働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

クラスメイトが使い魔になりまして

クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)

《あらすじ》
クラスの美少女を侍らせてみたい。誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。え、羨ましい?まじか、じゃあ譲ってやるよ。まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。それでもいいならぜひ引き取って…あ、うそ!許して、藤原さ―この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー…らしい。

魔術師の名門出身でクラスの美少女をひょんなきっかけで使い魔にして主従関係がスタート。
オンリーワンな持ち味のある作品ではないですがラブコメ、学園ファンタジーなどの要素がバランスよく含まれた物語で、小学館ライトノベル大賞を潜り抜けた確かな実力で綴られた作品で最高に面白かったです。
クラスの美少女を使い魔として使役するシチュエーションは思春期の男女にとって情欲を掻き立てられてもしょうがない状況だと思います。ひょんなことでラッキースケベ的な展開が訪れても免罪符が突き付けられるので、合法的に破廉恥な展開が楽しめますね。ただぶっちゃけ、使い魔にされた藤原千影の肉親から殺意のこもった魔術が全力で解き放たれてもおかしくないと思います。

他にもサキュバスを使い魔にしていて主人公と親しい平野旭や幼馴染みの近衛美砂などの魅力的な女の子も登場してきて、キャラクターの好みが少なからずわかれそうです。
幼馴染みはそのポジションから主人公との出会いに関するエピソードが全くなくても、現在の関係性から好意の大小や恋愛感情の有無はある程度伺えるのが強いキャラクターだと思います。
一方で、クラスメイトの平野旭に関しては主人公への好意は表面に現れているもの、目立ったエピソードは描かれていませんでした。キャラクター的にも癒し系で、使い魔のサキュバスがうっかりご主人様の恋事情をお漏らししており、個人的にも一連の騒動を通じて孤立無援になった主人公を支えようとするスタンスが愛らしくて一番好きなキャラクターでした。

ガガガ文庫の受賞作の中でも期待がもてる新作であり、ひとりのラノベ読みとしても推薦したい王道の作品です。

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫 ひ 5-1)

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫 ひ 5-1)

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫)

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫)

リベリオ・マキナ2 ―《白檀式》文月の嫉妬心―

リベリオ・マキナ2 ―《白檀式》文月の嫉妬心― (電撃文庫)

《あらすじ》
ヴァンパイア革命軍による虐殺テロ騒動から三週間―水無月の活躍で共和国に平穏が戻ったかに思われたが、カノンやリタの期待に反し、国内では吸血鬼に対する排斥運動が急速に拡大していた。両種族の決裂を防ぐため、そして白檀博士の無実の罪を晴らすため、先の睦月との戦闘で明らかになった“(白檀式)の人工頭脳”に組み込まれた“吸血鬼の脳”の真相を探る水無月たち。ところがそんな彼らの元に突如、世界最大のオートマタメーカーCEOが現れて…。カノンの宣戦布告と共に、吸血鬼王女と絡繰騎士の最強タッグが動き出す、正義と反抗のバトル・ファンタジー第2巻!!

dengekibunko.jp

対吸血鬼戦闘用オートマタ“白檀式”水無月 VS 世界最大のオートマタメーカー。
白檀式のコンセプトと相反する開発理念により製作されたオートマタの到達点と製作者の想いがぶつかり合い、熱い議論とオートマタの神秘を突き詰めた展開が魅力的でした。

白檀式によって誕生した水無月が個としての意志をもって行動を決定することで人間とほとんど遜色のない生活を送り、そんな水無月を引き連れて共に生活をするカノンとの平穏なやり取りにはとても和みます。
もっとも、人間らしいオートマタが機械的にコミュニケーションをとるせいで、カノンやリタの繊細な乙女心を逆なでする光景が、天然の鈍感系主人公を装っていてある意味で奇跡的な主人公だと思います。人間の言語的コミュニケーションはスムーズに取れても、本音と建て前や言葉のニュアンスを読み解く非言語的コミュニケーションは壊滅的だから起きた事故です。口絵のワンカットを含め、今作でも随所に水無月の無神経な言動に翻弄されるカノンたちの光景が収められていて、彼女たちの感情が激しく揺さぶられたときのリアクションがツボです。

吸血鬼排斥運動が急速に活発化をはじめ、水無月たちの周囲の環境も容赦なく動き出すなか、果たして今後の行く末は?
白檀の性を秘匿して生活をするカノン、自らがオートマタである事実を秘匿する水無月。彼女たちの正体が明るみに出たときどうなるのか。新刊がとても楽しみです。

幼なじみが絶対に負けないラブコメ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

《あらすじ》
幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。…でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる!普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺だけに笑顔で会話してくれるんだぜ!これもう完全に脈アリでしょ!ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!?俺の初恋だったのに…。失意に沈む俺に黒羽が囁く―そんなに辛いなら、復讐しよう?最高の復讐をしてあげようよ―と。

dengekibunko.jp


久々に傑作とも呼べる学園ラブコメを目にしました。
『丸末晴:初恋のクラスメイトに告白する前に彼氏ができたと聞く(失恋)』『志田黒羽:主人公に好意をもつ幼なじみ。告白するもフラれる(失恋)』。失恋界隈が大盛況ですねw
これまでに読んできた学園ラブコメの定石からシチュエーションがかけ離れ過ぎていて物語の序盤から引き込まれました。

失恋のショックで意気消沈している主人公に幼なじみがかける悪魔の囁き……、“復讐しよう”。
いやいやいやいや、『可知白草に彼氏がいる』『彼氏とは親同士も仲が良い』とかそんな裏付けができているならそこは素直に気持ちを切り替えましょうよ!!
青春を謳歌する若気の至りか知りませんけど、発想が予想の斜め上を行き過ぎてサイコパス
むしろ黒羽は末晴の初恋が失恋に終わったのならガンガンアプローチを仕掛けて振り向かせるべきでしょうが。いくら末晴に未練が残っていようが、そこは刺激しないでストレートな恋心に貪欲に挑んでいこうぜ。
これじゃ黒羽は理解ある幼なじみを演じすぎて損な役回りになってますよ。

幼なじみの特権で家族的な距離感で普段から接しているし、異性の自宅にもナチュラルにやってきて二人きりになれるし、ラブをぶつけて泥沼の甘々なラブコメ展開も全然イケる状況だったけど、可知白草への復讐が進むにつれて、『下校途中、俺だけに笑顔で会話してくれるんだぜ!これもう完全に脈アリでしょ!』が恋に盲目な男子高校生の妄想ではないと発覚してからは怒涛の修羅場が押し寄せてきてました。
真相に近づくにつれて“復讐”に始まった学園ラブコメの様相が徐々に変貌していき、クライマックスには見事にタイトルを回収していく結末に震えました。
たしかに、『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』でした。“負けない”だけであり“勝ってはいない”です。超重要です。ぶっちゃけ、誰もハッピーにならずにトリプルノックダウンする学園ラブコメは草しか生えないです。

イラストを担当されたしぐれういさん。表紙イラストの構図には一目で引き付けられるくらいに最高でした。他にも口絵で黒羽と白草が幼なじみVS初恋で視線でバチバチやりあってるところが逆に末晴にベタ惚れな雰囲気が感じられて可愛かったです。とても素晴らしいイラストでした。

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

聖剣学院の魔剣使い

聖剣学院の魔剣使い (MF文庫J)

《あらすじ》
最強の魔王レオニスは、来たるべき決戦に備え自らの存在を封印した。だが、1000年の時を超えて目覚めたとき、彼はなんと10歳の少年の姿に戻っていた!「なんでだ!?」「君、どうしてここに閉じ込められていたの?もう大丈夫よ。お姉さんが守ってあげる」。“聖剣学院”に所属する美少女リーセリアに保護されたレオニスは、変わり果てた世界に愕然。未知なる敵“ヴォイド”、“第〇七戦術都市”、武器の形をとる異能の力―“聖剣”。聞き慣れない言葉に戸惑いつつも、彼は“聖剣学院”に入学することに。魔術の失われた未来世界で、最強魔王と美少女たちの織りなす聖剣と魔剣の学園ソード・ファンタジーが幕を開ける!

『精霊使いの剣舞』を彷彿とさせる長編学園ファンタジーの幕開け。
魔王レオニスが1000年後の世界で目覚めたときに変わり果てた世界の謎。魔術の失われた世界が生み出した聖剣の存在。
深く掘り下げられそうな世界観がポツポツと描かれていて、ここから魔王レオニスの目線で1000年後の謎をひも解いていくことで全ての要素が繋がっていくような雰囲気でした。
これはもう、長編作品としてじっくり物語を創り上げてくることでより面白さが伝わってくることは間違いないですね!!

現段階でレオニスの正体を知る人間は眷属となったリーセリアのみであり、彼女のメイドのレギーナやエルフィーネ、咲耶などの関わりの深いキャラクターたちはまだ『10歳の少年聖剣使い』程度の認識みたいです。そのために、おねショタでエロい展開に突入する機会もしばしばあるのですが、実年齢を知らないゆえに蠱惑的なエロ要素も強かったです。レオニスの実年齢を知らないがゆえのエロい展開でしたけれど、10歳の少年の外見に似合わず中身のほうはしっかりと反応しているので余計にエロいです。遠坂あさぎ神の美少女キャラクターが可愛すぎてたまらないです。

レオニスたち主要な登場キャラクターを俯瞰すると男女比の構成に既視感がありますね。キャラクターのイラストもきっちりカラーで描かれているし、聖剣学院に在籍する聖剣使いたちが小隊を組んでクエストに挑む構成的に今後の展開で繋がりができる可能性も大きいです。この調子で『夜の魔王カゼハヤ・カミト』を超える本物の魔王としてハーレムを形成して最高のラブコメ展開をもたらしてくれることに期待してます。
遠坂あさぎ神の可愛いキャラクターたちに最大の感謝をっ!(配布されているアイコン画像も使わせていただいています)

あまのじゃくな氷室さん5 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

あまのじゃくな氷室さん5 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

《あらすじ》
待ちに待った学園祭が開幕!愛斗は約束通り、学園祭限定カノジョとなった涼葉と一緒に学園祭を過ごす。一方、涼葉が模擬店のシフト中に、ここぞとばかりに雅がアタックしてきたり、遊びに来た愛斗の母親が涼葉の前に立ちふさがったりと、涼葉と学園祭を楽しむには一筋縄ではいかなかった。だが、成長した涼葉も負けずに、立ちふさがる愛斗の母親に「私が彼を慕う気持ちは永久に変わりません!」と真っ直ぐにぶつけた。そんな一波乱があった学園祭直後、なんと愛斗は母親が入院することになり急遽一人暮らしに。そこへ、これはチャンスとばかりに涼葉と雅が押しかけて―!MF文庫Jが贈る、捻れ系青春ラブコメ最終巻!

最終巻に展開を詰め込み過ぎて駆け足になった感じは否めないですが、スパッと結末まで書ききれたことに対してひとりのファンとして感謝したいです。
当初は田島愛斗×氷室涼葉の学園ラブコメに始まりサブヒロインに砂城雅の関係性でしたけど、徐々に雅のなかの恋愛感情が育まれていき愛斗に対する好意をハッキリと自覚してからの猛アプローチが健気で可愛くてしょうがなかったです。ダブルヒロインの学園ラブコメにまで進化していて、涼葉も雅もどちらが愛斗の恋人に選ばれても文句のつけようのないくらいにキャラメイクがされていて素晴らしかったです。
雅に関してはランラから子どもを授かる将来像について言及されていましたし、元々がサブヒロインとは思えないくらいに存在感とエピソードに恵まれたキャラクターでした。各キャラクターの一人称視点で描かれているときの思春期らしい喜怒哀楽に富んだ心理描写もキャラクターを魅力的に見せるラブコメ展開によりふんだんに描かれていて、とても心地の良く楽しむことができました。

うなさかさんがイラストを担当された作品を読むのはおそらくこれがはじめてだとは思いますが、自分の好みのイラストをツボにはまるのでこれからも担当される作品があれば追っていきたいと思います。
たまに登場する涼葉のSDキャラが妙にハマったのと、モノクロの挿絵がカラーにも見劣りしないクオリティーで挿絵になるシーンをどんな構図とキャラクターで描いてくれているのか、ページをめくるのが楽しく感じられました。

新人賞受賞でデビューに始まり、このラノにもランクインして最終巻まで走破したとても恵まれた作品だと思いますので、興味のある人は是非手に取ってみてください。ひとりのラノベ読みとして面白さは保証します。
次回作も楽しみにしたいと思います。

素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか?

素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか? (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
「妹のブ、ブ、ブラ持ってニヤニヤしないでよ、へんたい!」俺と妹・二美の日常はだいたいいつもこんな感じだ。昔は一緒にゲームしたりと仲も良かったんだが、いわゆる思春期的なころから気まずい関係が続いていた。なかなか解決策もないまま趣味のネトゲに没頭する毎日な俺。それでも、ゲームを通じて学年一の美少女・真木穂乃香と仲良くなれたし、ゲーム内でもライバルギルドのマスターにして超絶ブラコンなヴィオレットをはじめとする、愉快な仲間たちと楽しく過ごせている。それがせめてもの救いか……と思っていたら。ある日、俺はヴィオレットのプレイヤーの正体を知ってしまい……!? 素直になれないポンコツ妹との学園ラブコメ

昔は仲が良かった兄妹が思春期に入って気まずい関係が続いていたところに、ゲームを通じた出会いでお互いのリアルが割れる羽目に……。
まさか一緒にプレイしていたのが実の兄で、超絶ブラコンなことが本人にバレて、リアルでそれを本人に真顔で問い詰められる妹が爆誕する展開が生まれるなんて。黒歴史と一生のトラウマが植え付けられる心情がむず痒いほどに共感できますねww
それでいて、妹・ニ美の同性のクラスメイト達が年を重ねて大人に近づくにつれてゲームという娯楽から離れていくなかで、他人となかなか共有できない趣味に興じる孤独な環境と人間関係を築いている姿がしっかりと描かれていて良いと思いました。

しかしながら、学園ラブコメにしては妹に比重がやや傾いていて他のゲーム仲間の高槻裕子や真木穂乃花とのイベントがやや薄味に感じるし、VRゲームにしても終盤のギルドメメンバーの過半数が一気に脱退して崩壊の危機に瀕したわりには、動機づけが弱くて当人たちが何をしたかったのかイマイチわからなかったです。仮に廃人ゲーマーたちがギルド運営に不満を抱いていたとしても、あそこは脱退よりもギルドマスターに対する下剋上が最善の選択ではないですかね。もっとも、ギルド単位で関わるゲームをプレイした経験は限りなくゼロなのでわかりませんが、ちょっと展開がしっくりとこなかったです。

14歳とイラストレーター7

14歳とイラストレーター ライトノベル 1-7巻セット

《あらすじ》
「せんせ、あたしとVチューバーやろ?返事はYESだけ♪」イラストレーターを目指す乃ノ香の好敵手になるかと思いきや、海老名水織は謎の行動に出る。バ美肉ってなんだ―と首をかしげる悠斗だった。一方、倉山錦は会社が倒産!?白砂は連絡途絶なマリィの自宅を訪ね、そこである重大事に気付き!?さらに、ナスに忍び寄る新たな影が…悠斗は今度こそ、彼女の恋人を演じきれるのか!?超過密日程なのに意外と遊んでて大丈夫なのか!?希望と現実、そして欲望に振り回される、イラストレーターのガチな日常を大公開な、第7弾!


つい先日、ゲーム部プロジェクトのブラックな体質が拡散され大炎上して一時期動画投稿が休止したこともありましたので、今回のエピソードはリアルで目の当たりにした出来事を小説形式で追体験するような生々しさが感じられました。
イラストレーターはVtuberのもとになるキャラクターを描き上げ、そのイラストを動かす技術スタッフや動画を編集するスタッフ、Vtuberを演じる中の人がいたり、Vtuberを動かすのには多くのスタッフの労力とお金が動いています。それだけに関係者たちの間で文書による契約書で違約金が発生したり、パワハラセクハラが行われていたり、バーチャルの世界の夢を壊して汚い大人の現実に叩き落すような事案は心に刺さります。好きなVtuberの動画は定期的に追っている身にはとても目をくぎ付けにさせる展開で読みごたえがありました。

さて、イラストレーターを目指す乃ノ香の好敵手として海老名水織が矢面に立ちイラストバトルを繰り広げたり、会社の倒産をきっかけに心機一転して新人賞受賞作品のラノベの仕事を引き受ける錦が動き始めるなど、イラストレーターの同業者たちが色々な行動を起こし始めるというわりと忙しい内容でもありました。後々に時間軸を揃えて進捗具合が報告されると思いますが、それぞれがイラストレーターとしての仕事に新たな一面を見出そうと挑戦している部分も見受けられて、今後の人生がどのように変わるのかが楽しみな内容でもありました。
ナスキュウさんも初めてのラノベのイラストの依頼を受けて独特なイラスト制作に手ごたえを感じたような語りをしていましたし、成果物として作品が世に出たときの市場の反応やイラストレーター目線での感想なども興味があります。
乃ノ香と海老名水織のイラストバトルは無事にひとつの決着を迎えていましたが、両者の間で何かイラストレーターとして得るものもあったようで、今後の活躍が楽しみです。