働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

六畳間の侵略者!? 30

六畳間の侵略者!? 30 (HJ文庫)

《あらすじ》
新たな春を迎え、六畳間の面々は無事(?)揃って進級できることに。晴海が大学生になったり、孝太郎たち三年生の輪にクランが加わったりと大きな変化がある中、ひときわフレッシュな挨拶が通学路に響き渡る。「おはようございます、コウ兄さん!」「コータローさまの幼馴染み!?本当ですかっ!?」新一年生としてついに“あの”キャラたちが吉祥春風高校に!?波乱万丈の高校生活、最後の一年が賑やかにスタート!

神聖フォルトーゼ皇国から留学生を吉祥春風高校に招き入れ日本とフォルトーゼの間に国交を結ばれることになりました。それにより、フォルトーゼの先進技術を手に入れ悪用しようと画策する非合法組織が登場したり、今以上にサンレンジャーたちの活躍が重要視され窓際部署から一気に花形部署として羨望の眼差しを向けられたり、新年度を境にいろいろな変化が見受けられて新鮮でした。
六畳間の侵略者シリーズも30巻の大台に突入するまでに多くの伏線が回収されてきたけれど、孝太郎たちが高校三年生となった今でもまだまだ多くの物語を紡いでいきそうで楽しめそうなシリーズです。

新キャラといえば、マッケンジーの妹も入学してきて既存キャラクターたちの絡みに新しい風を吹き込んでくれるがごとくガンガン孝太郎たちの絡みがあって面白かったですね。もっとも、彼女が入学した年度とフォルトーゼ留学生がやってきたタイミングがダブった結果、宇宙を超えたトラブルに居合わせて巻き込まれることになるのは不憫でしかない。
吉祥春風市内でフォルトーゼ勢力が暗躍したことで、青騎士のモデルとなった孝太郎の英雄譚が日本でも披露されることになり、目撃者第一号に松平兄妹が抜擢されたときは驚愕しました。とうとう孝太郎の正体を近しい人間にも明かすことになるとは予想もしてませんでした。

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?5 鋼の墓所

なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?5 鋼の墓所 (MF文庫J)

《あらすじ》
英雄シドの剣と武技を継承し「真の世界を取り戻す」決意をした少年カイ。切除器官を取り込み、他を圧倒する幻獣族の英雄ラースイーエによる世界輪廻の再現をギリギリで阻止。だが、彼らを待ち受けていたのはウルザ連邦への瞬間転移、そして正史にも存在しない第六の種族・機鋼種との遭遇だった。新たなる事態に直面したカイたちが、再びラースイーエの企みを止めるべく休む間もなく作戦を開始。そんな彼らに接触してきたのは、悪魔族の次席ハインマリル。幻獣族の暴走を止めるべく他種族が集結していくなか、少年の知る正史とはまた別の、世界の真実が迫っていた。

昨年のこのラノで投票した際はファンタジア文庫の『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』よりもこちらの作品を全力で推薦させていただきました。出版不況が囁かれるなか、正史とは異なる、五種族大戦で人類が敗北を喫した世界で真実に迫っていくという壮大なスケールで始まるこの物語に惹かれて読み始めました。第5巻にも差し掛かると五種族の主だった英雄たちとの接触の機会も得られ、徐々に明らかになる世界の真相の断片が繋がっていき驚愕を味わうたびにドンドン作品の世界に引き込まれていきます。
さらには第六の種族で人類にとってさらなる未知の強敵が立ちはだかったり、この世界のシドたちから語られる意味深な発言の数々。長編ファンタジー作品で毎回伏線を散りばめていますが、真相が気になって仕方がないです。

人類がまだ多種族の脅威にさらされ小さな影となりひっそりと暮らしていた時は、カイの正史での知識と経験を基礎とした戦闘技術とリンネの謎に包まれる力をもってしても、人類サイドの絶望感と多種族との力の差は歴然であり、それをまざまざと痛感させられる世界観が素晴らしかったです。現在のカイのもとにはリンネを含めエルフ巫女のレーレーンや精霊族の英雄である六元鏡光が行動を共にしていますが、それでも幻獣族の英雄ラースイーエや機鋼種の脅威度の高さは桁外れ。世界観を創り上げている土台がしっかりしているので、絶え間なく命の危機にさらされている雰囲気があって良いです。

第6巻の発売が待ち遠しいです。

ナイツ&マジック 9

f:id:murabito1104:20181106010822p:plain

《あらすじ》
ボキューズ大森海での騒乱を終え、銀鳳騎士団は巨人族と共に王都に帰還する。巨人族、そしてエルネスティを襲ったという第一次森伐遠征軍の末裔の存在は、フレメヴィーラ王国にとってまさに寝耳に水。突如もたらされた途方もない話に、もはや既存の価値観は通じず、王国は新たな時代へと踏み出していくことになる。そして銀鳳騎士団にもまた、巣立ちの時が迫っていた。此度の事件で銀鳳騎士団の影響力を重く見た国王リオタムスは、エドガー、ディートリヒ、ヘルヴィらが率いる各中隊を新たな騎士団として独立させるよう告げる。エルネスティの下に残る者、騎士団長としての道へ踏み出す者、新たに入団を目指す者―それぞれの想いを受けて銀鳳騎士団は形を変え、新たな飛翔の時が訪れる。

アディが花嫁衣裳からお察し。ボギューズ大森海での偽装結婚にかこつけてガチの結婚。これまでの数々の功績により歴史的に例を見ない特殊な立ち位置にあるエルネスティをはじめとした銀凰騎士団の面々。エルネスティとアディの結婚式においては、一般人同士の結婚式として格別の国が総出をあげての豪快なものになっていて凄まじいものでした。
つい先日まで、アニメではベヘモスの撃退やジャロウデク軍との一戦などの功績も記憶に新しくはあるけれど、これらすべてを一個人が成し遂げてきたと考えるとフレメヴィーラ王国を取り仕切る国王陛下に至っては悩みの種にもなりそうですね。キチ〇イ染みた幻晶騎士愛が招いた結果だとしても、エルネスティの功績は凄まじいです。

ボギュース大森海からの帰還と彼の結婚式を無事に終わらせた後は、いつも通り銀凰騎士団が抱える工房で新型幻晶騎士の開発と既存機の改良の日々。革新的な開発を続けるエルネスティのもとに国機研から何人か技術を学びに異動して来て、日々、驚愕と混乱に晒されて働く姿はかつての親方たちを彷彿とさせて面白かったです。
アニメ化を経た作品は初期の頃とのギャップを改めて実感させてくれることが多々あるので新鮮味があって良いです。

ナイツ&マジックをまだお読みでない方はアニメ、マンガも含め、大変すばらしいなろう書籍なので是非とも読んでみてください。

弱キャラ友崎くん Lv.6.5

弱キャラ友崎くん Lv.6.5 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
あの日、彼女はまだ完璧じゃなかった。あの日、彼女は人前で初めて泣いた。あの日、彼女はすべてを振り切るスピードが欲しかった。あの日、彼女は―…。日南、菊池さん、みみみ、優鈴―。少女たちのあの日の想いが、ここに紐解かれる。6巻と7巻をつなぐ“彼女”の気持ちも…?「弱キャラ友崎くん」の世界がさらに色づく、珠玉の短編集。

弱キャラ友崎くんに登場する少女たちをメインにした短編集。
それぞれで好きなキャラクターがいれば特に印象深かった部分に違いが出てくるとは思うけれど、自分としては日南、菊池、みみみのエピソードが素晴らしかったです。
日南に関して言えば、現段階でパーフェクトヒロインとして君臨し続けていてクラス内ヒエラルキートップ。文武両道で非の打ち所もないキャラクターですが、どんな人間も未熟な時期があったように日南にも失敗を繰り返して成長していく時期があったようです。そんな未熟だった頃の日南がストイックに自己研鑽を繰り返していき、パーフェクトヒロインの礎を築く物語はとにかく凄まじく、生半可な人生を歩んで時間をどぶに捨ててきた人間には精神衛生上よろしくないような気がします。

みみみは友崎を意識し始めてから恋の悩みに振り回されていてクッソ可愛い。友崎が日南指導のもとでトレーニングに励み、コミュニケーションスキルを会得して変貌していく様を一番よく知る人物の一人。『恋は盲目』とはいうけれど、好きな人のことに関しての慧眼は素晴らしいです。友崎の学生生活もナチュラルに日南や中村たちのリア充グループで過ごす機会が増えてきたなか、友崎が時おり見せる陰キャの面影にもつぶさにリアクションをしていました。みみみの友崎に対する好感度高すぎて脳死しそう。

菊池さん超天使でした。

百竜殺しと武器屋の幼女 遺跡探索に女の子がついてくるのはなぜだろうか?

百竜殺しと武器屋の幼女 遺跡探索に女の子がついてくるのはなぜだろうか? (MF文庫J)

《あらすじ》
「また折れちまった!今月の家賃どうすればいいんだよ!」“魔獣殺し”と評判の凄腕冒険者、アーヴェイには悩みがある。魔力運用が優れすぎた結果、武器が耐えられず頻繁に壊れてしまい生活費が足りない!さらに外見が怖いせいで相棒ができずに一人、探索をする毎日だった。ある日、偶然助けた武器工房の一人娘、リリーシャ(12さい)に一目惚れされ、なぜか武器工房の用心棒を任されることに。だが、彼女たちの工房は借金で倒産寸前だった!?工房を救うべく、へっぽこ雑誌記者や天才エルフ魔法技師と魔術武器審査会で優勝を目指す。幼女の為、生活費の為アーヴェイは奮闘する!幼女同伴わくわく探索コメディ、ここに開幕!


12歳の幼女・リリーシャの危機を救った悪人面の凄腕冒険者のアーヴェイ。倒産間近の武器工房の一人娘との出会いをきっかけに、これまで一人で冒険をする日々の中で変わっていく姿と、リリーシャの周囲に降りかかる窮地を覆すサクセスストーリーが最後まで気が抜けず、予想だにしない結末を迎えていてとても面白かったです。てっきり、魔術武器審査会で優勝をする流れかと思ったのだけど……、まさかの急展開でした。

舞台は魔力を運用した武器を有する冒険者たちが神話時代の技術と英雄の遺物が眠る遺跡へと挑み、魔獣と戦いながら糧を稼いでいる世界。未知なる世界が広がる遺跡とまだ見ぬ神話時代の技術がもたらす神秘性に、現代の技術の粋を尽くした魔力武器がぶつかり合う。壮大なスケールで繰り広げられるバトルは、凄腕冒険者と名高いアーヴェイをもってしても神話時代の強敵にはギリギリの苦戦を強いられる状況に追い込まれていて、どんな展開でもってはねのけていくのか気が気ではなかったですけど、手に汗握る戦いぶりでした。
良い意味で読み手の想像を超える展開の連続でとても面白かったです。

こんな悪人面で凄腕冒険者で不愛想な主人公ですが、愛らしくて可愛くてアーヴェイにべた惚れなリリーシャの陽気さが最高の癒し。
エルフ魔法技師のエルルカや雑誌記者のファウも個性的でコミカルな立ち回りをするキャラクターで愛着がもてました。

続巻があるのなら続きが読みたいです。

前略、殺し屋カフェで働くことになりました。

前略、殺し屋カフェで働くことになりました。 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
夜の街。見てはいけないものを見てしまった高柳迅太は、そこで意識を失った。目が覚めると女の子たちが話しているのが聞こえてくる。「やっぱり殺すしかないと思うの」「でも死体の処理にもお金がかかりますし…」何やら不穏な会話だ。自分が殺されると分かった迅太は命乞いに手を尽くし、殺し屋を名乗る女の子たちの働く喫茶店のウェイターをすることに。でも、その殺し屋稼業の正体は…。クセだらけの少女たちと普通の少年が、不思議な喫茶店で社会の闇に触れるとき、物語は少しおかしな方向に動き出す。殺し屋喫茶開店です!

裏稼業・殺し屋の可愛い女の子たちが集まる喫茶店
アンダーグラウンドの世界にうっかり足を踏み込んだ高柳迅太が社会の闇を前にしていくなかで、彼の才能の片鱗が徐々に開花していき……。
尖った作品に(個人的に)定評のあるガガガ文庫がまたとんでもない作品を世に送り出したと思って読んでみましたが、殺し屋カフェに足を運ぶ同業者たちが放つ常人とは一線を画した雰囲気が作品を読んだ時のイメージ像をよりダークなものに塗りつぶしてくれて、独特の世界を楽しむことができました。かなり、個性を強調して攻めてくるタイプの作品ですね。それだけに、市場にあまねくラノベのなかでもインパクトがありました。
殺し屋喫茶にしては女子率が高く容姿も整ったキャラクターが多く配置されていたけれど、喫茶店を監督するポジションに四日市を置くことで全体のバランスもちょうどよく感じられました。

ごく平凡な高校生なはずの高柳迅太が殺し屋喫茶でウェイターとして雇われ、殺し屋稼業の一端に触れて画策する様相は、本職の殺し屋たちとの根本的な価値観と認識の齟齬に葛藤し、徐々におかしな方向に研ぎ澄まされていき、波乱の非日常を送る日々でした。そのなかで彼が変貌を遂げ、最後にはなかなかの曲者ぶりを披露してくれてとても面白い作品でした。
可能であれば、この物語の続きを読んでみたいものです。

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15 (GA文庫)

《あらすじ》
「愛しているよ。ステラ」全てが失われる間際、少年は最愛の少女に笑顔で告げた―。寧音や多々良の奮戦もあり『代表戦』の趨勢はヴァーミリオン側に大きく傾いた。もはや首魁のオル=ゴールを残すのみの戦いは、しかしまさかの“黒騎士”アイリスの裏切りにより、再び混迷に陥ってしまう。逃走を図る“傀儡王”オル=ゴールと追撃する“紅蓮の皇女”ステラ。弟を助けんとする“黒騎士”アイリス、立ちはだかる“落第騎士”黒鉄一輝。その熾烈な戦いが最終局面を迎えるとき、赤髪の少女の咆哮が戦場に響き渡る!ヴァーミリオン戦役ついに決着!別れと絆の第15巻!!

超人たちの世の理を外れた戦いの激しさは控えめに言って過去最高に熱い!!
黒騎士“アイリス”が敵勢力に加担することになったり、“傀儡王”オル=ゴールの真の能力の解放により形勢が二転三転することになったり、戦局が流動的で決着が付くまで気を抜くことのできない緊迫した雰囲気が漂うバトルで素晴らしかったです。
お互いの能力の相性もさることながら、個人の能力に応用を効かせた柔軟な戦いとさらに能力を飛躍させたときの常識外れの絶大的な力がぶつかり合っていて、最後まで局面がどう転ぶか予想がつかないのが逆に面白い。ステラがカラーイラストの部分で完膚なきまでに叩きのめされていたシーンをくりぬいたときは激しくネタバレされたと憤りを覚えたけれど、これだけ素晴らしい物語を読ませられたらもう何も言うことはないです。
落第騎士の英雄譚は今まで読んできたライトノベル全作品中最高のバトルものです。

ヴァーミリオン皇国にステラとの交際報告で来訪した件につきましては、黒鉄一輝の数々の功績で文句のつけようもありませんしステラファミリーに一輝とステラの高ぶった衝動に駆られての情事シーンを目撃される珍事件もあって完璧でした。都合により夜の一刀修羅は保留になりましたが、またいつかヤってほしいです(願望)