働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 8

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している8 (角川スニーカー文庫)
選べ ①局部を壁に押しつけ、奇声をあげながら腰を振る ②近くの女子に局部を押しつけ、奇声をあげながら腰を振る。


内容紹介
ランキング戦も終わり『お断り男(笑)』へとレベルアップした奏。そんな中、ショコラが急に倒れ、しかも目覚めた途端「馴れ馴れしくしないで下さい、駄犬」と言い放ち!? 新ミッションに挑むドキドキの体育祭編!


感想
相変わらずの下ネタのオンパレード。終始ギャグあり笑いありラブコメありのラノベでした。

奏の家で行われた謳歌と二人での食事会イベント。“子供らしくしている謳歌が好きだ”と奏に言われたために、二人きりの状況で見せる謳歌らしさが爆発。挿絵の謳歌の食事シーン。その笑顔が最高だった。

ふらのとの個人イベントがなかったけど、もしかして謳歌ルート入ったのかね?次回に個人イベントが起こる様子もなかったしこのまま負け犬街道まっしぐらか?
(それと、謳歌が部屋から見つけたという大人の玩具。もしかしてオナホかな?)

個人的に残念だったのがここにきての大子さんのが学校に登場したシーン。
大子さんの制服姿が見たかったぁぁぁ。アニメだとキャラデザありで一話からかなり濃いネタキャラとしてでてきたのに。
どんなカオスな格好するのかと思ったけど挿し絵が挟んでなかったから残念。あっ、そもそも需要がないかw

このラノベの主軸とも言える絶体選択肢の呪い。
この解呪について大きな進展もあり、もうすぐ完結するのかぁという感慨。
これまで鈍感主人公を貫き通してきた奏が、ラストになってとうとうヒロインたちの好意に気づく。
誰を選ぶことになるのか、最終巻が出るまで追い続けていきたいと思います。