働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

編集長殺し (5)

編集長殺し (5) (ガガガ文庫)

《あらすじ》
編集長の様子がおかしいです。浜山さんの連絡ミスで刊行延期になったのに、おとがめなし。これではただの幼女!ただごとではありません。私、川田をはじめとした編集部員の出した結論は―ラーメン屋さんへのジョブチェンジ。「池袋を激戦区と呼んでいた」「背表紙を背脂と言い間違えた」などの証言が飛びでます。編集長は、本当にギギギ文庫から去ってしまうのでしょうか…?―ゴッドハンド役員の視察、荒れる新人賞選考、帰ってきたスーパーゴロ。かつてない衝撃が業界を襲う!?かもしれない編集部るぽラノベ第5弾!

このラノベはフィクションです。実在の人物や企業とは一切関係ありません』
どれだけ取り繕っても、“ラノベ編集者はキチガイ”、“ラノベ編集者はブラック”のイメージしか植え付けられない。
こんな業界に勤めれたら趣味が睡眠、好きな飲み物はエナジードリンク、好きな言葉は定時退社の社畜にマインドコントロールされそうです。
なんか実在するラノベレーベルの名前でガガガ文庫っていうものがあるんですけど、ギギギ文庫って名前とよく似てますね。
もしかしたら、ノンフィクション作品なんじゃないですか?
もしかしたら、作者と編集者の内部告発じゃないですか?
これは注意喚起に『このラノベには暴力的(精神的)または猟奇的(精神的)な記述・表現が含まれています』の但し書きも加えないとダメですね。
ラノベが好きでいろんなラノベ業界物も読んできましたけど、『爆死案件』とか『売れなさ過ぎて打ち切り案件』とか胃痛がヤバいです。生々しすぎて六君子湯が欲しいんゴ!!

えー、えー、ラノベ業界に勤めるキャラクターたちの日常がぶっ飛びすぎてとても楽しませてもらいました。シリーズ最終巻なのが惜しいですけど、次回作も楽しみにしてます。

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)16

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)16 (GA文庫)

《あらすじ》
オル=ゴールとの死闘を経て、ヴァーミリオン皇国に訪れたひとときの平穏。だが“傀儡王”の悪意は世界にも大きな爪痕を残していた。“人形遣い”での操作を放棄された政府関係者・職員の昏倒は世界規模での混乱を生じ、日本においては“特例招集”により学生騎士が動員される事態となったのだ。“浪速の星”諸星雄大、“剣士殺し”倉敷蔵人、そして“雷切”東堂刀華―危機に集った黄金世代の学生騎士たちは、互いの牙を確かめ合い、未来へと想いを馳せる。だが、混沌の最中で放たれた大炎は、そんな彼らをも呑み込もうとしていた!新たなる輝きが時代の闇を打ち払う、苦難と試練の第16巻!!

落第騎士がアニメ化してくれたことに最大の感謝を!!
東堂刀華を除いた生徒会の面々の登場シーンは非常に少なかったので、今回の一連の騒動でブレイザーとして再び戦う姿を目にしたとき、サブキャラたちの能力や戦闘スタイルが明確に映像記憶が呼び起こされてイメージがしやすかったです。学内選抜戦で一輝とステラが刃を交えたスピード重視の女の子とパワー重視のごっつい男の子です。名前まではさすがに覚えてないけれど、戦闘スタイルと破軍学園の生徒会の面々と言われればすぐに思い出せました。
一輝が負傷からの回復に時間を要しステラも安静を強いられる状況のなか、元七星剣王の諸星雄大 VS 剣士殺しの倉敷蔵人の対戦カードがひょんなことから実現したりなど、箸休め回だと思ったらファンの心を躍らせるバトル演出が満載で見どころが盛りだくさんの素晴らしい内容でした。
学生騎士として日々研鑽を積んでいる彼らも一輝やステラのような世界の理から外れた強さには及ばないものの、成長を遂げていきさらなる高みを目指している姿が全力で披露されていて最高でしたね。倉敷蔵人に至っては綾辻流の剣術を修め、これまでのような自らの生まれ持った才能を乱雑に振るうスタイルから一転して剣術でもって振るわれる剣技がいかんなく発揮されていて、七星剣王と一進一退の攻防を繰り広げていて熱かったです。
どちらが勝ってもおかしくない極限の戦いであり、戦いの中で両者の感覚が研ぎ澄まされていきさらなる成長を感じられる戦闘描写で素晴らしかったです。落第騎士の流動的な戦いの展開は、戦闘が単純な力量差だけでなく相性やその日のコンディション次第で一気に形勢が逆転する。そんな一瞬の移ろいを楽しませる作品で超好きです。
次回は一輝やステラのいない間に日本で起こった新たな騒動の火種がどんな災厄を呼び起こすのか。続きが気になりますね。

同棲から始まるオタク彼女の作りかた2

同棲から始まるオタク彼女の作りかた2 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
理想のオタク彼女(彼氏)を作るべく、隠れオタクギャルの二科心と同棲し協力し合う協定関係を結んだ俺、一ヶ谷景虎。「うちらも、オタクと出会えるバイト探せば良くない!?」次なる出会いの場として、オタクバイトを探すことになった俺たちだが…。おまっ、何つー格好してんだよ!?「一応着てみたけどこんな服で撮影会なんて絶対できないし!」だからコスプレ撮影会のバイトで出会いなんて滅多にねーよ!そういえば新規オープンの猫耳メイド喫茶がバイト募集してるらしいから、そこで働こうぜ。五条さんからも同じバイト先で働けることになったら、嬉しいって言われたしな!

fantasiabunko.jp


一ヶ谷と二科が理想のオタクの恋人と出会うために協力して行動を起こすたびに、自分の理想としているオタクの恋人が目の前にいる真実を突き付けてやりたいもどかしさ。
アルバイト先でイケメンでオタクの同世代を見つけ、おすすめのエロゲーをプレイしたらドМの特殊性癖が露見していっきにドン引きするくらいならとっとと付き合えこの野郎。一ヶ谷も二科に男の影がチラつくと嫉妬してんじゃねえこの野郎。
そして何気に一ヶ谷がオタクオフ会で出会った五条さんとちょっと良い関係を築いたり、人気Vtuberの中の女子高生の相談にのってちょっとずつ距離が縮まったり、女性が窮地に陥ったら身を挺して助けに行くイケメンぶりが決まってたり……、本命がいるだろうにモテモテだな!!
元々が非モテを拗らせ気味な一ヶ谷だった気がするけれど、二科との協力関係を構築してから自分の容姿を整える術を少なからず身に着けたうえに、内面が超主人公系のキャラなだけにすっごいカッコいい。
そんな一ヶ谷の魅力を際立てているのも、彼らの日常を等身大のスケールで描きつつじっくりと時間をかけた展開が続くので、一ヶ谷景虎というキャラクターの半生を追体験しているかのような臨場感があった。なおかつ急展開を迎える場面では自然な流れで悪役キャラクターが登場してきて、生々しいやり取りが繰り広げられているので緊迫感がありました。
やっぱり村上凛さんのラブコメは全く外れがないくらい面白いですね。第3巻では一ヶ谷と二科の秘密の協定関係がとうとうバレそうになっていて興味が尽きません。新刊も楽しみにしてます。

友達の妹が俺にだけウザい

友達の妹が俺にだけウザい (GA文庫)

《あらすじ》
馴れ合い無用、彼女不要、友達は真に価値ある1人だけ。青春の一切を「非効率」と切って捨てる俺・大星明照の部屋に入り浸るやつがいる。妹でも友達でもない。ウザさ極まる面倒な後輩。親友の妹、小日向彩羽。
「セーンパイ、デートしよーーっ! ……とか言われると思いましたー?」
血管にエナジードリンクが流れてそうなコイツは、ベッドを占拠したり、寸止め色仕掛けをしてきたりと、やたらと俺にウザ絡みしてきやがる。なのに、どいつもこいつも羨ましそうに見てくるのはどういうワケだ? と思ったら彩羽のやつ、外では明るく清楚な優等生として大人気らしい。
おいおい……だったら、どうしてお前は俺にだけウザいんだよ。

ga.sbcr.jp


“好きな娘子には意地悪をしてしまうものだ”。そんなものは非効率であり、本当に好意を寄せるなら優しく接したほうが効率的である。
そんな心情を胸に人生を歩む主人公がいろいろと拗らせた結果、妙に絡んでくるウザ過ぎる親友の妹と偽装彼氏を嫌々やらされる従姉妹からの好意に謎のフィルタリングがかかり、「こいつら、絶対に俺のこと嫌いだろ!!」という謎の結論に至る学園ラブコメ
まず、女の子は好きでもない相手に胸を押し付けないし、明らかにボディータッチが多いし、わざわざ学年が違う教室に頻繁に足を運ばないし、わざわざ転校してあまつさえ同じクラスになるように手配しないし……、何もかもが好意のあらわれなのに全部スルー。やっかいなのが、彼女たちの好意の根幹には相応のエピソードがあり、主人公が手を差し伸べたことで人生のターニングポイントを迎えたことに対する感謝と尊敬の念が込められていて、深みのある好意であり行為でもあることが感じられます。
もっとも、物語でもあるので、SNSで修羅場が巻き起こりそうな不穏なやり取りが交わされていたり、様々なめぐり合わせを通じて関係を一歩進めようとする動きが見られたり、彼女たちの好意の根幹が明かされた現状からこのラブコメがどう展開されていくのかがとても楽しみではありますね。
現状では、ハッキリと“好きである”ことを告げるにまで至ったヒロインがいるわけですけれど、これを素直に受け取るか逆にとらえるのか……。どう転んでも面白くなる予感しかしないので続きが気になります。
個人的には親友の妹である小日向いろはす推しです。

ぼくたちのリメイク6 アップロード日:9月1日

ぼくたちのリメイク6 アップロード日:9月1日 (MF文庫J)

《あらすじ》
大学を去った貫之を取り戻すために僕、橋場恭也はナナコと共に貫之の実家がある川越へと向かうことに。足跡を辿ってどうにか貫之と再会することはできたがそう簡単に行くはずもなく…。一方、大阪では学園祭の出し物を相談している美術研究会の一同。新たに仲間に加わった斎川の提案によりコスプレ喫茶をすることになったがなぜか成り行きで河瀬川も巻き込まれて!?川越と大阪、二つの舞台で繰り広げられる動画制作課題の行く末は―。いま何かを頑張っているあなたの為にある青春作り直しストーリー、再生と変化の第6弾!「僕たちに必要なもの。それは―物語だ」

貫之が大学を去ることを恭也に告げたシーン、貫之が創作から身を引いて途方に暮れているシーン、そして貫之が挫折するきっかけとなった恭也が貫之を連れ戻すために行動を開始する。
大学の先生のセリフのなかで、恭也の制作としてのありかたを「人の人生にまで踏み込む。惚れたら一直線。相手の事情なんかお構いなしに突進する。関係する人々を次々と篭絡し舞台に上げまくる。」と言及していましたが、このセリフを踏まえて一連の恭也の行動を振り返ってみると末恐ろしいほどに的確に例えてますね。
もっとも自分は創作活動なんて欠片もしたことはないですけれど、貫之の折れかけている創作に関わる熱意を読み取り、一度は身を引いた人間を能動的にやる気にさせるやり方をされたら火が付くのは避けられないと思う。それを貫之に対して計算づくで仕掛けを施した恭也に関してはさらに恐ろしいものがあるのだけれど……。恭也の覇道は容赦なく人の心を動かしていくので、これから先の作品作りにもどう作用していくのかが楽しみです。

恭也とナナコの恋愛にまつわるあれこれもかなりの進展がありましたが、ifルートでシノアキとの結婚生活や斎川と河瀬川のやりとりから誰ルートをたどっても全然ありだと思えてくる。個人的には河瀬川はかませ川に徹して仕事上でのパートナーくらいがちょうど良いかな。好みで言うと6巻でのエピソードでナナコルートで恋人関係を築いたらどんな人生を送るのか見てみたいです。ていうかナナコがしれっと縁結び的な神社に恭也と二人で行こうと画策したり、ひとりで恭也とのデートを意識して悶々としてたり、なんかもうクッソ可愛くてこの娘にはメッチャハッピーになってもらいたいです。

戦闘員、派遣します!3

戦闘員、派遣します!3【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
キサラギ本社からアジト建設を早く進めろと指示が入り、六号たちは作業に追われていた。しかし、先の戦いでデストロイヤーを転送してもらい、悪行ポイントはマイナス。建設に必要な重機や物資を取り寄せるために彼らがとった行動は――お城に住むティリスの部屋へ日夜侵入すること!?そこでは宴会芸秘技【チョンマゲ】を凌ぐ〇〇が行われていて!?
一方、アンデッド祭りを取り仕切るグリムは悪霊の依り代となる人形を作り、真面目に準備を進めていた。その活動を逆手にとり、またしても魔王軍が襲いかかろうとしているともしらず……。
バカとマジメが交差するとき物語は――な、第3巻!

六号を筆頭にこいつらの行動と思考回路が予想の斜め上を突き進み過ぎてヤバいww
キサラギ本社からの物資の輸送に必要なポイント集めに奔走するのはいいけれど悪行ポイントの加算条件も意味不明過ぎて、お城に住むティリスの部屋に忍び込んで寝てる合間にあんなことやこんなことをやらかしてますね。
いや、皇族の私室に不法侵入するレベルで国家レベルの大事件だったり、何の罪もない女性の前でわいせつ行為に及ぶのも相当ヤバいですけれど、世界観とか常識がぶっ壊れてる人たちなので全てがギャグコメでひとまとめにされてしまう。
六号の余罪の数は計り知れないけれど、なんだかんだでアンデッド祭りを取り仕切るグリムも行き遅れをこじらせたメンヘラヒロインに回ることもあれば聖職者として常識を唱えたり、科学技術の粋を尽くしたアンドロイド生命体のアリスはファンタジー世界の事象にメッチャ悪態をつくけどなんだかんだで常識を兼ね備えていたり。ボケる側とツッコミ側のキャラクターが状況に応じて常に移り変わっていて、掛け合いのひとつひとつが常にギャグに染まっていて超面白い。
このすばの作者の個性が存分に発揮されている素晴らしいファンタジー作品でした。

英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す4

英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す4【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
温泉旅行の結果、ついにマクスウェルに正体がバレたニコル(レイド)。なんとか口止めし、放っておくと気づきかねないコルティナにも一芝居打って安心していたが――今度は過去にニコルに求婚していたエリオットが講師として赴任してきて!?
エリオットのアプローチをのらりくらりと躱すつもりが、大人の姿に変身してデートすることになってしまったニコル。辟易しつつ相手をしていたが――今度はエリオットが誘拐されて!? 
『殿下を返していただけません? 今なら殺さず済ませて差し上げますから』 すっかり女の子が板に付いてきた元英雄が、それでも活躍する美"幼女"転生ファンタジー、第4幕!!

パーティーメンバーの娘に転生したレイドの正体がマクスウェルにバレてからというもの、レイド×コルティナの感動の再会の場面が楽しみでしょうがない!
なんせ、コルティナが女の子だと思って接していたのが意中の男性で、キスも済ませて裸も見られていて、真相にたどり着いたときにどんなリアクションが待ち受けているのかメッチャ楽しみですよね。
あれですよ、コ〇ン君の正体が蘭姉ちゃんに見破られるのと同じ感覚です。それをTS転生ファンタジーに置き換えた感じです。そんでもって、唯一正体を知るマクスウェルが外野からニコルの正体を知らない面々と過ごす日常を内心でほくそ笑んでいたり。
主人公であるレイドが美少女に転生してから歩んでいる人生に転生前の仲間たちとのあれこれが絡んできて、ニコル視点で複雑な人物相関図が出来上がっていてとても面白いです。個人的にはメッチャお気に入りの作品です。
4巻では段々とレイドの女性としての振る舞いも板についてきていて、生前の暗殺者としての身のこなしにも少なからず影響してきているようです。女性の体に転生したことで男としての様々なものが引きずられており、生理を迎える体も出来上がりつつあったり。転生して身を削ってまでピエロを演じているみたいで滑稽ですね。
さて5巻ではニコル=レイドにまでコルティナがたどり着いてしまうのか。楽しみです。