働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2

ASIN:4040726200
f:id:murabito1104:20180521002538p:plain

《あらすじ》
謎の転校生、街田好乃さんは魔光少女だ。(すごく美人!)またまた正体を知っちゃった僕は、“男に惚れられてはいけない”彼女の身バレペナルティ達成のため、お助けキャラとして奮闘!―って、「好乃さん!むやみに男子の手を触ろうとしない!!」どうやら彼女は無自覚な超弩級のモテ体質。さらに庄川さんのお助けキャラも兼任中。…無理ゲーじゃない?しかも好乃さんと一緒だと、プールに合コン、リア充イベントが発生しがち。庄川さんもなぜか毎回ワンチャン狙ってくるし…え?焦ってる?いやいや、お助けキャラが嫉妬されるわけないじゃないですか。無自覚拡大の勘違いラブコメ!

主人公である平地護常にプロポーズを(した記憶はないけど)されたと勘違いしている“魔光少女”の庄川真帆。正直、1巻での現状を正確に把握できている自信はないですが、おそらく間違っていないかと思います。
そこに、新たな“魔光少女”である街田好乃の登場で、三人の間での勘違いラブコメも目まぐるしく動いていてとてももどかしかった。

「なぜ、この場面でそんな結論に至るの!?」。読者視点で全貌を把握しつつ登場人物視点で認識の齟齬が生じている光景を眺めると、あと一歩でかみ合わない流れを訂正したくてしょうがない。頼むから突っ込ませて欲しい。

腐女子の里崎とクラスメイトの空橋においては、ほぼサブキャラクターに徹しており、焦点を三人に絞ったラブコメがメイン。
なお、里崎に関してはクラス内でのやり取りから腐女子キャラに紐づけて1巻での概ねのポジションを掴むことができたけれど、空橋に関しては勘違いの流れを想起させる明確な属性がなくて終始読み方に困るキャラクターでした。うすぼんやりとはイメージができるけれど、里崎に比べればキャラクターの印象が少なかったです。新刊までの空白期間でどうしても記憶が薄れるのでこれはしょうがないことですし、あくまでも個人の感想ですけれど全体的な作品の満足度にはそれほど直結するものではなく、多少気になる程度のものです。

前述のとおり、平地と庄川と街田の三人に焦点を絞ったラブコメがメインで物語で動いていたわけですが、偶然の産物として『平地さん。庄川さん宅でご両親へあいさつに行く』『平地さん、街田さんとプールにデートに行く』『デート現場で庄川さんとばったり会う』の三本立てで、間違いなく面倒くさくなりそうなネタが満載でメッチャ面白かったです。クライマックスにはこれまた爆弾発言でクラスメイトを騒然とさせていて、3巻フラグがばっちり建ちました。今度はいったいどんな展開になるのか楽しみです。


ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~ (GA文庫)

《あらすじ》
「私とデートしてくれませんか?」
男子高校生・桃田薫はある日、電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助ける。二人は互いに惹かれあい恋に落ちていくのだが、彼女には人に言えない秘密があった。
「……私、本当は、27歳なの」
好きになったJKの正体はアラサーのOLだった!?秘密がバレた織原は桃田の元を去ろうとするが――
「――好きです、織原さん。本当のあなたが大好きです」
「いいの……? 本当に、私で」
平日OL→週末JK!? 可愛すぎる奇跡のアラサーとまっすぐな男子高校生による年の差・純愛・甘々ラブコメディ、堂々開幕!

男子高校生とOLの(干支が1周するくらいの)年の差ラブコメは、女子高生のコスプレをしたOLが朝の通勤電車で痴漢に合うインパクトのある冒頭のくせに、『未成年の男性と成人した女性の恋愛』について真剣に向き合っていて予想以上のクオリティでした。率直に言えば、『売り上げが好調であるならば是非とも続きを熱望!!』ですね。
お互いに引かれあうまでのきっかけは些細なことでも、交際に踏み込む前段階で年齢差で見えてくる弊害や問題点について議論を交わす場面もあり、非現実的な恋愛に真正面から現実をぶつけてきて、いかに前途多難な恋愛であるかを思い知らされました。

読み進めていくほどに、純愛要素を追求した場面とコメディ要素を追求した場面のメリハリが効いていて、『27歳でJKのコスプレをしたアラサーヒロイン』の属性からは考えられないくらいに真摯な交際をしていました。少なくとも自分のラノベ読み人生で、交際を始めた男女が互いにコンドームを備えてアパートで一晩共に過ごして結局未使用(健全な交際です)という展開を見せられたのは始めてです。
大事なことなので繰り返しますが、とても健全なラブコメディです。
まだの人は是非読んでみてください。

ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」

ぼくたちのリメイク4 「いってらっしゃい」 (MF文庫J)

《あらすじ》
貫之は筆を折り、大学を去った。僕、橋場恭也の誰かのための行動は誰かの進むべき道を捻じ曲げた。そして僕は、今度は十一年の時を飛ぶ。シノアキは絵を描くことを辞めていた。ナナコの夢が叶うことはなかった。再び元の年齢へと強制的に戻された僕には、存在しなかったはずの幸せな人生だけが残された。これが、僕が作り直した人生だった。再びゲームディレクターとして働く日々が始まった。同僚の河瀬川や仲間たちと共に毎日のように起きるトラブルを解決する。きっとこれで良いのだろうと呑み込んだ。そして彼女は、微笑み言った。「いってらっしゃい」

シノアキと結婚し娘をもつ家庭を築き、ゲームディレクターとして職場で活躍するひとつの幸せの形。
貫之が筆を折り病院に就職しナナコの夢は叶わずひっそりと歌ってみた動画を投稿している未来は、恭也が過去にタイムスリップしてまで手に入れたかったものでは断じてありえない。シリーズ第3巻のクライマックスで貫之が志なかばで退学という決断を下した事実を受けた先にある未来を通じて、本当の『ぼくたちのリメイク』にたどり着くまでの物語を描いた第4巻からはクリエイターについて門外漢な一般人に対して、クリエイターが創作活動を続けるための本質のようなものを訴えかけてくる作品でした。端的に言って、『シリーズ最高に面白かった』
今回は舞台が大学時代から十一年の時を超えた社会人の視点であるだけに、商業作品に携わっているクリエイターたちの葛藤やシノアキのように一線を退くに至った由縁などデリケートな話題に深く切り込んでいて、そんな人たちの心境や現状をシリアスかつ生々しく描きつつもひとつの物語としてドラマチックに仕立てあげていて、時間を忘れて没頭してしまうくらいにのめりこみました。
さすがはこのラノにランクインしただけのことはありますね。(私も協力者として投票しました)

さほど重要ではないけれど一応言及。恭也とシノアキが結婚したことで二人の間柄はだいぶ変わり、もちろん子どもを作る行為もあったわけですが、大学時代の記憶のままタイムスリップした恭也は最後の一線で踏みとどまって行為には至りませんでした(キスまではOKでした)
次回、えれっと神の描くシノアキとナナコの大学時代の素晴らしいイラストに期待です。


天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~ (GA文庫)

《あらすじ》
さすが殿下! これが狙いとは!」「どこまでもついて参ります!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」
『(一体どうしてこうなった!?)』
資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。文武に秀で、臣下からの信頼も厚い彼にはひそかな願いがあった。
「国売ってトンズラしてえええ!」
そう、王子の本性は悠々自適の隠居生活を目論む売国奴だったのだ!だが、大国に媚びを売ろうと外交すれば予期せず一方的に利益を手にし
隣国との戦争で程よく勝とうとすれば大勝利。名声は上がるが売国は遠のき、臣民はイケイケ状態で退くに退けない!?
天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、開幕!

ニニムが従者として側に使えている環境が羨ましすぎて、こんなヒロインに毎朝起こされたい

前おきはさておき、弱小国家の若き天才王子ウェインの華麗なる策略と軍配が綺麗にはまり、敵国の思惑がことごとく見透かされて翻弄される光景が痛快。主だった特産品も人材も財力も兵力も全くなく侵略のうま味のない弱小国家が反旗を翻す最初の踏み台になった敵国が逆に不憫に思えてくる展開の数々。
敵国のトップに君臨する皇帝がそもそも稀代の愚王で内政も崩壊寸前であり、士気も兵力も質は最低。中枢が派閥争いで分裂状態であったこともあることを加えると、さすがに敵YOEEEをし過ぎて完全に無抵抗サンドバック状態で歯ごたえが弱くなってくる。

物語の山場ともいえるウェイン率いるナトラ軍と敵国であるマーデン軍の戦争パートは、両軍の采配の全体像と戦局の流れをじっくり描写してくれるおかげで非常に読みやすかったです。しかしながら、やっぱり敵国の指揮官が無能すぎて『こいつマジか?』と思えるくらいに無能。目の前に餌が落ちていたら視野狭窄になって地雷原を爆走するポンコツぶり。こんなポンコツを起用した上層部は責任追及を免れることは不可能ですね。

結論としては『もう少しハードで歯ごたえのある展開』『小さい有効打を小出しにするよりも大ダメージで一挙に押しつぶす戦争のほうがインパクトと読後感が鮮明になる』ことの二点。読者にとって非常に読みやすくはあるけれど、上を知ってしまうとどうしても物足りなく感じてしまう性分なので、あくまでも個人的な要望です。

ありふれた職業で世界最強 8

ありふれた職業で世界最強 8 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
“ハウリアの乱”を終え、フェアベルゲンに降り立ったハジメ一行。亜人たちが帰郷の歓喜に沸き立つなか、改めてシアとの関係に思いを馳せるハジメ。―そして、ついに七大迷宮のひとつ“ハルツィナ樹海”の試練に挑む。しかし出発後、大迷宮の仕掛けでメンバーが偽物と入れ替わってしまい…!?つぎつぎに襲いかかる凶悪な試練の道中に現れた、無防備な一体のゴブリン。複数の大迷宮攻略を前提とする高難度の試練に、ハジメが打つ手は果たして―。「お前の言う通りだった。―“未来は絶対じゃない”」いま、彼らの紡いだ“絆”が試される。“最強”異世界ファンタジー、第8巻!

南雲ハジメ異世界の旅で獲得してきた神代魔法の数々により、日本への帰還方法にも目途がついてきていよいよ物語の終着点も視野に入ってきた。毎度毎度、神代魔法が眠る大迷宮の攻略には膨大なページ数を割いてきたけれど、今回においては光輝たちを連れ添っての行程となりなかなかの大苦戦。道中にしかけられたギミックの内容もメンタル面に働きかける仕掛けで、パーティーの人間関係を崩壊させかねないものもあってなかなかにえぐかった。もっとも、メンタルをためる試練なだけに、ハジメの見た『シアやユエが日本で学生をしている仮想世界』を日本に帰還した後の未来を綴ったIfストーリーとして満喫できたり、八重樫雫の見た詳細不明な夢の世界がハジメに抱く感情を大きく変えるトリガーになったり……。ハジメ&ユエの揺るぎないイチャラブ関係を突き崩すことは誰の目から見ても不可能なのに、いらないところで天然ジゴロを発揮してフラグを乱立するおかげで修羅場が絶えない。
もちろん修羅場は大歓迎だし、畑山愛子先生もハジメのいないところでは感情をセーブできずに嫉妬心をむき出しにしてるし。いやー修羅場って大変ですねー(棒読み)
見ている分にはとっても愉快で楽しいので、これから先もガンガンやってほしいです。
個人的には、白崎香織の好意だけは報われて欲しいと思ってます。

ありふれた職業で世界最強 8 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 8 (オーバーラップ文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

《あらすじ》
交通事故で命を落としたヒカルは、天界で魂の裁きを受ける列に並んでいた。ほとんどが上の空という行列だったが、意識を取り戻したヒカルは列から外れてしまう。そこで見つけたのは死者が死者をいたぶるといういじめ。腹が立ったヒカルは、いじめられていた青年と目が合い、反撃の一手を与えることに成功する。青年と別れたヒカルは、その機転と、行動力を認められ、明らかにこの場にそぐわない「貴族」ふうの少年に声をかけられる。その少年、ローランドが言うには、「ある頼み事」を聞いてくれれば異世界にあるローランドの肉体に転生させてくれるというのだが―――。
殺人依頼。制限時間は1時間――。転生か、魂の消滅か…。隠密に特化した少年が異世界で無類の強さを発揮する!

異世界転生した主人公によく見られるステータスの可視化。“隠密”に関連する能力に極振りしたことに由来する『察知されない最強職』という作品のタイトル。転生後の最初の依頼である“殺人”に特化するために隠密スキルを身に付けたとはいえ、金銭を得て生計を建てるためにギルドでの依頼をスムーズにこなし日常生活でも上手く転用していて、読んでいて非常に面白かったです。単純に“筋力”や“魔力”などといったパワープレイで障壁を破っていくスタイルとは違い、“隠密”のメリットを活かして物事を遂行していく展開は程よく『敵に気がつかれたらアウト』という緊張感が生まれるので読み応えがありました。

序盤は主人公の“隠密”に関連する能力がハイスペック過ぎて、貴族の館にスムーズに忍び込み、警戒心の強いレアモンスターを接近戦で討伐して資金を稼ぎ、数百体を統率する大型モンスターをピンポイントで討伐して群れを瓦解させるので物語がサクサク進んでいきます。しかし、ラストに登場する異世界の騎士団長というのがかなりの強者。これまで無類の強さを発揮していた主人公とも接戦を繰り広げており、異世界転生によってチート級の能力を得た主人公でもってしても相手の強さや状況によっては敗北の可能性も含まれていることから、トントン拍子に成功をおさめてきた主人公でも死ぬことがあることをハッキリと認識させられました。

ギルドの受付嬢をめぐる冒険者との争いを華麗にスルーして着々と好感度を稼ぐ光景や表紙を飾るご令嬢との出会いと窮地から颯爽と救出する展開など、女性キャラの魅力を引き立てるラブコメもちょいちょい盛り込まれていてどのキャラクターも素晴らしかったです。現段階において、主人公の情事に関する発言から正妻が誰かを明言されていてそれはそれで良いけれど、その他ヒロインによる修羅場も大歓迎なので期待して待機してます。



察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

察知されない最強職(ルール・ブレイカー) 1 (ヒーロー文庫)

15歳でも俺の嫁! 交際0日結婚から始める書店戦争

15歳でも俺の嫁! 交際0日結婚から始める書店戦争 (MF文庫J)

《あらすじ》
「今すぐにここから外に出て、わたしと結婚、したくない?」大手出版販売会社に勤める火野坂賢一(27歳・平社員)は、ある日、初対面の少女に求婚される。怪しすぎる事態にも焦らず、彼は冷静に答え―「わかった。結婚しよう」あれ?俺今なんて言った!?動揺している間に少女・君坂アリサの自宅に連れ込まれた賢一をさらなる衝撃の事実が襲う!「わたし15歳の現役JCだし、法律上結婚できないから大丈夫!」「大丈夫じゃねぇええ!」一方、仕事でも賢一は、カリスマJC・MARIAとの連載企画、企画本を進めていたのだが…?「ワタシはおじさんでも全然恋愛対象だけどね~」2人の15歳に振り回される日々が始まる!?

紀伊国屋書店のご令嬢(JC)と大手出版販売会社の平社員(成人男性)の純愛を、書店を滅ぼそうと画策するAmaz〇nが悪の手先として立ちはだかる勧善懲悪ラブコメですね。現代でも語られる紙書籍を中心とした書店の出版不況を題材に、ネット通販を牛耳るAmazonがあらゆる手段を尽くす姿がえげつない。なまじ出版業界ものを描いた作品も珍しくないライトノベルの世界である程度の予備知識を有していて、なおかつAmazonがもつ元来の『全国の書店に紙書籍を陳列して販売する』方法から、Amazonが在庫を一元管理してネット注文ひとつで自宅まで配送する便利さが地方書店の現象に拍車をかけている側面をキャラクターを通じて訴えかけてくる。
出版業界全体に対する造詣の深さが物語で味わう主人公とヒロインの焦燥感に正比例するので、読み手の感情を大きく揺さぶりにかけてくる素晴らしい作品でした。

出版業界を描いたライトノベルでもあり、最近では『14歳とイラストレーター』や『教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?』などの年の差の恋愛模様を題材にした作品も徐々に増え始めてきたけれど、『15歳でも俺の嫁! 交際0日結婚から始める書店戦争』においては要所で“年の差”を活かした演出も散見されていて良かったです。単刀直入に言えば『15歳の女性は結婚ができない』の部分がデカいです。なにせ、犯罪ですから。
どれだけ健全な交際をしていようが、15歳の女子中学生との恋愛は客観的に見ても法律的に見てもタブーだが、クライマックスまで読み切るとそんな要素を上手く調理して最高にドラマチックなラブコメにまで完成させていて最高に面白かったです。
これは是非ともおすすめしたい作品なので読んでみてください。