読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者 15

講談社ラノベ文庫 ラノベ

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者15 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
謎の『穴』で日本とつながってしまったファンタジー世界の『神聖エルダント帝国』と敵対しているバハイラム王国で、天変地異が連続して起き始める。バハイラムの軍人・アマテナとクラーラは、そんな異変の只中で、ミュセルの母親・ファルメルと会い、彼女が『先見』、一種の預言能力を発動するところに立ち会う。預言はなんと「シンイチが来れば!この事態は収まります!」というものだった。かくして、オタク文化交易会社“アミュテック”の総支配人・加納慎一と毎度おなじみのメンバーは、またしてもバハイラムへと赴くことに。ただ、今回はマジでファンタジー世界全体の命運がヤバそう!!

オタク文化交易会社“アミュテック”によるエルダント帝国と日本の文化交流も長期シリーズ作品の軌道に乗り、世界の天変地異、異世界へと続く門の秘密、ミュセルやペトラルカとの恋の行方も詰めに入ってきて、着々と結末に向かいつつある流れ。
加納慎一への好意の行く末も、ミュセルたちの包み隠さないアプローチを仕掛けるのを境に、可愛さにもよりいっそう拍車がかかってきていて微笑ましいものを見る目になる。それを肴に茶々を入れてくるヒカルさんと美埜里の中立ポジションのキャラクターが「ハーレムクソ野郎、いっそのこと一夫多妻制に行きやがれ!」をアシストしている雰囲気もあって、この落としどころの見えないラブコメがさらに楽しめてくる。
日本ならいざしらず、異世界の文化に従えば成人年齢も引き下げられて一夫多妻制も認められる。うん、これは異世界に永久移住が一番のハッピーエンドになりそうな予感。
エルダント帝国と日本にまつわる予想外な展開に突入してきて、この先のストーリーがどういう方向に進んでいくのかが楽しみです。

ウロボロス・レコード 3

ヒーロー文庫 ラノベ

ウロボロス・レコード3 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
「残念だけど、僕にも出来ることと出来ないことがあるんだよね」。絶望の中で救いを求める少年に対し、錬金術師トゥリウスは宣告する。大陸東方の樹海の奥。そこにはエルフたちの小さな隠れ里が、凶悪な魔物や欲深い冒険者から逃れるようにして、ひっそりと存在していた。ある日、男勝りなエルフの少女バーチェは、里の掟を破り単身で狩りに赴く。しかし彼女は、迂闊に獲物を深追いしたことで、強力な魔物サイクロプスに遭遇してしまった。絶体絶命の窮地に陥るバーチェ。あわやというところで彼女を救ったのは、ドライと名乗る謎の女ダークエルフだった。その日を境に、彼女を取り巻く環境は一変するのだが―。
ヤバさ100倍! 読めばヤミツキの大人気ダークファンタジー。狂気の天才が示す残酷すぎる解決法とは…! ?

錬金術師トゥリウスの狂気の研究とエルフの隠れ里に下した非道な行いの数々が「これが、本当に主人公のやることか!?」と、異を唱えたくなる。ダークファンタジーと銘を打ってるけれど、エルフの村を蹂躙していく様は「王道ならここでエルフたちに救いの手を差し伸べる主人公が……、あれ? こない……、あっ、殺され……」トゥリウスの研究の前には情け容赦ない。これがトゥリウスサイドの人間たちの視点ならまだしも、エルフの里に悲劇が訪れるまでの日常の光景がエルフサイドをメインに書きだされているから、胸糞の悪さと絶望感がえげつない。
トゥリウスの目標である永遠の命を突き詰めていく研究に大きな変化の兆しも見えてきて、彼の領地経営に対して暗躍する勢力が動き出してますますの盛り上がり。
トゥリウスの陣営の人材と戦力の質と量、彼の洗脳技術がどんな敵も力でねじ伏せていくので、サクサクと進むストーリーと残酷描写のダブルが同時にガンガンと押し寄せてきて、思わず一気読みしてしまいました。

夜空ノ一振リ

講談社ラノベ文庫 ラノベ オススメ

夜空ノ一振リ (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
黒野刀禍は異世界から現れる妖怪たちを討伐する“剣士”に憧れるが、試験に落ちまくっている落ちこぼれ。またも試験に落ちた刀禍の前に、奇妙な少女が現れる。彼女は夜空と名乗り自らを“最強の精霊”だと話す。力を持った精霊と契約すればその特別な力を使い戦うことができる。夜空は最弱の刀禍に使われることで、自分の強さを証明したいと契約を迫ってきた。最弱と言われプライドを傷つけられた刀禍も、精霊の力を得れば自分も剣士になれるのではと期待したが。彼女は精霊としての力は何も持っていない、いわば精霊の落ちこぼれだったのだ。落ちこぼれコンビが誕生し、数々の強敵を迎える事になるが?

第4回ラノベチャレンジカップ“佳作”受賞作
最弱×最強を題材にした作品のなかでも、最弱の剣士である主人公が最強の剣技を身に着けた精霊と契約を交わして戦いを繰り返すことで、自然と精霊の剣技が体に染みついていく。バトル描写もシンプルな近接戦闘がメインになっているだけに、敵に勝利するための戦局の詰め方も体捌きや剣技に華があって見応えが抜群。バトルだけを抽出しても、文字通り“最弱の剣士”であった黒野が夜空を振るって戦い抜いていくなかで、これまでの自分とは別次元の世界の戦いを経験していき、新たな境地に一歩足を踏み入れたときは思わず熱くなる。

受賞作という形で1冊のなかで綺麗に納まるストーリーになっていたけれど、ここまでバトルを熱く楽しませてくれる作品は貴重だと思うので、この作品の続編がもし出るとしたら間違いなく購入して真っ先に読みたいですね。これからの活躍が凄く楽しみ。

転生少女の履歴書 2

ヒーロー文庫 ラノベ

転生少女の履歴書 2 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
伯爵家の養女に迎えられたリョウは、貴族の学校へ入学する。学校では、昔小間使いとして仕えていたレインフォレスト伯爵家の兄弟カイン・アランと再会。二人との再会を喜ぶも、子分でもあるアランがリョウを心配しすぎるが故に様子がおかしいことに頭を悩ませ、リョウは一計を案じる。一方、学校に入学したからには、友達を作りたいと意気込むリョウ。しかし、特殊な境遇で入学していることで周りの生徒からは警戒され、リョウと関わろうとする女生徒はごく少数だった―。
今度は伯爵家の養女に! 元・貧農&小間使い&山賊の使い走りが、貴族の学校で大暴れ! ?

貧困にあえぐ農村に生まれ、魔法使いを有する伯爵家の小間使いとして雇われ、道中で山賊に拉致されて仲間になる……、リョウの幼少期の凄まじい経歴をもじった作品『転生少女の履歴書』は同年代の様々な身分の人間と交友関係が広がることで、転生者・リョウの常識にはまらない価値観が学園生活のなかで顕著に表れる場面が多々あって面白かった。

元々が異世界転生者なだけに年齢にそぐわない思慮深さと豊富な知識を兼ね備え妙に世慣れをしている点もあり、学園主席入学を果たすだけのスペックの高さをもっているけれど、コミュニケーション能力の方面に欠陥があるみたい。学園内でたびたび他のご令嬢とトラブルを起こしたり、身近な交友関係で波風をたてていたりして、もうちょっと他人の感情をくみ取る能力を身に着けようよ……と、思わされることもしばしば。
そんなんだからアランの思春期男子の露骨な態度を表面的にしか汲み取れないんだよ。女の子主人公だから永遠とアラン君のツンデレなアプローチを見せつけられて誰得だよ。

もともとこの作品は1巻の書籍版を読んで(web版未読)かなり気に入っていた作品だったので2巻も迷わず買ったけれど、全部読み切った印象としては1巻に劣らず安定して楽しめました。異世界転生ファンタジー+日常パート多めなタイプの作品で、キャラクター同士の絡みや交友関係の広がることで新たな展開がドンドン生まれて、リョウの周囲の状況がドンドン変化していく光景を味わうことができてスムーズに読み進めることができました。次巻も楽しみです。

クソゲー・オンライン(仮) 「運営は全員逃げたけどなんの問題もないわ!」

MF文庫J ラノベ

クソゲー・オンライン(仮) 「運営は全員逃げたけどなんの問題もないわ!」 (MF文庫J)

《あらすじ》
全255層のフロア攻略型VRMMO“ソード&マジック・オンライン”には恐るべき秘密が隠されていた。第2層以降が未実装なのだ。あと運営は全員逃げた。「どーすんのこれ!?」「今から作る!」「もう第1層が攻略寸前なんだけど!?」「問題ないわ、1層のラストダンジョンで皆殺しにするから!」ほかにも剣と魔法の世界のくせに魔法はないわ、ゴールド無限増殖バグで経済崩壊してるわ、このクソゲー世界は想像の遙か斜め下を行く。それでもこんなゲームを楽しむ仲間がいる。だから少年ササラキは世界崩壊(サービス終了)を防ぐため、デバッグルームにいた謎の少女・アリスとクソゲー世界の運営を始めるのだが…?VRクソゲー運営ラブコメ!!

クソゲークソゲーと知っていて新規プレイヤーになるならまだしも、リリース直後で意気揚々とプレイしたら実はバグだらけのクソゲーでしただったら絶対にプレイしたくない!
低確率ドロップアイテムの最強武器がアイテム所持数制限オーバーでロストするバグなんて、リアルで直面したら憤死してアンインストールするレベル。そんな超ド級のクソバグからよくありそうな処理落ちバグやらも大量に登場。昔のゲームをプレイしていたらある程度体験していそうなケースも多々あって、何故か少し共感ができてしまう。詰まるところ、高度なグラフィックと多種多様なシステムが備わったゲームのなかで、これだけ不快指数がたまること間違いないバグに直面することが日常と化していたら絶対にプレイしたくない。絶対にプレイしたくない。運営サイドのさじ加減でアバターが爆発四散DEATHさせられるクソゲーなんてまっぴらごめんだ。

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 1自宅ごと異世界に転移してた〈下〉

オーバーラップ文庫 ラノベ

10年ごしの引きニートを辞めて外出したら 1自宅ごと異世界に転移してた〈下〉 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
10年ぶりに家の敷地から出た北条雄二は焦っていた。訳も分からぬまま、家ごと異世界にやってきて暫くの事。衣食住にネット環境まで整うユージの快適異世界生活は順風満帆に思えた。しかし、このライフラインはいつ使えなくなるかも分からない…しかも消耗品には限りもある。そして辿り着いた結論―ユージ、ヨーコ、アリス、コタローは川沿いを南下し、人里を探すべく森の探索を進めていたのだ。そして間もなく事件は起きた。一緒に暮らすようになったアリスが、目を離した隙に何者かに連れ去られてしまう。アリスを助けるべく向かった先にいたのは、皮鎧姿の女騎士と、猫の姿の獣人―二人の自称冒険者で!?
引きこもり――「家」を出て異世界交流へ! !
異世界なのに「電気」「ガス」「水道」「ネット」何でもありの@ホームコメディ、第2巻!

異世界転移ファンタジー系作品のなかでも自宅ごとごっそり転移に巻き込まれて、生活インフラ完備・インターネット環境盤石。異世界での体験談と小ネタをスレを建てて投稿し、有能なクソニート連中のアドバイスをもとにスムーズに異世界での行動方針が定まっていくところがちょっと斬新。何か長所を備えたニートたちが面白おかしくスレに張り付いているおかげで驚異のレスポンスの速さでアドバイスが投稿(大半がにぎやかしクソニート)。
異世界転移系作品において、現地での生活基盤を整えるためにとる行動のひとつに現代文明の技術を持ち込むケースがよくあるけれど、それをひとつをとってもスレに集まる住人たちの介入で『10年ごしの引きニート(以下略』でしか味わえない異世界転移ファンタジーの面白さがあって読んでいてすごく楽しかったです。

異世界で訪れたはじめての人里での冒険者登録と領主への開拓民の申請、異世界に転移した自宅に施された結界、異世界転移者=稀人の呼び名から見える日本への帰還の可能性。まだまだ手探りの異世界探索も進めば進むほど新たな問題に直面していくし、敵を倒すごとに飛躍的に強くなるユウジたちにいったいどんな秘密が隠されているのやら。気になることが多すぎて次の新刊が楽しみですね。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 6

ラノベ ファンタジア文庫

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (6) (ファンタジア文庫)

≪あらすじ≫
「グレン君。キミ、クビね」「えっ?」
講師として頑張ることを決意した矢先の解雇宣告。クビを回避するには自腹での古代遺跡の調査が必要で……金欠のグレンが思いついた手段は……「お前らはもっと世界を知るべきだ!」生徒を利用するという相変わらずロクでもない方法で!?
「私にお手伝いさせてください」 天使ルミアの厚意で生徒たちの協力を得られたグレンだったが……「私もついていってやるよ、グレン」 なぜかセリカも同行することに!?
「絶対、何かロクでもないこと企んでやがる……ッ!」遺跡に眠る世界の深淵に触れた時、家族の絆が試される!!

遺跡に眠る世界の深淵の先に隠された真実と強敵との邂逅が、シリーズ最高峰の強敵と絶望的な窮地に陥ることになっていて目が離せなかった! これまでのグレンたちの戦いを振り返っても、激戦に次ぐ激戦で死力を尽くした魔術バトルを繰り広げてきたけれど、この強敵は死力を尽くしても一縷の望みにかけて勝利への勝ち筋を見つけなければいけないまさにギリギリの戦いでした。それだけに、戦局を有利に運ぶための武器と情報を駆使した一度限りの作戦が大いに振るわれる死闘になっていて読み応えは抜群。

グレンのロクでなしキャラにはじまってシスティーナ、ルミア、リィエルなどのいつものメンバーとのなれ合いも含ませつつ、これまでグレイい以外の人間とあまり接点のなかったセリカがグレンの旅に同行するとあって珍しい掛け合いを楽しむこともできて、最高の1冊でした。