働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

この素晴らしい世界に祝福を! (7) 億千万の花嫁

この素晴らしい世界に祝福を! (7) 億千万の花嫁 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
魔王軍幹部の討伐報酬として大金を手にし、悠々自適の生活を送るカズマたち。そんな中一人浮かない様子のダクネスは、大物賞金首のモンスターを倒しに行こうと言い出したかと思えば、ついには突然、姿を消してしまう。「お前達とは、もう会えない。本当に勝手な事だが、パーティーから抜けさせて欲しい」残された手紙に3人が落ち込む中、ダクネスが領主と結婚するという噂が流れ―。仮面が笑い、大金が舞う。はたしてその結末は!?

祝アニメ化決定!! シリーズを通して安定して楽しめるギャグコメ展開を提供してくれるので、いつも新刊が出るたびに真っ先に読みたくなる作品です。僕自身これまで数多くのライトノベルを読んできたけれど、ここまで読んでいて『笑える』ような作品は珍しいと思いますね。
魔王軍討伐を掲げるカズマたちの冒険者としての肩書は『前衛守備職クルセイダー(攻撃を受けることに快感をおぼえる真正のドM)』『女神アークプリースト(無駄にスペックは高いけどこれまでまともに活躍したことがない)』『紅魔の里の魔法使い(1日1回しか使えないほど魔力を消費する爆裂魔法の使い手でそれ以外の魔法は使えない)』の強者揃い……それなのに中身は一癖も二癖もある性格破綻者。
そんな連中がひとつのパーティーとして寄り集まっているのだから日常がカオスになるのは正に自明の理。

今回のダクネスの突然の結婚の知らせとそれに起因するパーティー脱退騒動。それならばダクネスの実家である貴族の館に夜襲を仕掛け、ダクネスの奪還をはかろう! なんかもう相手が貴族であることも無視して突撃していく姿がカズマたちらしいですね。守衛に見つかればただではすまないような緊張した場面のはずなのに、ダクネス奪還までの道のりにもいろいろとネタが仕込まれていてぶれないところも『この素晴らしい世界に祝福を』らしさを感じました。
イラストを担当しているのが三嶋くろねさんというのも、このライトノベルを楽しくさせてくれる部分だと思いますね。なんですかね、こう、キャラクターの表情がものすごくイキイキとしていて、挿絵のページにたどり着くのも楽しみでしかたがない面白さがありますね。
ギャグコメのライトノベルとしては最高の作品なのは断言できます。