働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!4

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!4 (角川スニーカー文庫)
sneakerbunko.jp

《あらすじ》
ミリオンセラーを目指すラノベ編集者の清純は、新人賞選考で物議を醸した超問題作を担当することに。しかし打ち合わせにやって来た作者は、まさかの女子小学生!さらにひよこがそのJSに弟子入りすると言い出して―。「プライド?なんで?自分より凄い人にものを教えてもらうのに、肩書きとか年齢は関係ないよ?」かくしてJS・美門のスパルタラノベ講座が開幕…のはずが、なぜか3人で遊園地デート!?美門のドSすぎる指導&ひよこの天然すぎる回答に振り回される清純だったが、実は美門には応募作品を出版できない秘密があって…。

ラノベ編集者による新人賞選考における候補作の分析が細部にまで丁寧に肉付けがされていて、作中作に対する語りのはずなのにリアリティーがあり素晴らしかったです。一般のラノベ読者が目にすることのできない世界の出来事が清純たちを通じて描かれていて好奇心も刺激されました。ラノベ業界ラノベは、まず面白いことが大前提にあるけれど、『(真偽は不明だけど)一般人が知らない世界』が描かれているので相加効果で楽しめるから好きです。

サンダル文庫による生放送事件をきっかけに一躍時の人となりラノベ編集者清純が巷で『三股野郎』だの『爆発しろ』だのと後ろ指を指されるなか、担当作家の天花は作家としての成長の片鱗を匂わせ、ヒヨコの新作のラノベ抹殺委員会は営業からの重版が知らされ、ソレイユは裏の人格が露見してファンから煽られ……、一番吉報がないソレイユさんが不憫ですね。
とまあこんな具合で、ラノベ業界での清純の仕事ぶりを描きつつなんやかんやでフラグを乱立させているJC、JD、OLとのラブコメも良い塩梅で効いてくる素晴らしい作品です。
たまに主人公が初登場のJSに電流プレイを迫られたり、JSに踏みつけられて快楽を覚えて笑みを浮かべたりする変態的な一面はあるけれど、ラノベ編集者としての腕は確かです。都合の悪いことは難聴系主人公で聞き流す朴念仁ですが、編集者としての熱意は引くほど輝いている素晴らしい主人公です。是非とも、未読の方は読んでみてください。

イラストレーターのMika Pikazoさんのイラストは素晴らしくて大好きです。ソレイユさんが一番好きなのでモノクロ1枚目のイラストが一番好みに刺さりました。続巻で描かれるキャラクターたちのイラストも楽しみにしてます。

特殊性癖教室へようこそ2

特殊性癖教室へようこそ2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「出来る限り全ての生徒に対して、家庭訪問を行ってください」学級委員長・恭野文香から伝えられた今回の宿題―その中でも胡桃沢朝日の家はヤバかった。ビ●チを超えた未知との遭遇。圧倒されてしまう伊藤。そんな中、朝日は不出来につき、転校させると告げられ…!?大物議の末、1巻が重版に至った超問題作。過激でHな性癖エロコメディ第2巻!!

特殊性癖教室の生徒・胡桃沢朝日の家族が相当にヤバかった件。高度に発達した特殊性癖は異能バトルとなりテクノブレイクをも実現させるポテンシャルを秘めていました。即ハメ即セックスを家訓にする胡桃沢ファミリー恐るべし!!
前述のとおり、担任の伊藤が受け持つ生徒の一人である胡桃沢家への家庭訪問の際の一連の騒動を描いた物語になっていました。1巻の流れから察するに、2巻でも怒涛の勢いで生徒たちの特殊性癖をコンプリートさせるのかと思ったけれど、兼ねてからスポットを当てていた胡桃沢をフォーカスさせる展開に持っていくとは予想外でした。
しかしよくよく考えてみると、比較的に常識人の共野やドMの伏黒と同じく胡桃沢は(登場回数的な意味での)露出頻度が多いイメージがあったので、伊藤先生の周囲を固めるサブキャラクターなポジションとして考えればしっくり来ますね。
もっとも、この先往年の学園ドラマの如く生徒一人一人の家庭環境や素行を深く掘り下げていくことになったら、超ロングセラー特殊性癖エロコメディという化け物作品を爆誕させることになるので現実的ではないかなぁ。

犯罪は明るみにならなければ犯罪にならない。教室で生徒に鞭を打ちつけてドMに快楽を与えようが、女子生徒のパンツを奪って装備しようが通報されなければ牢獄にぶち込まれない。こんなカオスな世界は『のうコメ』や『パンツあたためますか』や『イックーさん』を世に送り出した角川スニーカー文庫ならではの変態ホイホイ。類は友を呼ぶの出変態作家の集まるところには変態作家が集まる因果なので、これからもドンドンアクの強い作品でラノベ界隈で存在感を放っていてほしいですね。

特殊性癖教室へようこそ2 (角川スニーカー文庫)

特殊性癖教室へようこそ2 (角川スニーカー文庫)

あんたなんかと付き合えるわけないじゃん! ムリ! ムリ! 大好き! 3

あんたなんかと付き合えるわけないじゃん! ムリ! ムリ! 大好き!  3 (HJ文庫)

《あらすじ》
自分の意志を貫き通そうとした結果、改めて周りの人たちの優しさや、小春を傷つけていた事実に気がついた悟郎。立ちはだかる現実に苦悩する悟郎に対し、小春はある提案をする。『あたしが今までできなかったこと、全部かなえて!』この言葉をきっかけに、悟郎は小春のワガママをかなえようと、女子高に潜入したり、春休みを利用して旅行へ出かけたり、小春のご両親に挨拶をしに行ったりするが―…。一途すぎる二人が紡いだ“どうしようもない青春ラブコメ”、ここに完結。

悟朗と小春の関係が周囲に知れわたり、立ちはだかる現実に打ちのめされて苦悩した場面から一変。亡くなったはずの小春と一緒に生きている現状と真正面から向き合い、これまでの騒動の全てにケリをつけ日常を取り戻すまでの軌跡が描かれていて、文句なしの読後感に満たされました。

小春の存在を悟朗以外にも認識させるために編み出したトリックで明菜たちの誤解が無事に解かれる瞬間は、悟朗の理解者が現れたことに対する安堵感と、小春との再会で話に花を咲かせるシーンが夢のような光景で感動的でした。

死んだ人間と生きている人間が共存するのはどんな事情があれ絶対にあってはいけない。しかし、現実に起きてしまったことがきっかけとなり、小春が悟朗との日常に関わっていくなかで『生きていたら当たり前に手が届く』ことに憧れてしまう。小春と悟朗の関係性も二人の一途すぎる想いの数々もこれまで散々見せつけられてただけに、小春の叶えたいワガママの数々が「叶えてやりたい!!」と共感を覚えさせるも、善悪の区別なく亡くなった人間が辿る運命をぶつけられるため、激しく感情が揺さぶられました。

何も思い残すことなく無事に消えていった小春を見送ることができ、そして無事に完結まで全ての物語を描ききれた作品を読み切ることができてとても嬉しいです。

この世界で9番目ぐらいな俺、異世界人の監視役に駆り出されました2

この世界で9番目ぐらいな俺、異世界人の監視役に駆り出されました2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
世界最強の9人が属する組織の一員・クレスは、監視対象の女勇者・マイを助けるため『正体不明』の大賢者を撃破する。そんな彼の次なる試練は―公爵令嬢からのプロポーズ!?「不本意な婚約回避の為です。で、でもクレス君さえよければその後も…」「別れたらいいんですよね、任せて下さい!」クラリスの父親に認めてもらう為、ラブラブ交換日記や手つなぎデートなど、理想の彼氏に近づく作戦『マジでクラリスに恋しましょう!』を順調にこなすクレス。しかし、浮かれるクラリスの身に魔族による策略が張り巡らされ―!?新たな災厄『〓(マキナ)』も参戦し、混沌を極める異世界監視ファンタジー第2弾!

『マジでクラリスに恋しましょう!』通称MKK作戦の決行!! 学園内でも秘密にしている公爵家令嬢との秘密の交際。「生徒会長のクラリスさんがクレスに会いに!!」「クレス君に彼女ができるなんてこの世の破滅よ!!!」。阿鼻叫喚の地獄絵図と化すクラスメイトたちの光景はクレスの監視役としての立場を忘れさせるコミカルな演出が満載でした。さすがは美少年で人気者のクレスですね。異世界から来た女勇者・マイとも既にフラグを成立させているのが彼女のリアクションから隠しきれていなくて、天然鈍感主人公の罪はとても重いです……ギルティ!!

女勇者・マイを狙った謎の勢力、そしてクラリスの身に迫る魔族たちの策略。クレスが発見した異世界に訪れた勇者に関する記述など、まだまだ多くの謎に包まれている状況。
世界最強の9人が属するクレスたちの組織も水面下で動いている状況ではあるが、敵対勢力との明確な対抗手段が取れない現状は直接の監視役であるクレスに一任されているため、対策が後手に回らざるを得ない。もっとも、敵対戦力に先手を打たれていても、ナンバーズの有する異能が盤上を途端にひっくり返すチートぶりを披露してくれるのですがww

クレスの身体に刻まれたナンバーズの刻印と彼の正体について、決して他人に明るみにしてはいけない素性を抱えての学園生活。何も知らないクラリスがクレスに恋するヒロインとして接している姿と、いつか彼の正体を知ってしまった時の心境、やがて迎えるであろうクレスとの別れ。秘密を抱えたまま学園生活を送るクレスが今後、親しいクラスメイトたちとどう向き合っていくのかが結末が気になります。

ありふれた職業で世界最強 零 2

ありふれた職業で世界最強 零 2 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
ミレディに誘われ、“解放者”の一員となったオスカーとナイズ。さらなる仲間を求め、“西の海の聖女”がいると噂される海上都市アンディカへ。そこでミレディ達は、おっとりとした見た目とは裏腹に超ドSな海賊の頭、メイルと出会う。時を同じくして、メイル率いるメルジーネ海賊団の討伐の命を受けた、聖光教会最強の騎士団長ラウス・バーンも動き出し―!?「ピーピー声を上げて、まるで豚のようね?」さまざまな勢力が一堂に会した海上都市で、三つ巴となった神代の戦いがいま、始まる。―『ありふれた職業で世界最強』外伝、待望の第2巻!

本編でハジメたちが神代魔法を習得する以前の世界。解放者のリーダーであるミレディがオスカー、ナイズに続きメイルと出会い聖光教会最強の騎士団長にして神代魔法の使い手ラウスとの戦いを描いた第2巻。神代魔法の規格外なスケールは本編で散々見せつけられてきたけど、ミレディさんの水平ドロップキックがナチュラルに神代魔法を駆使した物理攻撃だったり、オスカーの眼鏡が段々と高性能化してきて“眼鏡がオスカーの本体”なんて揶揄されるのもうなずけたり、所々にキャラクターに遊び心を加えてコミカルに表現しているところが面白い。
なにせ、オスカーの眼鏡からはビーム光撃が放たれるし、視認できないスピードで動く敵は自動追尾でアシストしてくるし、ついてに超望遠レンズ機能も搭載しているし、神代魔法が変なところで技術革命を起こしてますよ。“眼鏡が本体”なオスカーさんはとある事情により「鬼畜メガネ!!」なんて呼び名を付けられますが、本体が眼鏡なのだからこれはもうしょうがい。神代魔法の影響で眼鏡が性能を発揮しすぎて、無駄に眼鏡に注目がいく弊害ですね。

ミレディの仲間に加わったオスカーとナイズが今まではミレディに解放者に勧誘される立場から仲間に加わったことによって起こった弊害がひとつ。ミレディさんの自然な流れで煽り属性攻撃を放ってくるのでとにかくウザい。敵味方問わず煽ってくるから余計にたちが悪い。知的美青年なオスカーが頻繁に切れてくれることで世論を代弁して天誅を下してくれるので、始まったときはショートコントだと思って楽しむのがいっそういいです。


ありふれた職業で世界最強 零 2 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 零 2 (オーバーラップ文庫)

理想のヒモ生活 11

理想のヒモ生活 11 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
アウラはかねてから検討していた「宰相」と「元帥」の役職を置き、宰相にレガラド子爵フィデルを、そして元帥にプジョルを任命した。アウラの国務の負担が減ることは喜ばしくもあったが、それは同時に、望まない方向に国が進みかねない危険性も孕んでいた。さらに、双王国の対応から北大陸への懸念を抱いたアウラは、フレア姫に同行する形で、ウップサーラ王国を訪問して欲しいと善治郎に告げる。しかし、木造帆船で数ヶ月にも及ぶ危険な航海に出ることは、善治郎にとって受け入れがたい話。そこでアウラは、少しでも安全な航海にするために、なんと『瞬間移動』の魔道具を作ってもらおうと提案するのだった。
シリーズ累計80万部突破! 待望の第二子誕生! 善治郎の北大陸行き!? ビー玉量産化も遂に始動? 波乱の第11弾が登場!

“黄金の木の葉号”に“真水化”と“凪の海”の魔道具を備えることができ、フレア姫のウップサーラ王国までの船旅の危険度が大幅に減少させることが遂に達成。ここまで紆余曲折あったけど『善治郎がウップサーラ王国に訪問』というわかりやすい形で大きく場面が展開し始めたことには強い読後感が与えられました。双王国へも度々訪れたり、側室候補としてルクレツィアの加勢が止まらずに重大な局面に突入することなったり、国家事業のビー玉作成に成功の兆しが見えてきたり、同時進行で様々なことが行われています。これには『理想のヒモ生活』という作品が積み重ねてきた物語が育まれていること、そしてビー玉作成にいたってはカーヴア王国や双王国をはじめ世界に変革をもたらすことを考えると、ファンにとっては今後の展開を楽しみにさせるたまらない内容です。
ビー玉の存在により付与魔法による魔道具の作成が大幅に短縮され簡易的に魔道具作成が行われることになり、世間への魔道具の流通も加速する未来もありうるのでは……
さらには、魔道具の軍事利用、血統魔法を有する王国によるパワーバランスの均衡の崩壊。いろいろな展開が予想される事柄なだけに魅力的です。

ウップサーラ王国との距離は海を隔てて数か月にも及び渡航には命の危険も伴うとのこと。善治郎の血統魔法のひとつ『瞬間移動』を活用すれば、一度訪れた異国の地に自由に移動することができるため、フレア姫との航海が成功した後のウップサーラ王国とカーヴア王国の国交がどのような方向性で固まることになるのかも期待です。
それと凄く個人的にフレア姫と子作りしている描写が見てみたいです。


理想のヒモ生活 11 (ヒーロー文庫)

理想のヒモ生活 11 (ヒーロー文庫)

理想のヒモ生活 11

理想のヒモ生活 11 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
アウラはかねてから検討していた「宰相」と「元帥」の役職を置き、宰相にレガラド子爵フィデルを、そして元帥にプジョルを任命した。アウラの国務の負担が減ることは喜ばしくもあったが、それは同時に、望まない方向に国が進みかねない危険性も孕んでいた。さらに、双王国の対応から北大陸への懸念を抱いたアウラは、フレア姫に同行する形で、ウップサーラ王国を訪問して欲しいと善治郎に告げる。しかし、木造帆船で数ヶ月にも及ぶ危険な航海に出ることは、善治郎にとって受け入れがたい話。そこでアウラは、少しでも安全な航海にするために、なんと『瞬間移動』の魔道具を作ってもらおうと提案するのだった。
シリーズ累計80万部突破! 待望の第二子誕生! 善治郎の北大陸行き!? ビー玉量産化も遂に始動? 波乱の第11弾が登場!

“黄金の木の葉号”に“真水化”と“凪の海”の魔道具を備えることができ、フレア姫のウップサーラ王国までの船旅の危険度が大幅に減少させることが遂に達成。ここまで紆余曲折あったけど『善治郎がウップサーラ王国に訪問』というわかりやすい形で大きく場面が展開し始めたことには強い読後感が与えられました。双王国へも度々訪れたり、側室候補としてルクレツィアの加勢が止まらずに重大な局面に突入することなったり、国家事業のビー玉作成に成功の兆しが見えてきたり、同時進行で様々なことが行われています。これには『理想のヒモ生活』という作品が積み重ねてきた物語が育まれていること、そしてビー玉作成にいたってはカーヴア王国や双王国をはじめ世界に変革をもたらすことを考えると、ファンにとっては今後の展開を楽しみにさせるたまらない内容です。

ウップサーラ王国との距離は海を隔てて数か月にも及び渡航には命の危険も伴うとのこと。善治郎の血統魔法のひとつ『瞬間移動』を活用すれば、一度訪れた異国の地に自由に移動することができるため、フレア姫との航海が成功した後のウップサーラ王国とカーヴア王国の国交がどのような方向性で固まることになるのかも期待です。
それと凄く個人的にフレア姫と子作りしている描写が見てみたいです。