流すのか?」「弾丸を素手で止めるのか?」「至近距離からレーザーを回避するのか?」「跳んでくる銃弾を打ち返すのか?」、これを全部人間業の範疇で実現させるのが鳥肌。
ヒステリアモード時の頭脳で戦局を冷静に分析して勝利に導くためのスゴ技の連発は、これまでの死闘を潜り抜けてきたことで身に着けた技術が総動員されていて、シリーズが進むにつれてスケールが壮大になっていくのがもう最高。

緋弾のアリア』は20巻の大台を超えてこれだけ長きにわたって刊行され続けてきたけれど、心の底から「ずっと続いてほしい、いつまでも読み続けていたい」と思える作品。ついでに、キンジがこれまでたぶらかしてきたヒロインたちが(こぶいちさんのイラストもあって)例外なくクソ可愛い。ワールドワイドに現地妻を量産して世界中を渡り歩いている武偵なだけに、ヒロインキャラに事欠かない。ローマ武偵校への留学先へも随伴するリサがまたクソ可愛くてたまらない。ルックスも性格も胸のサイズもアリアより優れてるし、ここ最近の登場頻度も高いし、メインヒロイン後退しようぜ。

三つの塔の物語 2

オーバーラップ文庫 ラノベ

三つの塔の物語 2 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
イサラに掛けられた「時」を止める呪い――。その解呪アイテムを探すため、遂に王都にて「塔」の攻略を始めたフーズとイサラ。王都で一足先に冒険者になっていたフィスタとも無事に再会を果たし、喜びを分かち合う3人。しかし、そんな彼らを怪しい人物が影から見ていた。神器持ちで美しいフィスタに強い憧れを抱く男・ルードフットだ。世界最強と呼ばれるエクストラレンジャーズに所属する彼は、フィスタをかけた決闘状を突然フーズに叩きつける。やむなく格上の冒険者と戦うことになってしまったフーズ。しかし、ルードフットの背後には王都に紛れこんだ魔壊族の影があり……!?

イサラの呪いを解くためのアイテム探し、王都で冒険者になっていたフィスタとの再会、フーズたちの知る由もないところで動き出す魔壊族の影。物語の大枠になる勢力の参入が、世界を破滅へと導くための序章にしか過ぎない……、まだまだ底の知れない魔壊族の脅威に、未熟な冒険者でしかないフーズとイサラの前にどのような形で降りかかることになるのか。二人がこれから先に直面するであろう困難を乗り越え、やがて成長していく姿を読んでみたい……、そんな思いがあふれてくるファンタジー作品でした。

2巻ではフーズとフィスタが久しぶりに再会を果たして会話がはずむ光景や、近しい人にしか見せないフィスタの素の表情と仮面を被っているときのギャップなんかもあって、久しぶりに可愛いヒロイン成分が補充できてよかった。イサラの中身はともかく見た目は完全に幼女キャラだし、フーズの劣情を刺激するキャラとの絡みは眺めていて楽しかったです。
作者である“赤雪トナ”さんの書いた作品は数多く読んできたけれど、そのどれもが読後感で満たし高いクオリティーの面白さを提供してくれるので、いつも新刊・新作を見かけたら作者買いしちゃいます。

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!

ファミ通文庫 ラノベ オススメ

だからお兄ちゃんと呼ぶなって! (ファミ通文庫)

《あらすじ》
目を覚ますとそこには息を呑むような美少女。そして彼女は、「お兄ちゃーんっ!」と俺に抱きついてきた!誰なんだこの子?いや俺は―。どうやら俺こと蓮杖アキは、事故によって記憶を失ってしまい、萌々と名乗るこの少女は俺の妹なのだそうだ。しかし、記憶を取り戻させるためと俺を襲うのは、過剰なまでの妹の愛!しかも記憶を失くす前の俺は、萌々よりヤバい兄だったようで!?思い出すのが恐ろしい、記憶と絆を辿るドメスティックラブコメ!

度が過ぎるブラコンの妹と記憶を無くした兄(主人公)による失った記憶を取り戻すためのラブコメ作品。兄が記憶喪失であるがゆえに、妹の証言を頼りにこれまでの日常を再現しようと試行錯誤をするのはいいのだけど、そのどれをとっても『記憶喪失になる前の兄はシスコンだった』という事実しか出てこないんだが。いったい、この兄に何があったんだ。

とりあえず普段通りの生活を送ろうと学校へ向かえばクラスメイトのいぶかしげな視線にさらされて、全く身に覚えのない反応に戸惑う主人公。どんな学校生活を送れば全クラスメイトに針のむしろにされることになるんだ!? 現状を全くつかめないなかでクラスメイトに記憶喪失になった事実を告げても一笑に付されるだけの全くの空回り。クラスメイトの誰にもまともに相手にされない状況に立たされた状況が、読み手の視点だと「本気の懇願がないがしろにされていて悔しい」そんな感情に駆られてくるので、冒頭のあの頭の悪そうなシスコン×ブラコンラブコメからさらに頭ひとつ抜き出た個性が出ていて最高でした。
それでいて、1巻を読んだだけで「これはオススメしたくなるくらい面白い!!」作品だったのに、エピローグで記憶喪失前の兄が残したメモ書きの全文が明らかになったとき、その内容に身の毛もよだつ秘密が隠されていたりして、その瞬間には「あー、もうこの作品の新刊は買うことは決定したな」って思っちゃいましたね。2巻が待ち遠しいです。

異世界Cマート繁盛記 4

ダッシュエックス文庫 ラノベ

異世界Cマート繁盛記 4 (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
今日もCマートはのんびり平常運転。懐かしの瓶ラムネが大ヒットして大忙し!!なぜかキングがたくさん集まってお店で会議がスタート!?スマイル0Gを巡って、エルフとエナにプチバトル発生!?自称“有名小説家”のスランプを解決してあげたり、ダメ勇者がスーパーJC・ジルちゃんにお仕置きされたり、みんなの笑顔いっぱいで絶賛営業中!そんな中、すくすく成長しているエナに変化が。エルフと店主のやり取りにちょっぴり嫉妬したり、お店に訪れる孤児たちのお姉さんとして頼りにされたり、たくさん考えることがあるみたい…?異世界×エルフ×孤児×スーパーマーケット=俺が店主!!ゆったり異世界スローライフ第4巻!!

日本で仕入れた商品を異世界に持ち込んで適当に商売しながら今日もダラダラ。とにかくサクサクと進んでいって『Cマート』で起こるごくありふれた日常をまったり過ごしている様子を楽しむだけなので、何も考えることなく読み進めることができるのでページをめくる手が止まらない。
どんな商品が異世界人のツボにはまるかわからないなかで、店主が適当に入荷した商品を異世界人が使ったときのリアクションがたまに予想外の方向に吹っ飛んでいくのがたまにツボ。

一緒にラムネを飲んだり、Cマート内でメイド喫茶を開いたり、『GJ部』のキャラクターを巻き込んで異世界でバーベキューを楽しんだり、本当にただただ平和な日常を満喫しているだけの内容ですね。それだけなのに、まだ幼いエナちゃんが店主とエルフのやりとりを眺めて嫉妬心に火が付いたり、そんな思いの胸を日記に書き綴ったり、いやもうエナちゃんがクソ可愛かったです。。

天牢都市〈セフィロト〉 2

MF文庫J ラノベ

天牢都市〈セフィロト〉 (2) (MF文庫J)

《あらすじ》
“天の梯子”を狙った襲撃事件から一ヶ月。カイルとヴィータは変わらずアイリーンの酒場で賑やかな日々を過ごしていたが、そこにやってきたのは教会に所属する脳筋槍騎士のセレスティナ、そして研究員シャレーナの二人だった。彼女たちが下層に降りてきた理由は、上層セフィラの一つ、ケセドが徐々に下降していて、このままでは下層セフィラのいずれかに衝突する恐れがあると言う。なりゆきでカイルたちも調査に協力することになるが、再び、十の浮遊都市の存亡を賭けた大きな陰謀に呑みこまれていく…。第11回MF文庫Jライトノベル新人賞佳作受賞作、待望の第二巻!

十び浮遊都市“セフィラ”で起きた上層セフィラの下降事件。独特の世界観から作られるストーリー、上層セフィラに住まう高貴な人間の価値観と下層セフィラのアウトローな住人があふれる雑然した雰囲気、浮遊都市ならではの生活様式やトラブルが練りこまれているところがすごく楽しめました。

下層に住むカイルの生活圏で銃弾が飛び交ってるなかで知人のギャングと軽口をたたき合う、そんな危険な世界に嫌々言いながらも付き合うカイルのキャラクターも好みだけれど、浮遊都市全体の命運を握る天使“ヴィータ”を巻き込んだ壮大なスケールで展開されていく強大な敵との戦いが熱くてたまらなかったです。

浮遊都市が浮いているメカニズムや世界の神秘についてまだ謎の部分が多いけれど、『浮遊都市』の抽象的な部分が浮遊していられるための核になるパーツの重大性と墜落したときの危険性が相乗して、より壮大な規模で浮遊都市の命運に直結しているように感じられて最高でした。

聖樹の国の禁呪使い 7

オーバーラップ文庫 ラノベ

聖樹の国の禁呪使い 7 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
ノイズ・ディースを下し、自らとキュリエの因縁に決着をつけたクロヒコ。平穏を取り戻した日々のなか、聖遺跡攻略の代替案として、聖樹士候補生たちによるトーナメント形式の武闘大会『聖武祭』の開催が決定する。ただし、コロヒコとキュリエは四凶災を倒したことにより、参加が認められず―。『聖武祭』の優勝候補である生徒会長ドリストスと風紀会長クーデルカに出会ったクロヒコは、それぞれに模擬試合を申し込まれてしまい…!?「わたくしとも戦っていただかないと、少々不公平だとは思いませんこと?」新たな出逢いを果たす異世界バトルファンタジー、第7巻!
聖武祭』編、開幕!

トーナメント形式の武闘大会『聖武祭』とくれば、ここは王道で禁樹使いのサガラクロヒコ、第6院出身のキュリエ・ヴェルステイン、セシリー・アークライトを筆頭に繰り広げられる激闘を満喫できる……、ということにはならず、『四凶災』を倒した実績を込みしてクロヒコとキュリエは特例で参加枠から除外。

シリーズ第7巻まで軌道に乗ってくると、少し自由度が上がって王道の展開から逸れて別角度から話が展開する節もあるからかなり新鮮な感じがしました。
異世界バトルファンタジーなら『これまでの強敵との戦いで死線を潜り抜けてきたなかで身についた経験と実力が、学院トップクラスの実力者たちと同じ舞台にまで上り詰めて、トーナメントという形でバトルを楽しめる』が正道……、そこを「お前ら(クロヒコ&キュリエ)強すぎるから今回はでないで、成績はもちろん最高評価な」のスタンスでサラッと流すあたりがこの二人のとびぬけた実力を物語っていました。

クロヒコとキュリエにリソースを割かない分は、二人と同じフィールドに立つために切磋琢磨しているセシリーと、度々登場するアイラ・ホルンにスポットが当てられいて、二人の成長と心境の変化がガッツリ盛り込まれているトーナメント戦を繰り広げていて面白かったです。
それにしても最近は、セシリーのクロヒコに対するアプローチがかなり積極的で感情をストレートに言葉にするようになったのもあって、クロヒコとキュリエの乳繰り合いだけで満腹感がある。

そんな聖武祭のひとときも平穏なままで終わることなく、クロヒコたちの前に新たな敵が立ちはだかることになったわけだけど、次回はいったいどうなるのやら。クロヒコが禁呪の代償で徐々に取り返しのつかない状況に足を踏み入れつつあるし、いつの日かクロヒコ VS キュリエ&セシリーの仲間同士の対戦カードももしかしたら実現するんじゃないか? それこそクロヒコの中に眠る力が暴走して自我を失うとか……、もしもそんな展開になるまで刊行が続くのなら是非読んでみたいな。

聖樹の国の禁呪使い 1 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 1 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 2 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 2 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 3

MF文庫J ラノベ

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 3【電子特典付き】<ギルド〈白き盾〉の夜明譚> (MF文庫J)

《あらすじ》
“スノウホワイト”の討伐成功とスポンサーの獲得により、“白き盾”の経営状況は徐々に好転しつつあった。そんな中、マリールイズの元に“白き盾”の名を聞きつけた新たなランサー・竜騎士ティアナがやってきた。一騎当千の戦力を誇る竜騎士の加入は魅力的だが、莫大な維持費が必要となることを知ったレイは彼女の入団を断ろうとする。しかし、マリールイズが意外な行動に出たことで事態は思いも寄らぬ方向へ動きだす。さらに、気軽に引き受けた定期クエストからもきな臭い雰囲気が漂い始めて―!?夢と希望と赤字が織り成す、本格派ギルド経営ファンタジー第3弾!

ギルド《白き盾》お抱えの莫大なコストと維持費のかかるランサーを効率的に運用していく経営術、業界関係者を巻き込んでの交渉を突き詰めていく怒涛の展開がいつも最大の見せ場に持っていかれていて、この土壇場の状況をどうやってひっくり返すのかいつも気になってしょうがない。

少数精鋭とは名ばかりの弱小ギルド《白き盾》が何の後ろ盾もないまま、大手のギルドを相手に確実性のある『利益』を交渉のカードにするのは良いとして、作中の何気ないシーンが点と点で結びついて最終局面で活かされることになったときのスッとする感じが最高でした。

1巻の頃から、《白き盾》の高コスト低利益で、どう見てもお荷物でしかないランサーたちの現状をまざまざと見せつけておきながら、重大な局面では莫大な利益につながる唯一の存在になったり、逆境に立たされたときの覆し方がとにかく上手い。
この3巻で完結を迎えたのが残念ではあるけれど、機会があれば次回作が刊行されることを期待して待っていたいと思います。

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (MF文庫J)

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (MF文庫J)

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (2) (MF文庫J)

ギルド〈白き盾〉の夜明譚 (2) (MF文庫J)