働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

僕はリア充絶対爆発させるマン

僕はリア充絶対爆発させるマン (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
この社会では、モテ度を数値化した『恋愛適性』によって人生が決まる。適性が高い者はリア充養成学校『告立校』に進学し、低い者は非リア専用の『独立校』へ強制送還される。初の適性0点を出したリア充に憧れる少年・遙真は、リア充から迫害を受けるなか、突如『リア充を爆発させる能力』を発現する!「あの独身術…アンタ非リアの天才ね」困惑する彼に目を付けたのは反リア充組織の少女・姫奈。勢いのまま彼女と共にリア充のフリしてリア充破壊活動に挑むことに!?さらに無個性やニートな非リア系女子たちも続々と仲間になり―。非リアヒロインと贈る異能青春ラブコメ、大爆誕!


f:id:murabito1104:20171121001914j:plain

f:id:murabito1104:20171121002228p:plain


リア充組織による打倒リア充を掲げた学園異能力バトル×ラブコメ。9つの“告立校”が所持する性遺物の奪還をするために標的となった最初の性遺物“性杯”。リア充への嫉妬を顕現させる“独身術”とリア充の愛を具現化させた“愛気道”をお互いに駆使し、反リア充 VS リア充が罵詈雑言をぶつけあいながら熱いバトルを繰り広げる。こんなぶっ飛んだ世界観を構築して、全ての性遺物を奪還するという壮大な目標を視野に入れた物語を爆走させながら、いざ読んでみるとなかなかに丁寧に作られた異能力バトルを見せつけてくれる。
リア充青春ラブコメ×異能力学園バトルのどちらも高水準で楽しめ、なおかつ『こんなお馬鹿なライトノベルを久しぶりに読んだ気がする』と思えるようなギャグみたいな展開が満載で、素晴らしかったです。

リア充のもとに集う同志たちがリア充たちに牙をむいて、『リア充たちのデートスポットを襲撃して雰囲気をぶち壊す』『彼氏/彼女の浮気をねつ造して破局を目論む』。暴動とテロとゲリラ演説で反リア充活動を少数精鋭で組織的に行う某電撃文庫作品とは違って、真正面から力の限り異能力をぶつけてリア充をねじ伏せていく。コンセプトは同じでも少し角度を変えることでラブコメの新たな路線を開拓している感じもあって、長年ライトノベルを読んできたけれどかなりフレッシュな感覚で楽しめました。


購入のきっかけはイラストが好きなイラストレーターである“アマガイタロー”さんだったことがきっかけではあったが、なかなかに良作を引き当てたと思ってます。物語の最終的な方向性も性遺物の奪還に定まっていて、売り上げ次第では続巻の刊行も十分にいけそうな作品なので是非とも売れてほしいです。

最底辺からニューゲーム! 2~奴隷商人は次に地位と名誉と無垢な少女を手に入れます~

最底辺からニューゲーム! 2?奴隷商人は次に地位と名誉と無垢な少女を手に入れます? (HJ文庫)

《あらすじ》
奴隷の立場から一転、「お人好しの奴隷商人」として出世街道を爆走中のタクミ。そんな彼の功績により、下層地区の商会だった“鈴蘭”は、国家公認の四大商会の一角にまで上り詰めていた!しかしその程度では当然満足などしないタクミは、新たな事業と人脈作りに勤しむべく、王家主催の立食会へと参加するが―「籠の中の鳥は…自由に啼くことすら許されないのです」奴隷のように扱われる幼き大司教の少女リーゼと出会ったことで、タクミは世界の常識をぶち壊し、彼女を救うことを決意する!!奴隷転生からの痛快ファンタジー、出世しまくりの第2弾!

下層地区の商会“鈴蘭”が規模を広げていよいよ国家に踏み込む。
“お人好しの奴隷商人”としての功績を徐々に上げていき、新規事業の開拓に向けていく。異世界に転生を遂げて自分の才能をフルに発揮させていき、組織としての規模も勢力も上回る相手に真正面からぶつかっていく展開の連続。
『この主人公なら相手をコテンパンにしてくれる』『大言壮語を吐いていても最終的には戦果を治めてくれる』という前提条件があると、痛快ファンタジーとして楽しむことができました。
キャラクターの魅力を引き出すまでに、狼人のクノンの身体能力と戦闘能力の高さやエルフのカリンの魔法適性を活かしたコミカルな展開や熱いバトルがよかった。今回に関しては魔法を展開させるために必要な物事の根幹に迫るシーンなども細かく解説されていたけれど、シンプルに“魔法”の一言で物語に組み込んでいくのもありだけれど、よりバトルに深みを持たせる上では様々な視点で掘り下げるのもありだと思う。
ひいてはそれが、『絶対的な魔法使いとしての優位』が常とされる異世界において、『魔法を持たない種族でも魔法使いに対抗できる=魔法使いと対等に渡り合える』という実績を創り上げる結果にも繋がっている。

最底辺から第二の人生をスタートさせた主人公によって着々と異世界の常識を覆していき、2巻においては国の中枢にまで人脈を創り上げる結果を成し遂げていくことになり、3巻に向けてどのように物語をつなげていくのか楽しみです。

ストライク・ザ・ブラッド18 真説・ヴァルキュリアの王国

ストライク・ザ・ブラッド18 真説・ヴァルキュリアの王国 (電撃文庫)

《あらすじ》
王女ラ・フォリアからアルディギア王国に招待された古城と雪菜。あまり旅行に乗り気ではなかった古城だが、叶瀬夏音が同行すると聞かされて、渋々と招待に応じることを決める。宮廷内に夏音の存在を快く思わない勢力があり、彼らから夏音を護って欲しいというのが、ラ・フォリアの真の依頼だったのだ。折しもアルディギアでは戦王領域との平和条約締結記念式典が予定されており、条約に反対する勢力によるテロも懸念されていた。そんな中、アルディギアの王宮が謎の怪物に襲撃され、戦王領域を巻きこんだ大規模テロ計画が動き出す。そして古城たちは、否応なくその渦中に巻きこまれていくのだった。

暁古城の行く先々で否応なく騒動の渦中に巻き込まれる一連の流れは明々白々だが、シリーズ初期の頃の『藍羽が古城の正体を知らないまま加勢している』『矢瀬が裏方に徹していて古城を陰で支える』ような関係性から、二人そろってアルディギア王国まで一緒に旅行に行き、古城の陣営としてオープンに協力している光景を見ていると、古参のキャラクターもここまで変わったのかと感慨深くなる。“絃神島から離れる”ことだけで言えば古城と雪菜に関しては簡単に物語の流れに絡めて動かすことはできるけれど、藍羽と矢瀬に関してはひと昔前だったら難しかっただろうな……

それはさておき、アルディギア王国が開催する戦王領域との平和条約締結記念式典と、条約に反対する勢力によるテロ組織の暗躍。“ストライクザブラッド”の世界観において、人間と魔族の間に根付く関係性と政治情勢がスマートに集約されているエピソードで、“人間”と“魔族”に関してのデティールも丁寧に書かれていて、『ストライクザブラッドとはどんな物語であるか』という点を改めて再認識して学べる内容でした。

これだけの長期シリーズでありながらも、ひとりの読者として断言できるのは「全く中だるみを感じることなく、惰性で読むということもなく、長く愛好できる作品である」ということ。世界最強の吸血鬼である暁古城であっても、第四神祖の絶大な破壊力を秘めた眷獣が周囲の環境の如何によって下手に発することができない枷が上手い具合に作用して、『世界最強の主人公だけど条件がそろえば敵勢力と戦力が拮抗』する環境が整う。それが、白熱したバトルを生み出しつつ適度な緊迫感のある展開を演出して楽しむことができる一因にもなっている。

そして、物語の合間に雪菜やラフォリアなどのヒロインたちと適度にラブコメを混ぜつつ、『ラフォリアと婚姻』などで外堀を埋めていく爆弾を仕込んで今後の修羅場の起爆剤にしていたり、楽しめる展開が多数配置されているので飽きることがない。

ガーリー・エアフォースVIII

ガーリー・エアフォースVIII (電撃文庫)

《あらすじ》
アンフィジカルレイヤーで目の当たりにした出来事により、ザイの正体とグリペンの理不尽な定めを知った慧。彼女を解放するために、慧はこれ以上の戦いと、世界を救うことを拒否してしまう。そんな中、新ドーターの運用試験を行っていたイギリスのベンベキュラ基地が、ザイの戦略兵器により突如消滅。そしてザイの次なる攻撃目標は―小松!?防戦にあたる独飛の面々だが、慧とグリペンの不在により苦戦を強いられる。はたして慧の取る選択は―?巻末には那覇基地の守護神、バイパーゼロの活躍を描く短編も収録した、美少女×戦闘機ストーリー、グリペンの運命に立ち向かう第8弾!

ザイの正体とグリペンを取り巻く理不尽な世界の真相を明かされたときの慧が襲われた焦燥感。グリペンの定められた運命を知らされ、彼がどんな行動をとるのか。グリペンの運命に立ち向かううえで大きなターニングポイントであり、慧の下した決断が新たな運命を切り開くきっかけにもなりうる、そんなエピソードが詰まった内容でした。

“世界の運命”と“好きな女の子一人を救う”ことを天秤にかける展開は、シリーズを重ねるごとに育っていくグリペンと慧のキャラクターと徐々に形成されていく人間関係がより深まっていくことで「なんで素直にハッピーエンドにたどり着かないんだ!!」と、二人の前に立ちはだかる障壁に憤りを感じさせられる。ただでさえ、アルバイト(通称)に忙しない生活で、慧が学生だという印象も薄くなるくらい年齢相応のの日常が遅れていなく、ザイの被害が頻発する世界で恒久的な安全が担保されないために、平穏なままでいられる日常風景がとても少ない。
慧とグリペンには少しでもいいから、もっと平和な世界で恋愛関係を進展させていってほしいと願いたくもなるくらいに、二人の身を置く世界の残酷さを物語っている。
せめて、短編集でもパラレルワールドでも夢の世界でもいいので、緊急招集が一切かからない環境下で二人のデートなりラブコメなり修羅場なりを楽しませてくれたら、もうそれはこのシリーズを追い続けてきた自分にとっては最高の癒しになりそう。

戦闘員、派遣します!

戦闘員、派遣します! (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
世界征服を目前にし、更なる侵略地への先兵として派遣された戦闘員六号の行動に『秘密結社キサラギ』の幹部達は頭を悩ませていた。侵略先の神事の言葉を『おちんち○祭』と変更するなど、数々のクズ発言。さらには自らの評価が低いと主張、賃上げを要求する始末。しかし、人類と思しき種族が今まさに魔王軍を名乗る同業者に滅ぼされると伝えられ―。「世界に悪の組織は2つもいらねぇんだよ!」現代兵器を駆使し、新世界進撃がはじまる!!

このすばのカズマさんに匹敵するクズ主人公。そして、魔王軍との緊迫した戦闘を演じている雰囲気のなかでもナチュラルにギャグ展開に運んでいく手際、個性が突出し過ぎて扱いに困るメンバーが自然と集まってくる運命力。このすばの持ち味を完全に引き継いだ完全新作には大いに笑わせてもらって、期待できる暁なつめの新シリーズです。

どのキャラクターも状況に応じて“真っ当なキャラクター”にも映り、“ボケキャラクター”にもなれるし、“ポンコツ”にも変わる。これら3つの要素を転々とさせることで、ある場面においてはごくごく当たり前の意見を述べる真っ当な人物像になるのに、ふとした拍子に戦闘で何の役にも立たない邪魔者に成り下がったり。むしろ味方をピンチに巻き込むフレンドリーファイアをぶちかましたり。
毎日がトラブルと騒動と魔王軍の侵攻に晒され過ぎて、終始飽きることのない主人公たちの姿が読んでいてとても楽しい。

また、イラストレーターを務めるカカオランタンさんの描くキャラクターのイラストは、モノクロイラストが凄く丁寧に仕上がっていてカラーの口絵とほとんど遜色のないクオリティで素晴らしかった。イラストのなかのキャラクターに躍動感があり、とてもイキイキとしている雰囲気があってよかった。このイラストレーターを抜擢した編集者は控えめにいって最高だと思います。

物理的に孤立している俺の高校生活3

【Kindle限定!電子特典版付き】物理的に孤立している俺の高校生活3 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
俺、波久礼業平には友達がいない―わけでもない。むしろ、夏休みを人研メンバーと過ごし、なんとなく成長した気さえしていた。でも「ドレイン」のせいで、クラスで物理的に孤立している事実は変わらない。せつない。2学期が始まってすぐ、俺と高鷲は売り言葉に買い言葉で「どちらが先に自力で友達を作れるか」勝負をすることになる。まあ、高鷲に負けるわけないし、文化祭イベントがあれば楽勝だろうと思うのだが…あれ、友達ってどうやって作るんだ!?残念系異能力者たちが文化祭を謳歌する(?)青春未満ラブコメ第3弾!

あとがきで4巻の存在に触れているということは続巻を期待してもいいんですか!? 異能力×学園ラブコメで“文化祭”まで時間を経過させたとなると、その後の年間行事を着々と消化して進級までのシリーズ継続も見込める? とにかく、ガガガ文庫で“不戦無敵の影殺師”が完結してからの森田季節作品がここまで息が続くのであれば、この先も安泰といっても過言ではなさそう。

人研メンバーと文化祭を通して活動をしていくなかで、主人公と高鷲「どちらが先に自力で友達を作れるか」勝負……。二人の異能力が絶望的に対人コミュニケーションの枷になっているのは百も承知だけれど、真面目に考えると超絶くだらないww
究極的には人研関連の面子で密なコミュニケーションをとって正真正銘の友達で済ませればいいものを……、と思うのだけれど、妙なところで意識が高いからこんな友達作りをやるんだろうな。こじらせたボッチは面倒くさい。

そんなこんなで、人研関連のコミュニティ外の学友探しに勤しんだ甲斐もあって、学校内で新たな異能力者に邂逅。オンリーワンな異能力が集まる学校なだけに、実用性が皆無に等しい微妙なラインを彷徨うものも登場して、“どうやったらこの絶妙にいらないと思える異能力を思いつくのか”。その発想の源が気になる。

この作品における自分のなかの好きなキャラクターランキングが、愛河≧エリアス>えんじゅになりつつある。物語への絡め方やここまでの諸々の展開に対するポジションを鑑みれば、メインに据えるべきはえんじゅなのかと思うけれど、愛河のヒロイン力の高さはどう見ても圧倒的だし、エリアスの幼馴染みのポジションと3巻で見せたリアクションにダークホース感がある。一方で、えんじゅはというと……、さて、何があっただろうか。思い出せない。

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!2

美少女作家と目指すミリオンセラアアアアアアアアッ!!2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
遂に傑作ラブコメを完成させた天花だが、顔が赤い&妙な質問ばかりで様子がおかしい。一方、新作執筆中のひよこは「何かが足りない気がする」とスランプに戻ってしまう。悩める清純の元には、眼鏡でえっちな有名作家(パンツはいてない)や超売れっ子絵師(優しい×可愛い×〆切守る=天使)が現れて、リアルの方がいつのまにかラブコメ状態に!?

3巻の発売があとがきの段階でほぼ確定されている、今もっとも勢いのあるライトノベル業界×ラブコメ作品。1巻の頃から、ライトノベル業界で日々起こっているであろう(一般人にとっては想像の域を出ない)闇にバッサリ切りこんで、登場人物を介してクリエイターを精神的に病むまで追い込むストレスフルな展開が読み手に衝撃を与えたけれど、まさか再びそれをやられることになるとは夢にも思わなかった。
ライトノベルを愛好すればするほど指数関数的に胃への負担が増すことになる(体験談)。クリエイターの叫びと怨念が込められていて、現実に同じ悩みに晒されている人が実在していそうな内容なだけに、余計にリアリティがあって胃に負担がかかる。

それだけのストレスフルな展開が満載の地雷原が物語に組み込まれていながら、一歩でも外に出た先はアニメ化作品を抱える美少女ライトノベル作家との嫉妬するくらいに愛らしいラブコメを謳歌していて、感情の振れ幅の大きさに困惑するばかり。
全体の比率で言えば、編集者として鉄の職業倫理を掲げるの1級フラグ建築士鈍感系ラブコメ主人公が、業界で活躍する若手美少女クリエイターたちとガンガン突っ込みどころ満載の掛け合いを見せてくれるので、楽しめる割合のほうが圧倒的に多い。なので、これからこの作品を読む人は安心してストレスフル鬱展開に巻き込まれればいいと思います。

かなりストイックにライトノベル作家としての生き方を志すキャラクターや出版業界の実情に深く切り込んでいく割には、作家としての技術的な問題や売り上げ不振よりも、クリエイター個人が恋愛脳に侵され過ぎることで未成熟な精神面で仕事が覚束なくなって、主人公に恋するクリエイター同士の修羅場がきっかけで破滅に直進しそう。
既にそんな雰囲気もあるし、何よりも複数のヒロインが編集者の主人公を介して繋がる流れが生まれ始めてる。天花ちゃんに関しては序盤から一部ポンコツ化してあたふたしているし、次回あたりは天花ちゃんを再起不能に陥らせて、2巻で出番の少なかった分を巻き返す感じで特大のラブコメを演じてほしいものです(願望)