読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

文句の付けようがないラブコメ 6

ダッシュエックス文庫 ラノベ

文句の付けようがないラブコメ 6 (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
数多の被験者のうち、“非人道的実験”に成功して生き延びることができたのは少女Aだけだった。世界を救う英雄たる使命を背負った少女A。周囲にあるのは無数の書物が並ぶ図書館のみ―彼女の心象世界には時間も空間もない。世界救済を探るためのあらゆる可能性を、ただひたすら演算するだけの存在として、少女Aは存続していく。そんな彼女の前に突如、異物たる少年Bが現れてこう言った。「お前さ。俺と結婚しねえ?」「はい。よろしくお願いします」永遠とも思えた輪廻の果てに待つ、少女Aと少年Bの結末とは?『文句の付けようがないラブコメ』がここに終わり、そしてまた始まる―

長いプロローグの結末でもあり新たな展開のスタートにもつながるこの6巻には、神鳴沢セカイと桐島ユウキの世界を巻き込む壮大なスケールのラブコメが惜しみなく描かれていて、この先にたどり着くであろう誰も文句が付けようのない、ただ一度きりのラブコメがどんなものなのかが期待が高まる。
いったいどれほどのものか想像もつかない、四十六兆の四十六兆乗もの世界を越えてたどり着いたひとつの運命。そんな状況に至るまでに巡ってきたセカイとユウキの運命の物語の全てを見てきただけに、世界を救う使命を背負った少女の物語がひとつの終着点を迎えたことに胸がすく思いに駆られる。

神鳴沢セカイと桐島ユウキの新たな物語りの幕開け。四十六兆の四十六兆乗分のラブコメがいったいどのようなものになるのか楽しみです。

白き姫騎士と黒の戦略家

講談社ラノベ文庫 ラノベ

白き姫騎士と黒の戦略家 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
エルベリスの若き騎士、ジーク・クライバーは夢想していた。王太子レオンハルト・エルベリスを支え、エルベリスの腐敗を一掃し発展させていく未来を。しかしその夢は、隣国ゼドニアの侵攻、そしてゼドニア軍を率いる勇者王ベルトランの手により断たれてしまった。ジークは誓う。無敵の力を誇る勇者王ベルトランを倒し、エルベリスを護る、と―!どちらがレオンの右腕かを競い反目し合っていたレオンの妹姫・リーゼロッテとも手を取り、エルベリスを救うための姫騎士の高潔と戦略家の知謀が光る!第5回講談社ラノベチャレンジカップ“佳作”受賞の戦記ファンタジー、開幕!

キャラクターの怒りと悲しみを挿絵でストレートにぶつけてくるのはもちろんのこと、どんな善人もどんな強者も戦いに敗れれば剣のひと振りで命を刈り取られる戦争の無慈悲さをまざまざと見せつけてくる戦記ファンタジー。それだけに両軍で容赦なく命の奪い合いが行われているリアルな姿が、これまでにあまり類を見ないタイプの戦記ファンタジーの面白さがあり作品の世界にのめりこんでしまいました。

エルベリスの戦略家ジーク・クライバーの生い立ちとその経歴もなかなかに壮絶な背景があるのはもちろんのこと、“戦略家”というポジションで致命的なまでに“味方からの信頼”が得られない実態が焦燥感を加速させる良い要因だったのかもしれない。ジークの建てる戦略は華麗なものとはお世辞にも華麗なものとは言えないけれど、その実もたらすであろう戦果が目の前に見えているだけに、『戦略は完璧だが味方の士気と正確な連携の不和』が最悪の結果をエルベリスにもたらさないかが気が気でなかったです。“エルベリス”という国の騎士が持つ『正々堂々と真正面から敵を打ち破ってこそが真の騎士』『策を弄して小手先だけで戦うなど卑怯』などの固定概念が多数派を占めるだけに、最終的な勝利を見据えて動くジークととことん反りが合わなくてハラハラさせられる。

それら全てをふまえて、敵対するゼドニアの勇者王ベルトランの有する絶大な力と勇者王の存在が放つ圧倒的な敵軍の士気の高さと統率力でもって攻め込んでくるので、死線と隣り合わせのギリギリの戦いを繰り広げていて読み応えがありました。
次回作に着手するのであれば、今後はどういった形で活躍を見ることができるのか楽しみです。

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者16

講談社ラノベ文庫 ラノベ

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者16 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
謎の『穴』で日本とつながってしまったファンタジー世界の『聖エルダント帝国』と敵対しているバハイラム王国で、天変地異が続発する!ミュセルの母親・ファルメルの預言で呼び出された、オタク文化交易会社“アミュテック”の総支配人・加納慎一と毎度おなじみのメンバーは、バハイラムの最高機密“竜の巣”に潜入し、そこで奇怪な人形の様な少女・テレジア・ビグロウと出会う。北米連合機構の少佐だと名乗るテレジアは、実はここは遙か遠い未来の軍事工場であり、しかも、工場の主動力源が暴走し爆発しかけていると言うのだった。爆発すれば、バハイラムとエルダントは消滅する。で、それを救える唯一の人物が慎一だと告げるのだった。日本のただのオタク、ついに異能バトルものの主人公に変身するのか!?

異世界におとずれた突然の天変地異で窮地に陥るエルダント帝国とバハイラム王国の窮地を救うのはアミュテック総支配人“加納慎一”だったのであった……。世界の窮地キーマンというポジションでシリーズ最大級にシリアス展開なはずなのに、発作のようにやってくるオタク要素を盛り込んだ展開のおかげで、「あー、アウトブレイクカンパニーだった……」と本来の姿に認識を改めさせてくれる。
ファンタジー世界がもつ魔法の仕組みを明かされ、バハイラムの最高機密“竜の巣”で授かった力でイメージしたとおりの攻撃を発動できる能力なんて与えたらそりゃそうなるよ。オタクは漫画でもアニメでも映像媒体を通じてその手のネタの引き出しは際限なくあるんだから相性は抜群だよ。“かめはめ○”とか“北斗○裂拳”とか“ティ○・フィナーレ”とか……、見覚えのある名称がいくつか羅列されてたけど、これら全てが一挙にぶっ放されたら相当な地獄絵図だろ。
どこまでいっても安心安定のアウトブレイクカンパニー。日本と異世界をつなぐ門にも不吉な予兆が現れ始めてきて、シリーズのクライマックスに向けてどんな展開に突入していくのか。大好きな作品なだけに凄く楽しみです。

かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear

講談社ラノベ文庫 ラノベ

かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
「ソウタ。私と竜に乗ってほしい」長く続く戦争の中、帝国空軍のエースガンナーとして連邦空軍の敵を撃墜してきたソウタ・カシワギは、ある戦闘で敵―竜騎兵の少年を撃つことができず、戦争が終わったこともあり、除隊処分となってしまう。自らの行くべき方向に迷うソウタの前に現れたのは、“ドラゴンスレイヤー”―人に害為す“黒の竜”を狩る一団の船長と、竜騎兵の少女・シノだった。急かされるようにシノの操る竜に乗せられるソウタだが、目標を捉えたとき引き金を引くことを躊躇してしまうのだが―。第5回講談社ラノベ文庫新人賞“大賞”受賞、少年と少女が竜と人とを結びつけながら、空を翔ける物語。

作品の肝にもなる表紙イラストがこれだけ落ち着いた色調に留めたことで、帝国空軍のエースガンナーを除隊処分になった少年ソウタ・カシワギと竜騎兵の少女シノの物語に深く入り込んで楽しむことができた。そこまで深い意味はないのかもしれないけれど、キャラクター容姿を流行のイラストに寄せずにあえてこのような形で送り出したなら、「丁寧に作り上げられた描写や登場人物たちが暮らす世界がたどってきた壮大な歴史の肉付けがしっかりとされていて読み応えのある素晴らしい作品」と断言できるけれど、いざこれを店頭で手に取って購入するとなったら若干のマイナ方面のバイアスがかかりそうに思えてならない。
この作品を最後まで読み切った自分のイメージからすると、物語全体の雰囲気とイラストのバランスの調和が取れていて良いイラストレーターとの組み合わせだったと思う。

他の読者の感想を眺めていて、『ストーリーにあわせてキャラクターが動くことなく、本当にキャラクターが存在して意思をもって行動しているみたい』という意見もあって凄く共感できる。ソウタとシノの出会いからお互いをパートナーとしてドラゴンスレイヤーの活動をしていくなかで発生するトラブルや選択を迫られる場面に立たされたときに、理屈や常識を放り投げて立ったひとりの女の子を優先して感情に身を任せる姿には思わず胸が熱くなりました。

転生少女の履歴書 3

ヒーロー文庫 ラノベ

転生少女の履歴書 3 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
リョウは王立学校に入学して2年目を迎えていた。魔法使いではない生徒にも魔法に関する書物を閲覧する権利を求めて、デモ活動に力を入れるリョウ。ドッジボールを広め、社交場を作ることで、様々な生徒から署名を得ていた。だが、学園で最も権力のある生徒、ヘンリー王弟と思わぬところで遭遇したことで、魔法使いや王族に対して複雑な思いを抱くようになる。また、嘆願書を通すために、自分の立場向上をはかるリョウは、商人としての名声を得るため活動を始める。しかし、ある日、腐死精霊使いでもあるシャルロットの魔法を見て、とある物の作成を思いつく。
今度はデモ活動、ドッジボールの普及、商会の設立、闇取引……! ? 元・女子高生は異世界でどこへ向かうのか?

異世界に転生した女子高生の地の頭の良さと前世の知識、そして異世界に存在する魔法を組み合わせて商人としての地盤を着々と固めていく姿には、その功績が将来にどんな影響をもたらすのかが気になる。
異世界で不要の産物として冷遇を受ける腐死魔法使いの能力から新たな特産品の生産のヒントを見越して腐死魔法使いの需要を生み出し、火魔法使いの魔法行使に必須の火種を簡便に生み出すマッチの開発で、学校の教師とコネを得たり。リョウの学校内での日常風景と成長をヒーロー文庫特有の大ボリュームで書籍化されても、純粋にリョウがどんな人生を送っていくのかが気になるのでずっと読んでいられる。
特筆すべきセールスポイントと言われたら『ある種の異世界学園ファンタジーなのかな?』というくらいですかね。女性主人公でなかなかに破天荒で肝の据わった性格をしていて行動力もあるので、波乱続きのスクールライフを送っているところが面白かったです。

それはそうと、アランのけなげで不器用なアプローチのことごとくがリョウを素通りしてはや数年(学校生活では2年目)。リョウのなかでのアランの認識が『ひとりの男子』として認識されていないことが一人称視点でまざまざと語られると、アランの無様さを通り越して滑稽に思えてきてならないんですけど、どうにかならないんですかね。

いつの間にか800くらいのラノベ感想を書いていた件

その他

書いている本人も普段はサイト右側の『ラノベ』の部分をぼんやりと眺めているだけで全く意識していなかっただけに、ふとした拍子にカーソルをあわせて「うわ、こんなに書いてたんだ!」とその感想記事の数を認識して自分でもビックリ。


普段は更新した日付を眺めて「あー、昨日更新してないなー」とか「そろそろ書かないとなー」とかはあるけど、ほんといつの間にこんなに書いてたんだろう……


もうほとんど趣味とか日課になりつつある作業だから完全に更新が途絶えるとかあんまりイメージが付かないけど、とりあえずはこのまま4桁の大台(1000件)までたどり着きたいですねー

救世の背信者

講談社ラノベ文庫 ラノベ

救世の背信者 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
約二百年前。星喰いと呼ばれる化物によって、人類は絶滅の危機に追い込まれた。そして星喰いと戦うため、人類が生み出したのが錬金術である。かつて世界に七人しかいない達人の一人―最高の錬金術師だった少年・三森慧は、現在は全ての名誉を失った最低の錬金術師として、学校の教師をしていた。そんな彼のもとに、エリート錬金術師の少女・久住悠里が入学してくる。慧は彼女とともに、最近頻発する星喰い異常発生事件の調査にあたることになるが…。「生徒に尊敬されるのは、教師が最初にしなきゃいけない仕事だ」在りし日に人類最強の立場を裏切った少年は、いま孤高の天才少女をどう導くのか―!?凸凹師弟が綴る学園異能バトルアクション!

デビュー作『サービス&バトラー』はテニス部×お嬢様学園で記憶に残る作品でした。二作目にあたる『電波な女神のいる日常』は平凡なラブコメ風の作品で少し肌に合わずにすぐに切ったけれど、三作目にあたる学園異能バトルアクションを書いた『救世の背信者』は続きに期待したくなる作品ですね。

主人公である三森慧の掴みどころのない飄々としたセクハラキャラと緊張感のある殺伐とした雰囲気も吹き飛ばす性格は、デビュー作の『サービス&バトラー』で『テニスのフォーム改善を目的に雇われ執事の立場でお嬢様に向けて亀甲縛りを施すような神経の図太いセクハラ主人公』を思い出させる素晴らしキャラクターでした。草食系ラキスケ主人公にはない、肉食系の一面を備えてヒロインにガツガツセクハラをかましていく主人公というのもなかなかに新鮮なもので、そこから展開されるヒロインとの掛け合いもこれまでにない刺激的なものが多くて読んでいて楽しかったです。

そして、かつて世界に七人しかいない最高の錬金術師だった少年・三森慧が全ての名誉と力を失い最低の錬金術師として学校で教師をするに至った背景と、ストーリーが進むにつれて明らかになる隠された真実。人類滅亡の危機に追い込まれた状況を打開するために払った大きすぎる対価。
極めつけは『世界中の誰に嫌われていようと、ごくわずかの近しい人間だけが三森慧の身に起きた真実を知る』シチュエーションが生み出す悲壮感あふれる展開……。これがたまらなく良い! 作品のなかで登場するキャラクターの数がかなり絞られているため、メインになるキャラクターを掘り下げるエピソードが数多くあり、クライマックスにかけての展開が最高に盛り上がっていて最高でした。
願わくば次巻の刊行まで進んでいってほしいものです。あと、悠里ちゃんのツンデレキャラで凄く罵られたいです。このデレ具合のさじ加減は『ストライクザブラッド』の姫柊雪菜の同類だと言えば伝わるはず。