読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

編集さんとJK作家の正しいつきあい方

編集さんとJK作家の正しいつきあい方 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
青春よりもバイト優先の高校生ラノベ編集者、冴原吹雪。彼の下宿先『なつめ荘』は変人作家の巣窟。禁断の兄妹愛に憧れるブラコンストーカー、百合鴎凛。関西系ドイツ人、ミシェル・メッサーシュミット。そして、断トツにおかしいのは…「冴原吹雪は私のご主人様です。いっぱいご奉仕します」作中ヒロインになりきってデレまくる、トンデモ執筆スタイルの竜園寺美沙。担当以上の関係を求めてくる美沙だが…吹雪の編集脳はそれを凌駕する!「きみの水着エプロン姿は可愛い。だけど担当としてはこのシーンを修正したい。猫耳を付けてもう1回だ」編集×作家の正しい(?)同棲ラブコメ開始!

男子高校生ラノベ編集者×女子ラノベ作家が生み出すラノベ業界ラブコメ。プロの編集者顔負けの編集者スキルで業務を遂行する主人公のワーカーホリックぶりと仕事にかける強すぎる熱意が、彼とともに仕事をする人たちを容赦なく引っ掻き回していてコミカルさが全力全開。
ベテランラノベ作家である“あさのハジメ”が執筆しただけあって真偽は不明だが実際にありそうなエピソードが適度に盛り込まれていて、生々しいリアルさを醸し出していて妙に面白かった。編集長のデスクで酒瓶片手にタップダンス……、そんな編集者ももしかしたらいるかもしれない……。

ブコメにおけるコメディ要素に関しては近頃よく見かけるようになった業界ものとして十分な面白さがあったけれど、肝心の恋愛方面に関しては“仕事”という関係性を一枚隔てているだけに読んだ実感が薄く感じられました。というのも、“ラノベ業界もの”としてのインパクトが強かった分恋愛方面の印象が薄かったからかもしれない。

全体的には“ラノベ業界者”“ラブコメ”を詰め込んだ作品としてはほどよく楽しめる作品ではあったので、こういったタイプの作品を読みたい人がいたら機会があったら、是非読んでみてください。

弱キャラ友崎くん Lv.3

弱キャラ友崎くん Lv.3 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
怒濤の一学期が終わり、夏休み。薄々予想はしていたが、日南は俺に“休み”を与える気は一切ないらしい。「まあ簡単に説明するとね、優鈴と中村をくっつけようって合宿なのよ」…BBQからの川遊びからの男女お泊まり。まあ、リア充を絵に描いたようなイベントだなと思う。問題はただひとつ。そこに俺も参加するということである。なにこの圧倒的違和感。さらに菊池さんとのデートが実現、日南からは『この夏のうちに付き合うこと』を命じられ―?俺の夏休み、どうなっちゃうの!?弱キャラが挑む人生攻略ラブコメ第3弾!

このライトノベルがすごい 2017でトップクラスの人気をほこる作品なだけに3巻も圧倒的な面白さ。これでアニメ化まで決定したらさらに人気が大爆発すること間違いなしだな!!

友崎くんのレベルに比例して飛躍的にコミュニケーションスキルが上昇している事実が、彼の交友関係の広がりと菊池さんとのふたりきりのデートの一件で決定的に物語ってる。
まだまだ日南さんの指導による矯正で会話が成り立っている部分も多々あるけれど、友崎くんがソロ活動時に積極的にコミュニケーションを意識的にとるようにして自分から交友関係を広げていることから彼の成長がよくわかる。むしろ、かつての陰キャラ根暗オタクから世間で言うリア充にまで進化している気がするのだが。クラス内ヒエラルキートップのメンバーと同じ時間を共有する……うん、間違いなくリア充だ。

この作品を読めば、相手と円滑で上手なコミュニケーションをとるためのいろはとコミュニケーションで失敗したときを実演・解説付きで記載されているので、今すぐリア充になりたい人には必見の一冊。
人前では見せない地味なトレーニングから実戦形式でコミュニケーションをとる相手から好印象を受けるための必須テクニックまで網羅されている。もしかしたら、「僕は、弱キャラ友崎くんを読んでリア充になりました!!」なんて少年少女がいつの日か現れるかもしれませんね(笑)

そんな友崎くんのコミュニケーション上達のための特訓の日々ですか、並行して『菊池さんとのプライベート』も非常に充実していて、「もう菊池さんと付き合っちゃえよ!!」「菊池さんが(表紙イラストも含め)天使過ぎる!!」十分なリア充な青春を飾っています。
菊池さんの一挙手一投足の全てが洗練されていて、友崎くんと仲良く会話をする光景もそうですがシリーズを重ねるごとに可愛くなってきていて悶え死にしそう、

シリーズも3巻まで物語は進んだが、どの巻も『このライトノベルがすごい 2017』に君臨した作品の名はだてじゃない。

最強喰いのダークヒーロー3

最強喰いのダークヒーロー3 (GA文庫)

《あらすじ》
学内トーナメントを制し、宣言通り無敗のままで関東大会出場権を得た双士郎たち。来るべき大会を一月後にひかえ「チームアギト」は日夜トレーニングに励む。しかし、学園最悪の問題児である双士郎に平穏な日々は訪れない!学内の人間関係にはじまり、芸能界、闇社会、果てはテロリストまでもが彼らの未来を破壊すべく襲いかかる。さらに聖海学園が総力をあげて阿木双士郎を潰そうと動きはじめ…そして、遂に明らかになる檸檬子との秘められた過去。いびつな共犯関係の裏にある、二人の真実とは?勝利を貪欲に求める悪党が突きつける、究極カタルシス第3弾!!

歪で不安定な底知れない闇を抱えた双士郎の生き様、アウトローの世界に身を置く人間とのコネクション、関わった人間の心根を根幹から徹底的にへし折るスタイル、こんな主人公がこの世に存在していいのかと疑問を投げかけたくなる個性がありすぎる。自らの延命を薬物治療に依存してでも成し遂げたい野望を秘めているだけに、双士郎の言動の数々が読んでいる側にまで強烈に突き刺さる印象に残る作品なのは、やはり望公太ならでは。アウトローの世界で研ぎ澄まされた嗅覚と観察眼で、彼と言葉を交わしてきた多くの人間を言葉巧みに諭して内面からボロクソに叩きのめすスタイルの衝撃は強く、読んでいる側に常に刺激を与えてくれて飽きることなく読んでいられる。

自らの寿命へ刻一刻と近づきつつある双士郎だが、彼の絶対的な力に裏打ちされない、定められたルールの上でこそ成り立つ戦いのスタイルが、いつ訪れるやもしれない不確定要素でいつ窮地に陥るのかという緊迫感も見え隠れしているだけに、「続きがどうなるのか気になる!!」という感情に直結してくる。
ぶっちゃけた話、3巻でシリーズ最大級のトラップが双士郎の目の前にしかけられているのを目撃したとあっては、この絶望的状況をどう覆していくのか楽しみでしょうがない。

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団

この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「盗賊職求む。正義のためなら犯罪行為も辞さない、やる気のある方限定」エリス感謝祭で出会った銀髪盗賊団に憧れ、彼らを(勝手に)お手伝いするべく盗賊団を結成しためぐみん。肝心の団員は、万年ぼっちのゆんゆん、世間知らずの王女アイリス、アクシズ教プリーストのセシリーと問題児ばかり…。それでもめげずに、悪徳貴族を懲らしめるため盗賊活動に精を出すが!?めぐみんキャラクター人気投票1位記念企画、待望の書籍化!

盗賊団を名乗るにしては構成員たちがもたらす戦力と資金力が少数精鋭でカバーしきれない規模を擁していることにお気づきだろうか。むしろ盗賊団よりも傭兵団を名乗ったほうがいいんじゃないだろうか。
アークウィザードにして爆裂魔法を操りし者、王族のみに継承されるスキルもつ王女、アクシズ教徒のプリースト、女神兼盗賊の銀髪美少女。平均年齢10歳代の盗賊団ごっこで結成されたメンバーにしてはどのメンバーも個性が突き抜けすぎていて、行く先々で突飛な行動を起こしてトラブル必須なメンバーだけれど、頭のおかしい行いには定評のある人選が豊富なだけに周囲の人たちの懐の広さが半端じゃない。
めぐみんの日課である爆裂魔法が街の風物詩にまで昇華させられるアクセルの街が異常なのであって、本来であれば爆発の規模と騒音から魔王軍襲来警報レベルの危機的状況を警戒するのが通常なのだよ。

めぐみんと愉快な仲間たちが集結しためぐみん盗賊団の活躍は本編に全く劣ることのないコミカルでハチャメチャな日常の連発で、どこまでもファンを楽しませてくれる最高の作品になっていて文句のつけようのない素晴らしい内容でした。

キラプリおじさんと幼女先輩

キラプリおじさんと幼女先輩 (電撃文庫)

《あらすじ》
女児向けアイドルアーケードゲーム「キラプリ」に情熱を注ぐ、高校生・黒崎翔吾。親子連れに白い目を向けられながらも、彼が努力の末に勝ち取った地元トップランカーの座は、突如現れた小学生・新島千鶴に奪われてしまう。「俺の庭を荒らしやがって」「なにか文句ある?」田舎のスーパーのゲームコーナーに設置された、一台の「キラプリ」筐体のプレイ権を賭けて対立する翔吾と千鶴。そんな二人に最大の試練が。今度のイベントは「おともだち」が鍵を握る…!?クリスマス限定アイテムを巡って巻き起こる俺と幼女先輩の激レアラブコメ!第23回電撃小説大賞“銀賞”受賞作!!

女子小学生を相手にして田舎のゲームコーナーで日々火花を散らすキラプリプレイヤー同士の熱いバトルが繰り広げられるラブコメ作品。
女子小学生×男子高校生という犯罪者予備軍認定スレスレのラインで筐体を目の前にしてプレイする権利を賭けあうだけに、蚊帳の外にいる周囲の人間からの目が妙に痛々しい。一方で、キラプリに関する情報に関しては細かく設定が練られていて、キラプリというゲームの概要から全国の猛者とのランキングバトル、期間限定のイベントを設けての限定アイテムなどその他多数、単なる女児向けアイドルアーケードゲームとしてとらえるだけにはとどまらない奥深いゲームなだけに、思わずのめり込んでしまうのもうなずける。

アイドルアーケードゲームの筐体として全国各地に点在するキラプリですが、この手のゲームにつきものとなる『田舎と都会の格差』や『レアリティの存在するカードの排出』『アーケードゲームをプレイする際のマナー』などの小ネタも物語に組み込まれていて、多少なりとも同様のケースに心当たりのある人にとってはグッと親近感のわいてくる内容も満載。
たかがキラプリされどキラプリ。他人から見たらバカバカしく思えるアイドルゲームに対して一心に情熱を注ぐプレイヤー同士の熱いやり取りとキラプリを絡めたラブコメ展開のバランスが良くて、両方ともほどよく楽しむことができました。

たまに女子小学生を相手にして通報されたら間違いなく逮捕されるレベルで親しげにしているシーンが多数あったけれど、それだけお互いの年齢差を意識していない真剣なやり取りだということで目をつぶっておくことにしましょうか。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ―

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ― (電撃文庫)

《あらすじ》
第三回スクワッド・ジャムの死闘から約一ヶ月。全国各地に散るSJプレイヤーのもとに、ある一通のメールが届く。それは、歴代大会の上位入賞チームのみが参加できるという新ゲーム、“20260816テストプレイ”への招待状だった。GGOの運営会社“ザスカー”からの依頼で開催される、SJとは全く趣旨の異なるゲーム。そのミッションとは、最新AI搭載の敵NPCが守る“拠点”を攻略するというもので―。SHINCと交わした再戦の約束のため、消極的ながらも参加を決意したレン。彼女が目の当たりにするNPCの脅威とは。時雨沢恵一&黒星紅白が贈る“もう一つのソードアート・オンライン”第6弾!!

ガンゲイルオンラインプレイヤーのなかでも指折りの猛者を集って開催された新たな戦いの舞台。優れたチームワークと各々の武器編成から編み出される巧みな戦術が随所で展開される死闘の連発で、奇想天外な一手で窮地に陥れたときの胸がすく感じがたまらない。どのプレイヤーたちもゲームを惜しみなく全力でプレイしている光景が披露されているだけに、プレイヤーのハイテンションとともに読んでいる側の気持ちを高ぶらせてくれる素晴らしい作品でした。

レン、フカ次郎、ピトフーイ、エムの4人のメンバーのいびつなメンバー構成からレンのスピードを上手く活用したこれまでにない用途を発揮したり、1秒1Fの時間差が決着を左右するゲームの世界で、4人の行動指針を決める重要な導き手が必要になるなかでエムとピドフーイが見せつける思い切りの良さ。卓越した技術をもったプレイヤーたちによる単純な対人戦闘能力以外にも重要になってくるステータスが全力で振り絞れられていて、ゲームを題材にした作品の中でも最高峰に面白い。

実銃光線銃などの多種多様なアイテムに関しても、武器ごとの性能や特性を活かした作戦立案が為されていて、全日本マシンガンラバーズの全チーム中トップクラスの火力をほこるチームや近代兵器を駆使したプロテクターと光線銃を使うチームで独特の戦術が展開されているのでそこも見どころのひとつだと思います。

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)

《あらすじ》
「僕、都会に行ってみたいんです! 」
村人誰もが反対するなか、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。しかし村で一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかったのだ。自分たちの村が、高レベル冒険者でも恐れる『ラストダンジョン手前の人外魔境』なんて呼ばれている真実を。そこで育ったロイドは……身体能力ばつぐん、古代魔法も完備、おまけに家事のスキルもパーフェクト!!
「な、何者なんだ、あいつは……! 」
「ロイド君、本気出しちゃだめよ?」
これは、自分の強さに気づかない少年が、『本当の強さ』に目覚めゆく勇気と出会いの物語――。
第8回GA文庫大賞《優秀賞》受賞の痛快ファンタジー、開幕!!

何故か街を進むにつれて宿屋の代金が微妙に高くなったり、主人公が最初にいる街の武器・防具の質がゴミカスだったり。そんなRPGのお約束にあえて真正面からツッコミを入れて『もしもラストダンジョン手前の街に住んでる少年が冒険に出たら……』、そんなもしもを突き詰めた痛快ファンタジー作品。
ラストダンジョン前の村で最も非力な少年の低すぎる自己評価と、ロイドに秘められた力の一端を感じとった人間の間に存在する決定的なすれ違い。
これが読者視点になると、ロイドと彼の周りにどんな認識の齟齬が生じているか全貌が把握できているため、よくもこれだけ綺麗にすれ違ったまま会話が進行すると感心したくなる。あらためて、『思ったことは口にしないと相手に伝わらない』という事実を認識しました。

そんなすれ違い生んだ痛快ファンタジーも、痛快でコミカルな流れにもっていくまでがトントン拍子に進んでいくためにとても読みやすい。流れるようにロイドの日常が彼の周りの人間も盛大に巻き込んだ波乱の連続で見ていて飽きない。

ギャグ要素強めの痛快ファンタジーで、稀に見る独特な地の文がネックになるかもしれないですけれど、概ね新人賞受賞作品としては文句なしのクオリティ。強いてあげるとすれば、ボケ担当のロイド君以外がこぞってツッコミポジションにまわるために、深刻なボケ不足とマンネリを感じ始めたときのストレスが発生することだけですが、その辺は2巻のロイド君次第なのでどんな展開になるのか楽しみです。