読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

盟約のリヴァイアサン VIII

盟約のリヴァイアサン VIII<盟約のリヴァイアサン> (MF文庫J)

《あらすじ》
「ふふふふ。どうにか我―雪風の前に立つ資格を得たようだな、春臣よ」辛くもパヴェル・ガラドを討ったハルたちの前に宿敵、雪風の姫が再び立ちはだかる。どうにか勝機を見出すための時間稼ぎに休む時間がほしいと嘯いたハルは、雪風から三日間の猶予を得る。願いを聞き入れた雪風に、アーシャ、織姫の二人と共に連れてこられたのは彼女の領土、なんと月面上だった。刻一刻とタイムリミットが迫るなか、最終決戦への切り札を模索するハルたちだったが―。シリーズ最大級のスケールにしてクライマックス!至高のドラゴン・エンタテイメント、堂々完結の第8弾!!

竜殺しの力を身に秘めた若い世代が史上最大の宿敵を目の前にして最終決戦に挑む。人類の命運を握る晴臣たちの最大級の策略と総力を尽くした敵との戦いの模様も、最後の最後まで戦いの結末が読めないハイスケールな戦いを繰り広げていて、シリーズ最大級に熱かった。

晴臣たちの戦局が二転三転して流動的に優劣が移り変わる局面が戦闘中の起伏の激しい展開の連続を演出していて、戦闘シーンの読後感と読みごたえは文句のつけようがない。そして、これまで数多くの激戦をともに潜り抜けてきたヒロインたちとの間で育んできた関係性がシリーズ最終巻にして一気に爆発して、肉感的で情熱的かつラブラブな光景が惜しみなくストーリーに組み込まれていました。イラストを担当されている仁村有志の作り上げた美少女キャラたちが、純愛路線で好意に及んでいる姿がとてつもなくエロくてたまらない。美少女キャラクターたちの晴臣に向けるアプローチやその内容も個性に富んでいて、ルナの隙あらば略奪愛を企てるスタンスも織姫や羽純の正統派清楚ヒロイン路線も、エロ方面に色濃く反映されていて素晴らしくエロかったです。

いでおろーぐ!6

いでおろーぐ!6 (電撃文庫)

《あらすじ》
リア充爆発しろ! これは、非リア充の飽くなき闘争の記録である――。
「遊園地──それは恋愛至上主義の、ひとつの結晶とでもいうべき最悪の施設なのだ!」
領家の呼びかけによりGWの遊園地に乗り込んだ反恋愛主義青年同盟部の面々。完全アウェイの状況の中で調査行動を開始するが……?
「この列車のアトラクションは絶対に怪しいよ」(神明さん)
「子供向け遊具というのは隠れ蓑かも知れません」(瀬ヶ崎)
「薄暗い室内でおさわり……」(西堀)
「スピードが速い施設に何か隠されているのでは」(天沼)
「ティ、ティーカップなんかいいんじゃないかな……」(領家)
……果たして彼らは自らの道を貫き通すことができるのか!?
さらに女児の策略により高砂は10年後の未来へ、そして何故か異世界に転生!? 話題の反恋愛活動記録、第6弾登場!

短編集でしか掲載が不可能な本編への影響を無視した超展開が満載。反恋愛主義を貫き通したときの高砂と領家のifストーリー、恋愛主義にどっぷり使って両想いのまま結ばれた高砂と領家の将来を描いたifストーリー。高校生活で迎えた人生のターニングポイントをどのように迎えるかでその後の二人の人生が両極端過ぎるほどの運命をたどっていて、凄惨な光景と胸やけがするほどにラブラブな姿が一度に押し寄せてきて表現しがたい感覚に陥る。高砂と領家の反恋愛主義青年同盟部公認バカップルの煮詰まらない関係を見ていただけに、ifストーリーで本格寝取られ非処女ヒロインと化した領家が爆誕したときはトラウマを植え付けられそうになりました。

ブコメ作品でありながら肝心の主人公とメインヒロインが「リア充爆発しろ!!」だの「反恋愛主義!!」をよりどころに活動しているというややこしさが数多くのラブコメ作品のなかでも独特のエッセンスを含んでいるため、既存のラブコメ作品の型にはまらない面白さがあります。デビュー作から勢い衰えることなう人気を博しているのも納得のいく完成度の高いラブコメ作品です。

俺を好きなのはお前だけかよ 5

f:id:murabito1104:20170522010732j:plain

《あらすじ》
最強の敵・ホースは俺を圧倒する完全上位互換キャラ。「勝負に負けた方は、二度と三色院菫子に近づかない」舞台は因縁の特異点高校野球地区大会決勝戦へと移り、『決選投票』という名のパンジー争奪戦に挑む。―どちらが、パンジーの傍にいるのに相応しいか。普通なら勝てる訳ねぇ。なぜならヤツは全てが万能で、その完璧さゆえにパンジーを『呪い』で蝕むチート主人公。だから今回も俺は『作戦』を考えた。当然とびっきり卑怯な作戦。それは、ホース取り巻きの女の子を説得して『清き一票』を奪うこと。難易度ド高めだが、やるしかねぇ―んだけど最悪なことに俺はこの勝負の直前、頼れる親友と決別しちまった。サンちゃん、俺この勝負勝てるかな…。

ここまで生き生きとした語り口をする主人公で、手を変え品を変え奇抜なシチュエーションで波乱のラブコメを巻き起こす作品はこれまでに読んだことがない! デビュー作から勢い留まることなく圧倒的な存在感を放つ電撃文庫のラブコメ作品で、間違いなくこれから先も話題作として走り抜けることは間違いない。

ブコメのはずなのにジョーロとパンジーの煮え切らない近すぎも遠すぎもしない距離感が絶妙で、学校のなかでの何気ないやり取りのワンシーンに、お互いに言葉にはしないながらも二人の関係性を端的に表現するニュアンスが含まれていて、いつもニヤニヤしながら読ませてもらってます。そして、ラブコメにおいてラブ:コメの比率も素晴らしく、ジョーロの周囲で巻き起こる恋模様にもドキドキさせられるけれど、それと同時に誰も想像しない盛大なオチで笑いを巻き起こす。もう文句のつけようがないくらいに楽しめる素晴らしいラブコメ作品でした。

ジョーロの一般的な主人公像にハマらない大胆不敵な行動にはいつも予想のつかない展開に話を運んでくれるので、読む側としても見るものが新鮮で凄く楽しめました。まだまだ終着点の見えないシリーズ作品なので、このまま行けるところまで突き進んでもらって、さらなる活躍に期待して追い続けていきたいと思います。

ライトノベル感想ブログをはじめて3年が経ちました

些細なきっかけで開設したこのライトノベル感想ブログも気がつけばこれだけ長い間続けてきたことをあらためて実感しました。

縁もあって『このライトノベルがすごい』『書店宣伝ポスター』『新刊コメント』にも使ってもらって、貴重な経験をさせていただきました。

近頃は時間が作れなかったりで更新が停滞するときもあるけれど、まだまだ止める気は一切ないのでこれからも頑張っていきたいと思います。

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!

ぼくたちのリメイク 十年前に戻ってクリエイターになろう!【電子特典付き】<ぼくたちのリメイク> (MF文庫J)

《あらすじ》
僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた!?落ちたはずの大学に受かっていて憧れの芸大ライフ、さらにはシェアハウスで男女四人の共同生活と突如、バラ色の毎日に!ここから僕の人生を作り直すんだ―後の超有名クリエイター(の卵)と共に送る新生活がいま始まる!と、意気揚々と始めてみたもののそんなにうまくはいかないみたいで…。木緒なち×えれっとの超強力タッグによる、青春リメイクストーリー!

十年前に戻って超有名クリエイターの卵である同級生たちと共に送る生活のなかで、身近な同世代のクリエイターたちが放つ暴力的な才能の片鱗と作品にかける並外れた情熱、そんな激流にさらされる主人公の心境とお互いに切磋琢磨する光景が詳細に描かれている至高のクリエイター業界ラノベ
将来は憧れの業界でクリエイターとして活躍するために芸術大学に入学する主人公たち。そんな彼らの目指す業界の専門的な知識を身に付けるための大学での講義の内容も簡易的な演出やクリエイターの心構え、ガイダンス的なものに留められているので、ストレスもなくわかりやすい内容なために読みやすかったです。
多種多様な職種が存在するクリエイター業界なだけに各分野に造詣の深いキャラクターも存在するだけに、専門性の高い要素を含んだ物語になるけれど、その点もかみ砕いて丁寧に描かれているので全く気にせず物語の世界に没頭することができました。

そんなクリエイターたちの熱い努力を描いた物語のなかにも、同じ業界人ならではの生々しい体験談(真偽は不明)がいくつか飛び交っていて、妙な生々しさが感じられる。そのため、等身大の日常を描いた主人公たちの世界のリアリティをさらに引き上げる一因になっていて、物語の世界にのめり込む面白さがある。

これまでにラノベ業界などの数々の業界ものラノベを目にしていたけれど、間違いなく五指に入る面白さがあったことは断言できる作品なので、是非読んでみてください。

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!2

だからお兄ちゃんと呼ぶなって!2 (ファミ通文庫)

《あらすじ》
今日も今日とて新妻のように尽くしてくれるかわいい妹、萌々。しかし『モモハ信ジルナ』という不穏なメモが気になり、アキは萌々の愛を受け入れきれないでいた。萌々についての記憶を取り戻そうと真咲に話を聞こうとするアキだが、なんと真咲はアイドル「世界一可愛くなりたい」の研究生!?アキと真咲の仲を妬く萌々との三角関係に委員長こと八葉さんも加わって大騒ぎの四人。そんな中、萌々に異変が―。記憶と絆を辿るドメスティックラブコメ第2巻!

記憶を失う前に自らが残した不可解なメッセージにより妹への疑いが深まるなか、ついにその真相が明らかになる最終巻。禁断の兄妹愛スレスレの超絶ラブコメにミステリアスな雰囲気を醸し出す作品で、二転三転する物語による驚きの展開の連続。一括りにラブコメといっても他の作品と比べてラブコメ以外の要素による物語のインパクトが強烈なために明確な差別化ができていて、“記憶喪失の主人公”というキャラクターが妹にまつわるミステリアスな展開との相性が抜群に良い。

妹の萌々以外のヒロインもそれぞれ個性の異なるかわいらしいヒロインが目白押しで、容姿や性格以外にも様々な肉付けがヒロインたちに為されていて、高校生主人公の日常生活を彩るメンバーとしては申し分ない活躍をしていてとても面白かったです。少なくとも近々に読んできたラブコメのなかではダントツに満足のいくクオリティの作品でした。

個人的にも太鼓判を押すおすすめの作品なので、ラブコメ作品をお求めの方は是非読んでみてください。

愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?

愛原そよぎのなやみごと 時を止める能力者にどうやったら勝てると思う? (ファミ通文庫)

《あらすじ》
「放課後、また相談してもいいかな?」
「時を止める能力者にどうやったら勝てると思う?」僕が好意を寄せるクラスメイト、愛原そよぎの“やなみごと”は僕の想像を遙かに超える独特なものだった。本気とも冗談ともつかないその相談に真剣にアドバイスを送り、彼女のなやみはどうやら解決されたようだった。僕たちの関係も進展したかに思えたのだけど、この相談がきっかけで僕は彼女のとんでもない“秘密”に近づいてしまったようで!?僕と彼女の非日常系おやなみ相談日常ラブコメ開幕!

カクヨム経由ファミ通文庫による日常青春ラブコメだったはずが、クライマックスに向かうにつれてジャンルを一変させる超展開。日々の他愛のない戯言だと思っていたセリフが、主人公の知る由もない世界の存在をほのめかすキーワードになっていたなんて誰も想像ができない。

そんな、ふとしたきっかけで好意を寄せるクラスメイトの愛原そよぎとつながりを得た主人公の平和な日常を描いたラブコメ風の世界と非日常系の世界を程よくミックスした作品になっていました。第一に思ったのは「新しいタイプのファミ通文庫作品であり新鮮味にあふれる」であり、「カクヨムから選び抜いたファミ通文庫のレーベルカラーが色濃く押し出される作品かつ安定したクオリティを持っていて、これからはどんな展開を秘めた作品を世に出していくのかが楽しみになる」そんな雰囲気を持った作品でした。