働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる

好きって言えない彼女じゃダメですか? 帆影さんはライトノベルを合理的に読みすぎる (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「恋人同士、ですか?よく解りませんが、それでよければ」僕の彼女、帆影歩は少し変わっている。無口で無表情が基本な上に「人=哺乳類=おっぱい大好き」と、平然とトンデモ理論を語ってくる。さらに僕の足の甲を愛撫してきたり、入浴中の裸の画像を送ってきたり―って帆影?当初は清純派文学少女だったよね!?おかげでなぜか妹の映が心配?してきて、言葉責めにあうようになったのですが!?(妹よ、お前は何なんだ)そんな帆影も“普通彼女”を目指してはいるらしく、参考にしているのは…ら、ラノベらしい?(なんか期待しちゃう)彼女と妹と僕。ラノベを通じた不思議な三角ラブコメ開幕!!

萌えとは何か、ライトノベルとは何か、異世界転生が流行しているのは……、表紙は女の子の肌色率が高いのは……、平凡な高校生主人公が何故モテるのか……。
これら全ての疑問に「私たち人間は哺乳類ですから、おっぱいが嫌いでは生きていけません(その通りです!)」「むしろおっぱいこそが人類の本質と言っても過言ではありません(全くです!)」と、謎論理を固めてくる文学少女が答えてくれます。読んでいて超論破されました。よって、導き出された答えは、こいつを読めば現代のライトノベルをひもとくことができる。ひいては、ラノベ読みの参考書的存在。
まとめると、みんなで購入して2巻への原動力に貢献しよう、です。

戯言はさておき、こんな清純派文学少女と恋人関係な主人公の青春ラブコメはブラコンな妹の存在もあり前途多難。感情が読みにくいヒロインの本音の部分に関しては、クライマックスで包み隠さず明らかになるので、それは見てからのお楽しみということにしておきますが、伏線はバッチリありました。
ヒロインの感情の揺れ幅が小さい個性を鑑みて物語のラストに明かされる真実を目にすると、よりいっそう愛らしさが増してヒロインの可愛さに癒されました。凄く面白かったです。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!7

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!7 (GA文庫)

《あらすじ》
「作戦の最終段階に移ろう。敵を崩壊させ――安土へとなだれ込む!」
エルム共和国に新政権が樹立され、フレアガルド帝国で内乱が勃発する中、ヤマト自治領ではレジスタンスたちの戦いが繰り広げられていた。
要衝・不動砦を奪取したレジスタンスは、司の機略、葵の戦闘力、そして林檎のテクノロジーという支援を受け、ジェイド率いる圧倒的な大軍勢を相手に、順調に進撃していく。
だが、落城を目前にした安土城で、ヤマトの支配者マヨイは、臣民に対する非道な洗脳魔法を発動しようとしていた。
城を包む炎が、ヤマトの深部に秘められた過去を映し出す、異世界革命譚第7弾!

ヤマト自治領の臣民を魔法による記憶操作で洗脳をするマヨイの真意とは……。
超人政治家である司が率いる超人高校生たちがレジスタンスに加勢することで、多勢に無勢な戦いも戦略とハイテクノロジーにより数的な有利を綺麗に覆す展開の連続。なおかつ、海空りくテイストで書かれるマヨいやジェイドなどのキャラクターの個性が際だっていて、心理描写が非道な洗脳魔法を行使する者を彷彿とさせる、常軌を逸した思考回路が強烈に描かれて目がひきつけられました。

クライマックスで明らかになる『ヤマト深部に秘められた過去』や『マヨイが洗脳魔法を行使してまで凶行に至った理由』などは、最も盛り上がる部分になるので深く言及は避けるけれども、「これまでの認識を180°一変させる衝撃的な内容!」「悪役にも悪役なりの過去がある素晴らしい感動的なエピソード!」といった感じでしたかね。

あっ、イラストレーターのさくらねこさんの口絵カラーも素晴らしかったですよ。りんごちゃんの全身イラストを贅沢に3ページ分も使っていて眼福でした。これからも他の作品での活躍を楽しみにしてます。

六人の赤ずきんは今夜食べられる

【期間限定お試し読み増量版】 六人の赤ずきんは今夜食べられる (ガガガ文庫)

《あらすじ》
名声のために罪を犯した過去を恥じ、今は猟師として各地を旅する「私」。ある日、訪れた村で奇妙な警告を受ける。「森には秘薬を作れる『赤ずきん』が棲んでいる。赤い月の夜、彼女たちはオオカミの化け物に喰い殺されるが、決して救おうとしてはならない」。少女らと対面した「私」は、警告を無視して護り抜こうと決意する。だが、そのとき「私」は知らなかった。その化け物が、想像を遙かに超えた恐ろしい生き物だということを。そして、少女たちの中に裏切者がいることも―。第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作

赤い月の夜に現れる“ジュヴォーダンの獣”によって食い殺されていく赤ずきん
化け物から赤ずきんを護るために立ち上がったひとりの猟師が、常識では考えられないような“ジュヴォーダンの獣”を相手にありとあらゆる策を張り巡らして逃げまどい、やがて敵の正体と真相にたどり着く。
世にも珍しいサスペンスホラーをテーマに売り出すガガガ文庫様の豪胆さには恐れ入りました。ホラーテイストで同レーベルから刊行されている作品と言えば『ハナシマさん』や『俺が生きる意味』などもありますが、本作もかなりエッジの効いた、それでいて『真剣に考えたら物語の真相に気が付ける』読み込みがいもあるので、多彩な魅力にあふれた良作だと思います。

強いて「ちょっと読んでいて気になる……」という点について言及すると、赤ずきんたちのキャラメイクをする間もなくジュヴォーダンの獣との決戦に挑んでしまったために、個々の赤ずきんのキャラクター像がイマイチつかめなくて脳のリソースがジュヴォーダンの獣の動向に割かれたこと。正直な感想は「今、喋ってるの何ずきんだっけ?」でした。
いや、『赤ずきんが持つ秘薬の効果の違い』や『主人公との会話のやり取り』などで要所要所にキャラクターの個性を色づける演出はあったけれども。ジュヴォーダンの獣を目の前に緊迫した状況を打開する展開を追うのに必死でそれどころではなかったです。

逆に考えたら、これから読む人は反面教師としてじっくり読んでいくことで、作品の魅力を十二分に楽しむことができるのだと思います。
ですので、たまには一味違ったジャンルを読みたい方がいるのであれば、是非とも手に取ってみてください。トラウマを植え付けてやります。

ハナシマさん (ガガガ文庫)

ハナシマさん (ガガガ文庫)

14歳とイラストレーター 5

14歳とイラストレーター 5【電子特典付き】 (MF文庫J)

《あらすじ》
「そうだ! 聞いてよ。この企画ね、アニメになるんだって!」
八丈島なんていかがでしょうか? 私、そこの出身なんです――という白砂の提案を受け、南の島へバカンスに向かう悠斗たち。都心にはない自然やグルメを堪能する2泊3日。プールでナスさんと泳ぎ、白砂の実家で魚料理を食べ、マリィと深夜の打合せ!? 牛とたわむれる乃ノ香ちゃん。混浴露天風呂の乃ノ香ちゃん。そして、とうとう2人は珈琲を飲みながら朝日を眺めるのだった。希望と現実、そして欲望に振り回される、イラストレーターのガチな日常を大公開な、第5弾!

イラストレーターも自分のイラストを褒められると嬉しいとお聞きしたので、「ナスキュウさんの水着&下着姿のイラストがメッチャ良かったです」。僕は登場キャラクターの中では断然ナスキュウさん推しなので、ユウトから結婚指輪も受け取り年齢的にも適当なナスキュウさんをメインに据えたラブコメを渇望しまっす!!

閑話休題(1回使ってみたかった)、喧騒にまみれた都心から八丈島に訪れ自然やグルメを満喫して仕事を忘れてリフレッシュ。これまでのイラストレーターが商業の世界で荒波にもまれる光景や業界エピソードをふんだんに盛り込んだネタもひそめて、箸休め的なほのぼのした日常がメインでした。
もっとも、八丈島に訪れたメンバーで男性はユウトだけ(二色氏はノロウイルスで下痢ピーとのこと)
必然的に女性陣との会話の機会や様々なイベントに装具士たり、二人きりになる場面が図らずもやってきて、改めてユウトと各女性との距離感を再認識させられました。うん、やっぱりナスキュウさんはポジション的にもメインヒロインの筆頭ですね!!

次回、イラスト担当作品のアニメ化&新たなイラストレーター誕生!!
このまま勢いにのってアニメ化まで走破して欲しいです

暗黒ハローワーク! 俺と聖母とバカとロリは勇者の職にありつきたい

暗黒ハローワーク! 俺と聖母とバカとロリは勇者の職にありつきたい (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「この物語は俺、日暮英治がこの現世で過酷な実習を乗り越え、勇者の職を得るまでの、愛と感動の―」「エイジ!あんたマトモな努力してないじゃない!」「あらすじくらい格好よくキメてもいいだろ!お前らのせいで東京駅じゃ警察に捕まりかけた上に、補習までさせられたんだぞ!!」「“村人に話を聞く”実習で失敗したからって怒らないで。エーちゃんは、やれば出来る子だってお母さん信じてる」「お前はお母さんじゃねえ!」「えいたん、表4は作品アピールをするところなのです。文字数の無駄遣いはやめるです」「うるせえバカロリ!!」そんなわけで、現世で始まる暗黒ハローワーク!スタート!

「この作者ならエロい展開に違いない!」「ゆーげんさんの描くキャラでエロいイラストが見られる!!」
そんな邪な気持ちでページをめくったらまさかの純粋にコメディ路線のファンタジー作品。変な勘繰りをしてしまいごめんなさい。
もっとも『魔装学園H×H』も『エクスタスオンライン』も未読で噂でしか内容を知らないのですが……

個人的な事情はこの辺にしておいて。
作品の内容といたしましては、勇者を養成する『光峰勇者学校』の学生が『合同勇者説明会』やインターンシップに参加して職を見つけるまでを描いたドタバタコメディと言った感じですかね。
“勇者”というワードはどちらかと言えばRPG的なニュアンスが強く、あえて具体例を挙げるなら『ドラ〇エ』です。

ド〇クエと言えば、あれって野良で遭遇した敵モンスターを倒すと経験値とお金を獲得できますが、実はあれ、お金を懐に忍ばせているからだそうですよ。
いやー、ビックリしました。戦闘がターン制になるのも、敵モンスターがキッチリターン制に準拠して戦ってくれてるからなんですよHAHAHA……、そんなわけねぇだろうが!!!

ゲームならではの仕様にあえてツッコミどころ満載のボケをねじ込んできて個人的に結構ツボりました。
『ボスモンスターの根城に深夜に事前予約なしに突撃すると、シフトの時間外労働によって残業が発生するから断られる』らしいですよ。これからは気を付けましょう。


だからオカズは選べない2

だからオカズは選べない2 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
つくば家庭料理学園―。料理の魂を宿した“主食男子”と“オカズ女子”が学ぶ、料理のための学園である。夏の臨海学校を前に、真白悟飯は清楚な“肉じゃが”お姉さん・糸牛煮芋と、その幼馴染で鬼怖いヤンキー・碓田焼と出会う。碓田から「俺にモテ方を教えてくれ!」と頼まれ戸惑う真白。どうやら碓田の意中の相手は…。全学年合同の一大臨海学校で、真白は不良先輩をプロデュース!食い合わせの壁を越えられるか!?さらに真白は“実在しない料理”の魂を持つ少女や、大人になってもなお料理の魂に縛られる元・オカズ女子に出会い、料理の魂の謎に触れる…。ちょっとスパイス効いてます!学園お料理ラブコメ第二弾、一丁上がりィ!!

白米と肉じゃがは別個の料理として完結しているので、どちらかと言えば相性は微妙なのではとか無粋なことは言わず、日本人は中華丼にしたりシチューとご飯を一緒にしたり何でもご飯にあわせるから肉じゃが+白米も究極的にはイケそうと思えるくらい広い心で読もう。

講談社ラノベ文庫の受賞作第2弾。
正直に言えば1巻のときはかなり独創的で『料理の魂を宿した学生が集う学園ラブコメ』を前面に押し出し、“真白悟飯”、“赤鮭栞”、“薑猪子”、“麺条味噌”のキャラクターのネーミングもストレートでネタとしての掴みは完璧でした。それだけに、2巻ではどうしてもフレッシュさを失い料理ネタに縛られた世界観でどこまで面白さを引き出せるかが課題でしたけど、素直に料理ネタがツボに刺さって面白かったです。
個人的には『カップ焼きそばと焼きそばは全く別な料理だから!』『だってカップ焼きそばは焼かれてないじゃん!』が衝撃的でした。二十と数年生きてきましたが初めて気がつかされました。カップ焼きそばはお湯で調理だから焼かないです。

最近はざるそばが可愛くて女の子になったり、主人公が異世界転生したりする作品も存在するくらいライトノベル業界はカオスで強烈に印象に残る作品群の一角におさまる作品なので、興味のある人は読んでみてください


だからオカズは選べない2 (講談社ラノベ文庫)

だからオカズは選べない2 (講談社ラノベ文庫)

ざるそば(かわいい) (MF文庫J)

ざるそば(かわいい) (MF文庫J)

英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す2

英雄の娘として生まれ変わった英雄は再び英雄を目指す2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
ラウムにて始まった魔術学院での学園生活。ニコル(レイド)は、幼女達と一緒に買い食いや身体測定に勤しんでいた。しかし、体育の授業で気絶するなど、虚弱体質が足を引っ張ってしまう。そんな中、虚弱体質の解決法が「女王華の蜜を飲み」そして「魔力を口から誰かの体内に移すこと」だと分かり!?解決を目指すニコル達だったが、賊による妨害、そしてクラスメイトの誘拐事件が発生し―奪われたものを取り返すため、元最強暗殺者(現美幼女)は遂にその本領を発揮する―!!「殺し屋だよ。悪いが返してもらう、色々とな」元英雄が送る美“幼女”転生ファンタジー、激動の第2幕!!

TSのおかげで合法的に女性同士の口移し(医療行為)がお披露目されていて、ニコルの虚弱体質を改善する行為のお相手として転生前の意中の人が名乗りを上げたとなったらもう……
ニコル(レイド)の掲げるひとつの目標に生前の姿を疑似的に取り戻す魔法の修得があることから、『レイドが再びよみがえることができたら……』という未来を連想させ、コルティナのレイドへの想いを遂げさせる可能性を残してくれて、この作品を読み続けるための活動力にもつながる。

もっとも、前提として読み続けたくなる魅力がなければだけれど、『六英雄のひとりが転生して英雄の娘として生まれ変わる』ことで、転生前の暗殺者の技量と英雄の娘として生まれ変わり天性の素質が備わった超ハイブリッド主人公という要素はかなり前衛的で面白いです。
見た目は女の子、中身は成人男性。同級生の裸体はまだまだ幼児体型で守備範囲外になりそうだけれど、コルティナやマリアのようなキャラクターがいると自然な流れでラキスケ展開まで持ち込めるのも強み。

書籍版の構成に言及させてもらうと、冒頭から『魔術学園への入学』から始めるのはニコルの目線で描く物語として流れを掴みやすくはあるけれど、個人的な欲望としてはキャラクターへの注釈とあらすじを少しいれてほしかったです。真っ先に登場した従者のフィニアはキャラクター情報を引き出すエピソードやワードが弱く、冒頭から蹴躓いてしまいました。ミシェルが保有する能力を秘匿している現状も少しおざなりになっている印象で読んでいて一瞬疑問符が浮かびました。

現段階ではマクスウェルがレイドの復活の兆しを察知し始めたり、ニコルが着々と実力をつけ始めたりで続きが気になる作品。今注目している作品でもあるので新刊が楽しみです。