読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

精霊幻想記 4.悠久の君

HJ文庫 ラノベ

精霊幻想記 4.悠久の君 (HJ文庫)

《あらすじ》
両親の故郷カラスキを出立したその足で、ラティーファたちの待つ精霊の里を訪れたリオ。里の民たちから熱烈な歓待を受けた後、情報収集目的でシュトラール地方へと向かったリオは、その道中に見かけた巨大な光の柱に導かれ、奴隷にされかけていた三人の男女を助けるのだが―なんとその中の一人は、リオの前世である天川春人の初恋の少女で!?

日本から異世界に転移されるきっかけになった魔術の痕跡と巨大な光の柱が目撃されるなかで、日本への帰還の糸口に繋がる情報を手に入れた最中にやってきた綾瀬美春との再会。これまで幾度となく「天川春人と綾瀬美春がいつの日か、この広大な異世界で無事に再会をはたすときが訪れる……」そんなビッグイベントが1巻の頃から着々と進行していき、この4巻でとうとう春人と美春の掛け合いを楽しむことができて感動しました。
精霊幻想記はこれまで多くの人たちとの出会いと別れを繰り返してきて、そのたびに「ここまでリオと仲良くなってきた人たちと離れることになるのか……」という思いに駆られてきました(本気)。そのなかでもラティーファや美春といった日本から転生してきた人たちに対して、『リオ=天川春人(日本人)』の情報をどこまでその秘密を明かすことにするのか。リオの正体が日本人ということを明かすことはしても、最後のリオの正体が春人だということは明かさない。その最後の要素が繋がらないために、リオと美春の何気ないやりとりの中でにじみ出てくる春人に向けた思いに結びつかないもどかしさがあってとにかく切ない。
美春の春人に向ける想いがどんなものかも気になるし、春人から美春に向けての言葉もいつか伝わってほしい。

現在読んでいるweb小説からの書籍化作品のなかでも真っ先におすすめしたいタイトルにあがる作品ですので、興味がある人には是非読んでもらいたいです。

軍師は何でも知っている 6

モンスター文庫 ラノベ

軍師は何でも知っている(6) (モンスター文庫)

《あらすじ》
帝国・皇国・ヴェリス、それぞれの思惑が交錯する同盟交渉が始まった。帝国が、ユキト率いる独立機動部隊・ノックスの解散を求めたのに対し、皇国は、そのノックスを援軍として派遣してほしいと要求する。あちらを立てればこちらが立たずの難題を前に、ソフィアがある奇策を提案するのだが―。「小説家になろう」発、異世界バトルファンタジー第六弾!大幅な加筆修正に加え、書き下ろし番外編『暴走する魔法』も収録!!

三国同盟の成立にあたる条件として両国から『ノックスの解散』と『ノックスの援軍派遣』を提示されたなかで、「これ完全に詰んでないか?」としか思えない絶望的な状況をどのようにして打開してくのか。三国の命運をわけることになる会談の場での白熱する議論を、独立機動部隊ノックスを率いるユキトがどのような結論に導いていくのかが凄く気になっていた回なだけに、序盤から目が離せない展開で読み応えがありました。
公式な外交の場で発言の言質を取られることで、それが後の交渉の行く末を決める決定打に繋がってしまう駆け引きが繰り広げられていて、ヴェリスの軍師殿が相手をやり込めている光景が気持ちが良かったです。
これまでにも戦場で死の瀬戸際に立たされることをはじめ、多くの窮地を乗り越えてきただけに、この三国同盟を無事に乗り越える結末を迎えられてホッとしました。
個人的にもかなりお気に入りの作品なので次巻の発売が楽しみです。

あとこれはさらに個人的なことですけど、番外編の元ネタが以前に書いた感想記事から拾ってもらったみたいでビックリしました。自分でも「そんなこと書いたような……」くらいに記憶が曖昧でしたけど、あのときに書いたことが番外編として形になり、巻末で愉快なノックスのメンバーの日常のひとときを楽しむことができて(本人は気が付かないまま)良かったです。

一條明日菜の地球連合

ファミ通文庫 ラノベ オススメ

一條明日菜の地球連合<一條明日菜の地球連合> (ファミ通文庫)

《あらすじ》
一條明日菜。黙ってれば可愛いのに生徒会長選で「地球を統一しよう」だの「世界を創り変えよう」だの、凡人学生は引くに決まってる台詞を宣ったイタい女。何故だかソイツに義兄弟認定されちまった俺、霧島隼兵は、天宮柑奈、水樹燈華、そして俺の妹、雲雀を巻き込んで、『地球連合部』を創設することにした。高校生でも日本を変えられると証明するために、俺たちは今、インターネットを通して世界に宣戦布告する!圧倒的革命エンタテインメント、開幕!!

ごく普通の高校生たちが『地球連合部』なる部活動でインターネットを通してガチで世界に宣戦布告するという、冗談を抜きにして革命をもくろむ学園革命エンタテイメントでした。男勝りのお嬢様で学園でも随一の頭脳をもつ一條明日菜を中心に、正式に『地球連合部』を部活動として申請することをはじめ、明日菜の物怖じしないアクセル全開な行動力が世界征服にも容赦なく発揮されていてとにかく凄かった。

世界征服の第一歩として行った部活動がマスメディアを対象にした『ニュース報道検証番組』。攻撃力100%で包み隠さずありのままに検証する高校生たちの番組が世間に波紋を呼び起こす展開もさることながら、高校生たちだからこそできる自由奔放で常識にとらわれない『地球連合部』の活動内容は、思わず手に力が入るほどに没頭して読みふけってしまう面白さがありました。

特命生徒会 特別に命を奪うことを許可された生徒会

角川スニーカー文庫 ラノベ

特命生徒会 特別に命を奪うことを許可された生徒会 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「嫌いな奴の名前を書けば、“特命生徒会”が殺してくれる―」全国の学校で噂される、その組織は存在する。“特命生徒会”の会員・渡刈岬は、任務達成率100%の暗殺者。“生徒会長”黒沢雛藻の救出を命じられた岬は“豚小屋学園”に潜入するが、そこは外界から遮断された「監獄」で!?雛藻と共に豚小屋からの脱獄を試みる岬の前に、彼女を狙う暗殺者が次々現れ…。「必ず殺す」―殺し文句が響くとき、暗殺者たちの死闘が始まる。

厳重な警備と特命生徒会の思惑が絡み合う“豚小屋学園”の内部で起こる数々の騒動。生徒会長・黒沢雛藻の救出の前に立ちはだかる暗殺者たちとの死闘は、異能力による未知の攻撃に対する気の抜くことのできない徹底した警戒態勢が敷かれていて緊張感のある脱獄劇でした。

戦闘に不向きな生徒会長の保護が最優先事項なだけに、豚小屋学園の厳重な警戒網をいかに安全に脱出するかに重点が置かれていて、渡刈岬の任務鉄製難易度も跳ね上がることに。臨機応変に特命生徒会のみが扱える異能力を駆使することで、目の前の緊急事態に臨機応変に対応する場面も数多く巻き込まれることのなり、その都度、これから先の展開が全く想像することができない面白さがある。そのために、ひたすらページをめくった先に待ち受ける展開を追っていくしかないので、どのような結末を迎えるのかが最後まで読み切ったときに初めて知ることができました。
豚小屋学園での騒動は完全な決着を迎えるまで常に不吉な展開を臭わせる描写が作中に数多く存在していたので、任務達成にこぎつけたときの安心が格別でした。

この作品の唯一の救いは、特命生徒会や豚小屋学園で登場するヒロインの和やかな表情をカラーイラストにしてくれたれい亜さんの描いたヒロインを見るたびに癒されることですかねw 雛藻ちゃんは腹パンゲロインをかましたとは思えないくらい天使なキャラ

前略、英雄候補は強くなるためにセンセイと××します。

MF文庫J ラノベ

前略、英雄候補は強くなるためにセンセイと××します。 (MF文庫J)

《あらすじ》
七十年に一度、一人の英雄と六の霊魔が世界の命運を賭して闘争する霊魔大戦。だが、12度目の霊魔大戦からたった7年で霊魔が復活。しかし英雄側に現れたのは、力を持たぬ不完全な2人の英雄候補だった。英雄候補の1人、心を凍らせた剣士アリスは自らの強さの探究から、かつて六の霊魔を封じた元英雄グレイブに教えを請うが―「私は剣士です。××の相手など誰でも構いません。強さのために魂でも売りましょう」彼女が選んだ方法は常人の想像を超えるもので―「グレイブ先生、××とは難しいものなのですね」「…そうだね」先生(元英雄)×少女(英雄候補)の世界救済ラブコメディ始まるっ!

霊魔の復活により世界に破滅の危機が迫りくるなか、霊魔を世界で唯一倒すことのできる英雄たちはラブコメの真っ最中。霊魔に立ち向かうことが不可能な人類は精鋭の尽力によって、力を持たない未熟な英雄たちの修行のための時間を稼ぐことで世界の破滅を防ごうとしている。
そんな世界に窮地が陥っているなかで、『世界の破滅』と『ラブコメ』を掛け合わせて、“グレイブ先生”、“アリシエル”、“エミリア”の三人が初対面とは思えないラブコメを楽しませてくれる葉村哲らしいラブコメ作品でした。

最近の作品だと『おれと一乃のゲーム同好会活動日誌(全11巻)』や『バロックナイト(全4巻)』が真っ先に思いうかぶかな。やっぱり、ヒロインの主人公に向ける愛情表現の方法や何気ない言動やしぐさに身悶えしたくなる可愛らしさがあってたまらないです。わかりやすく赤面したり慌てふためいたりして照れている態度を出すのもいいけれど、ぬいぐるみに先生の名前を付けようとしているアリスのプレイべートな場での独り言とかを見てると、それがかえって可愛らしく見えてくる。1巻で表紙を飾ってメインとして登場してくるアリシエルのエッチな姿と美麗なイラストがラブコメをより引き立ててくれて最高でした。メチャクチャ可愛かったです。

これまでに数多くの作品を世に出してきたベテラン作家なだけに作者買いしても期待以上のクオリティで、久しぶりにラブコメを楽しむことができて良かったです。

姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ!

MF文庫J ラノベ

姫さま、世界滅ぶからごはん食べ行きますよ! (MF文庫J)

《あらすじ》
ごく普通の高校生・飛露騎の元に、ある日突然異世界からやってきた姫・ロフィーナ。聞けば彼女は「気分が沈むと世界を滅ぼしてしまう」という厄介な力を持つせいで、世界を追放され、転々としながら生きてきたという。しかし飛露騎たちの世界には、人を異世界に追放する技術は無い……ということは、ロフィーナが落ち込むと世界が終わる!?世界滅亡の危機を前に、飛露騎たちは―「世界はもうダメね!だから美味しいものを食べに行くわよ!」世界滅亡より今日の晩ごはん!とても美味しく心温かな最後の晩餐、はじまります。

世界を滅亡させる力を秘めたお姫様とごく普通の高校生が出会ってごく平和な日常をおくる……、アットホームでゆるゆるダラダラとした日常コメディ作品。
「どうせ世界が滅亡するなら抱えてる仕事放り出して飯食いに行くぞ!」、このセリフが飛び出すたびに居酒屋を中心に(発起人のなじみの店)日本の様々なお店で食事をすることなるわけだけど、「これ、普段から作者がツイートでアップしている飯テロツイートも取材経費で降りてるんだろうか……」そんなメタな感想が真っ先に思い浮かぶくらいに料理のレパートリーが富んでいます。世界の滅亡を防ぐ手段はごはん!

異世界からやってきたロフィーナ姫の力が暴走する引き金になる『気分が沈むと世界を滅ぼしてしまう』という要素が、ロフィーナの無自覚な恋愛感情(本人は恋愛感情だと認識していないのか不明)と飛露騎の幼なじみが飛露騎に寄せる想いとの正面衝突。幼なじみがポッと出のヒロインにポジションを奪われるのか、果ては長期シリーズ化してロフィーナ姫との間で正々堂々の宿敵関係が構築されるまでに至るのかは定かではないけれど、ロフィーナ姫の日本での行動範囲が広がれば広がるほど日常ものとしても幅が広がって面白くなってきそうなので、是非ともシリーズ化して新刊を楽しみたいですね。

現実主義勇者の王国再建記 1

オーバーラップ文庫 ラノベ

現実主義勇者の王国再建記 1 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
「おお、勇者よ!」そんなお決まりのフレーズから異世界に召喚された相馬一也の冒険は―始まらなかった。自らの富国強兵案を国王に献策したソーマは、なんと王位を譲られてしまう!しかも国王の娘が婚約者に…!?まずはこの国を立て直すため、ソーマは自身にない知識・技術・才能を持つ者の募集を開始する。王となったソーマの前に集まった五人の人材。果たして彼らはいかなる多種“多才”な能力を持っているのか…!?その現実主義的な思考は、ソーマを、そして国民をどのように導くのか―。革新的な異世界施政ファンタジー、ここに開幕!

異世界に召喚された相馬一也が成り行きで王位を譲られたことがきっかけとなり、国王として内政を取り仕切り国の抱える問題を次々と解決に導いていく異世界ファンタジー作品。
施政をメインに一也の生活が送られていくだけに、国の陥った窮地に対する解決策を思案することに没頭する毎日。異世界の価値観にとらわれることの無い斬新なアイディアと日本での生活で培われてきた知識でもって、国民の生活を豊かにしていく光景が国民のリアクションと共に楽しめて面白かったです。
異世界が育んできた文化と文明レベルのなかから、現実的で効果的な方法で国を発展に繋げているところが、着の身着のままで異世界に召喚された主人公に備わった知識だけで解決できるアイディアという感じがして丁度良かったです。

こういう作品を読んでいると『知識として知っている技術』と『知識として知っていてそれを実現させる技術』のレベルのラインには圧倒的な差があると思うんですよ。そこのラインを超えることなく、ある程度の指針を一也が示して異世界人が行動に移すことで実現できるレベルで国全体が活発化する。突然の一也の国王就任と革新的な政治、退廃した貴族たちの一斉摘発で一部の不穏分子を残した状況が順調に進む国の発展に緊張感を持たせつつも、次はどんな方向にい国を導いていくのかワクワクして楽しめる作品で面白かったです。