働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ワールドエンドの探索指南

ワールドエンドの探索指南 (電撃文庫)

《あらすじ》
ボクたちが生き延びるには『地図』が必要だ。安全な場所が記され、『ミサキ』と呼ばれる怪物たちを見つける道標となるものが。丘の上に立つ謎の“学園”で目覚めたボクは、今日も仲間たちと探索に出かける。6人でチームを組み、無人の街を調べ、力を合わせてミサキを倒す。貢献に応じて支払われるポイントで装備を新調し、更なる奥地を目指す。これがボクらの毎日。いつ終わるとも知れない冒険の中、ある時、ボクはこの世界への違和感を訴える女の子と出会い―。
終末の〈学園〉で始まる、ボクと彼女のサバイバルファンタジー
さあ、地図をつくろう。ボクらの世界を取り戻すために――。

dengekibunko.jp

現代社会ほど衣食住が安定しない退廃的な世界観。生き延びるために仲間たちと探索に出かけ、いつ終わるとも知れない冒険のなかで地図を作り続ける。
安心が失われた世界で『ミサキ』と呼ばれる怪物たちを相手に戦いを繰り広げる少年少女たち。人類が武器を生み出し先人たちが情報をもとに『ミサキ』に抗いながらも、怪物を前に儚く散っていく少年少女の命からは人類側の脆さと終末をたどる時勢の流れを容易に想像させられる物語でした。

そんなポストアポカリプスにカテゴライズ作品でしたが、主人公たちが暮らす『学園』とこの世界への違和感をきっかけに物語の流れは大きく変わり始めました。
『学園』が管轄する貢献に応じて支払われるポイント、『ミサキ』に関する調査報告書の不具合、この世界への違和感を訴える女の子との出会い……。
様々な要素を総合して『学園』を管轄する管理者側に対する不信感につながり、世界を取り巻く真相を追求していくことになります。
『ミサキ』という明確な敵対生物よりも身近な人類に黒幕が潜んでいることに対する驚きと、底の見えない第三勢力の存在がこの世界へどのように介入しているのか。
中長期路線で構築された作品の世界観と単純に読んでいて「面白い」「続きが読みたい」という感想が抱ける素晴らしい作品でした。

ワールドエンドの探索指南 (電撃文庫)

ワールドエンドの探索指南 (電撃文庫)

千歳くんはラムネ瓶のなか

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)千歳くんはラムネ瓶のなか

《あらすじ》
「五組の千歳朔はヤリチン糞野郎」―学校裏サイトで叩かれながらも、藤志高校のトップカーストに君臨するリア充・千歳朔。彼のまわりには、外見も中身も優れた友人たちがいつも集まっている。圧倒的姫オーラの正妻ポジション・柊夕湖、努力型の後天的リア充・内田優空、バスケ部エースの元気娘・青海陽…。仲間たちと楽しく新クラスをスタートさせたのも束の間、朔はとある引きこもり生徒の更生を頼まれる。これは、彼のリア充ハーレム物語か、それとも―?新時代を告げる“リア充側”青春ラブコメ、ここに堂々開幕!!第13回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞。

スクールカーストトップに君臨する主人公の目線の青春ラブコメにもなると、リア充独特の学校生活での弊害や問題点が数多く浮き彫りになっていて、創作物ではあるけれど自分とは違う世界に位置する人たちの半生を追体験できる臨場感があって素晴らしかったです。

リア充陽キャと言えばクラス内のトップに君臨し、文武において高いスペックを有していたり容姿が整っていたりクラス内で高い発言力を持っていたり。多角的ではあるけれど雰囲気でリア充もしくは陽キャという風にカテゴライズができるくらい、学校という狭いコミュニティーには様々な人間が詰め込まれています。悪い言い方をすれば『レッテル貼り』『ステレオタイプ』のように、先入観や外聞から人間性を決めつけられる部分もあると思います。
主人公の属する陽キャコミュニティーをはじめ、同じクラス内の陽キャ陰キャリア充・非リア充の自分とは違う人間たちとの会話を繰り広げる場面も様々あり、学校という閉鎖的なコミュニティーが生み出す人間関係の縮図が構築されていてとても面白かったです。
強いて言えば、主人公と親しいグループに位置するキャラクターたちが、弱冠10代にして人間関係を構築するなかでの他人との線引きが定まっていて、ある意味で人生を達観している部分が怖かったです。

これまでにない“リア充側”の青春ラブコメで描かれるガガガ文庫注目の作品です。評判通り面白い作品なので興味のある人は是非読んでみてください。


千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4 ~好きの対義語は大好き~

ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?4 ~好きの対義語は大好き~ (GA文庫)

《あらすじ》
男子高校生・桃田はちょっぴり年上の恋人・織原さんと真剣交際中!
「桃田君、喜んでくれるかな……?」
二人を結んだ「あの」制服姿で赤面必至のドキドキお家デート!?
人生初の彼氏で話題がつきない織原さん。アラサー女子のお泊まり会ではオトナな恋バナが止まらない♪
さらに初めてのカラオケ、初めての夏祭り、初めての浴衣姿――
「……お願い。私の浴衣、脱がして」
「俺、本当はずっとこんな風に織原さんに触れてみたかったんです」
桃田の若い欲望、遂に爆発!? 二人の夏はますます熱くなっていく!!
可愛すぎる27歳との物語が大きく動く、純愛甘々ラブコメ第4弾!!

15歳の男子高校生と27歳のOLの真剣な交際だけど、いつ身内にバレるかもしれない背徳感とあちこちで見受けられる二人のジェネレーションギャプが織原さん世代の読者にはぶっ刺さってツボります。
自分もついこの前までは制服を着て学校に通っていたはずなのに、時の流れは恐ろしいもので気が付けばあっという間に織原さんと同年代。はじめてやったゲームハードはゲームボーイだし、携帯はガラケーからですよ。今の若い子はおそらく、『DS』とか『Wii』ですかね。桃田くんと織原さんの視点でそれぞれ、ギャップが感じられるワードが飛び出るたびに鋭く刺さってきて自分が果たしてどっちよりなのかを考えてしまいます。

桃田くんと織原さんの交際関係はデートも外出もかなり制限のかかった展開が多いのが特徴的。学生同士なら『学校』『部活』『委員会』『登下校』などなどの場面で時間を共有できるけれど、年齢差カップルだと『SNS』と『自宅』がほとんどで露見するリスクと天秤にかけられます。桃田くんは『父親』に、織原さんは『姉』にバレたときの展開は想像もつかないです。そのせいか、二人の恋愛が禁断の恋で背徳的に感じられます。それ以前に、男子高校生に社会人の彼女がいる状況が犯罪的なのもありますかね。独り立ちもしていない小僧がいくら真剣な交際をしていようが親の保護下におかれている子供でしかないので、桃田くんの立たされている状況に大人としてまた父親として家族が介入してきたとき、はたしてどう受け止められるのかが注目です。
甘々なラブコメではあるけれども、一組のカップルの行く末を小説形式で除いているみたいに臨場感があってメッチャ面白かったです。
次の新刊も楽しみです。

好きすぎるから彼女以上の、妹として愛してください。

好きすぎるから彼女以上の、妹として愛してください。 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
憧れのゲーム会社の高校生バイトにまさかの採用!そんな奇跡に浮かれていた俺・真島圭太に与えられた仕事は…究極の妹キャラ作りのために、「レンタルお兄ちゃん」をやれって!?しかも、契約した妹は学年一の美少女で、いつも俺にウザ絡みする片瀬初葉!?こんなの絶対バカにされる!と思いきや。「い、妹になれば、真島に可愛がってもらえるんだよね…?」抱っこ、添い寝、お風呂まで!?妹モードの初葉はなんでも言うことを聞くし、ベタベタ甘えてくるし、距離も近すぎて!?「けーたお兄ちゃん…大好きだよ」兄妹だったら、これも当然…なんだよな?秘密の兄妹契約いちゃいちゃラブコメ!

お兄ちゃんなら、家族だから添い寝もお風呂も一緒にしてくれるよねっ!!
妹ならお兄ちゃんにベタベタ甘えても可愛がってくれるんだよねっ!!!

アルバイト先ではレンタルお兄ちゃんとしてクラスメイトや先輩を相手に『お兄ちゃん』『お兄様』なんて呼ばれてイチャイチャ×2。
大好きなお兄ちゃんとちょっとエッチな行為やお家デートもお金を払ってオプションに追加するくらいラブラブ。
校内ではこれまでどおりのクラスメイトとしての距離感で接する関係。

公衆の目が届く場ではヒロインの生来の性格や個性が色濃くなり、プライベートでのレンタルお兄ちゃんの場では全力でイチャイチャするギャップが激しくて可愛すぎる。
日に日に脳内がお花畑になり過ぎて公私混同して、学校での朝の挨拶が「おはよう、お兄ちゃん!!!」をぶちかましてきたときは笑えました。
学年一の美少女にお兄ちゃんと呼ばれるシチュエーションが激ヤバです。可愛すぎます。学園ラブコメとしては文句なしの絶品です。
また、イラストを担当している平つくねさんが成人向けも描いている方なので、ヒロインたちの容姿のエロさと作品の持ち味が非常にマッチしていてたまらないです。作家とイラストレーターの相性が抜群に良いです。

そんな学園ラブコメにも関わらず、『主人公が妹ゲームにハマり、最高のお兄ちゃんになろうとしたきっかけ……』『妹たちの過去にまつわる意味深な発現の真相とは……』今後の展開を左右しそうな興味深い伏線も張り巡らせていて、中長期的な物語としてのポテンシャルも非常に高い作品です。

今後の妹のさらなるイチャイチャラブコメ平つくねさんの素晴らしいイラスト、この作品が爆売れする未来と新刊が楽しみです。

好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件2

好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
“他人の自分に対する好感度”が見えるようになった高校生・桐崎冬馬は晴れて学園の美少女四天王の一人、九条桃華と恋人同士に。桃華から冬馬への好感度は変わらず100とカンスト状態。だが、桃華の頭上に現れた“両思いになった相手のテンション”が分かるメーターは上がったり下がったりと忙しい!?体育祭にハロウィン、クリスマス。いろんなイベントを一緒に過ごして桃華との距離はぐんぐん縮まっていく。さらには素の自分を出しきれない雪村希の悩みや、親友との時間が減って寂しい如月結衣と話すうち、彼女達からの好感度も急上昇!ヒロインに愛され度限界突破!ほんわか甘々ラブコメ第2巻!

恋人同士になってからの九条さんが可愛すぎて脳が溶けそう。彼氏に何をされても好感度は絶対に下がらないし、ただ彼氏と一緒にいるだけでテンションが上がりまくりだし、彼氏にもらった思い出のシャーペンを無くすだけでショックを受けるなんて心が天使すぎるよ!!
彼女からの愛され度合いが限界突破し過ぎて胸焼けするくらい甘々な学園ラブコメだ!

学生時代の青春イベントといえば、体育祭や文化祭などの学校行事から夏・冬休み、バレンタインデー、クリスマスなど様々あるけれど、例にもれずこの九条さんと桐崎くんも恋人同士になってからはイベントを二人で楽しんでますね。もう一緒にいるだけで二人とも常に幸せそうにするから読んでいるこっちが逆に恥ずかしくなるくらい。九条さんが可愛すぎて死にそうです。
九条さんの好感度が見えるせいで、桐崎くんがどういう反応をしたときにテンションが下がるかがわかるので、逆に九条さんが何を期待しているのかがハッキリ伝わるんですよ。手をつなぎたいのかとか、キスしたいのかとか、それとも他のことなのか。そんな九条さんのリアクションがたまらなく可愛くてメッチャ甘々です。

遠坂あさぎ神のイラストで描かれた九条さんの挿絵が全部可愛すぎて最高すぎます。これからも九条さんをはじめ様々なキャラクターの素晴らしいイラストを楽しみにしています。

今日も俺は暗黒幼馴染に立ち向かいます。 魔法使いたちの望みと願い

今日も俺は暗黒幼馴染に立ち向かいます。 魔法使いたちの望みと願い【電子特典付き】 (MF文庫J)

《あらすじ》
将来を嘱望される天才魔法使い『四大召喚士』近衛ミキヤは六年ぶりに帰国し転入した神智魔法学園で幼馴染と再会した。
ごきげんよう――天才魔法使いの泣き虫ミーくん」
「うわああああああああああああああああああああああ!」
武装召喚士』柊シガノ――幼いミキヤに数々のトラウマを植え付けた暗黒幼馴染にしてもう一人の天才魔法使い。
「あなたが生徒会長選挙に立候補すると聞いたから、私も立候補することにしてあげたの」
師の命令により生徒会長を目指すミキヤの前に、再びシガノが立ち塞がる!
前途洋々だった学園生活は何処へ。
クールな幼馴染の、ちょっぴり過激で意地悪な愛情表現に立ち向かえ……!!

『魔法とは意思の力だ。意思とは願いであり、願いとは望みであり、望みとは祈りだ』
天才魔法使いとして本場欧州はドイツの名門学院に留学していた近衛ミキヤが日本に帰国。そこで待ち受けているのは、暗黒幼馴染みにしてもう一人の天才魔法使いが現れました。
暗黒幼馴染み……、黒髪ロングで主人公にトラウマを植え付けるドSなヒロイン。でも主人公の妹いわく『メッチャ大好きで好意の裏返し』らしいです。
そんな好意の裏返しによる愛情表現がとっても愛らしくて中毒性のあるラブコメ展開がたまらなくハマります。葉村作品はヒロイン枠のキャラクターの愛情表現が天井突破していて、他のラブコメ作品とは一線を画しているのが特徴的ですね。ボディタッチや性的アピールも『攻撃は最大の防御』風に徹底的に攻めていくうえに、常に主人公とのラブコメ展開で主導権を握り続けるところが最高。
そして個人的には、主人公のことが底なしに大好きな暗黒幼馴染みが天才魔法使いにまで至ったのは幼少期に柊シガノのもとから遠ざかり、遠い異国の地に旅立った幼馴染みのことを想った『意思の力』なのだと思うと、柊シガノのヒロインとしてのポテンシャルのヤバさが伺えますね。
やっぱり葉村さんのラブコメは最高でした。文句なしにおすすめのラノベです。


オタギャルの相原さんは誰にでも優しい (MF文庫J)

オタギャルの相原さんは誰にでも優しい (MF文庫J)

同棲から始まるオタク彼女の作りかた3

同棲から始まるオタク彼女の作りかた3 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
後輩で声優の三波さんに、俺と二科の同棲がバレた…。恐怖する俺たちだったが、秘密を知った彼女から予想外な相談が。「コスプレしたことないので戸惑ってて、色々教えて頂けたら…」オタクイベント仕事のコスプレに慣れたいらしい。ってか露出スゴいなこれ!?二科も男性レイヤーと出会うべく「男子受け良いコスプレにしないと!何がいい?」とイベ参加に乗り気だし。「あ、あんたも一緒に来てもらうから」俺もかよ!?まあ確かにコイツ、痛い目に遭ってから宅コス専門だしな…。二科も三波さんも人目を克服するなら、特訓でナイトプールとか行ってみる…か?待て、いやらしい意味じゃないぞ。

自宅に三波さんを招く→二科の私物を隠す→独り暮らしなのに女性下着が干されている→三波さんにバレる(完)
男性の急所に狙いを定めたラブコメの王道ネタで緊迫の展開と笑いを演出しつつ、Vtuberで美少女声優の三波さん、ツイッターのDMでやり取りをしていて仲の良かった五条さん、系列店交流会で知り合ったゆめさんとの恋愛フラグを構築して物語を進展させていく構成力。
創作物としての非日常的なラブコメ演出と自然なペースでヒロインキャラクターと交友関係を築き上げ距離を縮めていくので、ノベルゲーム並に1日1日の出来事にボリュームが感じられて素晴らしかったです。
それでいて、ラブコメにおいて物語の分岐点にもなる『相手に好意を打ち明ける』大事なシーンはハッキリとキャラクターの口から相手に放たれるのでメリハリが効いてます。時代に応じてSNSでの文字だけのやり取りの中にある距離感から見え隠れするラブコメ展開も見事としか言いようがありませんでした。
友好的な関係だった五条さんにDMを送ったのにアカウントが消滅して連絡が途絶えたときの絶望感といい、その時の五条さんと一ヶ谷くんの心境たるや。

3巻では三波さんと一ヶ谷くんが先輩後輩の関係から好意を抱く異性にまで進展したことで、これから先どんなラブコメ展開が待ち受けるのか注目です。
村上凛さんの作品はどのヒロインも等しく魅力に溢れていて、全キャラクターのifルートがあってもおかしくないレベルでキャラメイクがされているので業が深いです。