読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術4

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術4 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
ゲームに似た異世界へ召喚されたディアヴロは、手違いで奴隷にしてしまった豹人族のレムと、エルフのシェラ、さらに幼女魔王のクルムを従え、波乱に満ちた異世界ライフを過ごしていた。ある日、聖騎士に追われていた聖女を助ける。彼女は教会の最重要人物だった。事情を知ったディアヴロたちは、魔王領の都市ジルコンタワーまでの護衛を引き受ける。何日もかけて行った街では、様々な問題が起きており…そのうえ超巨大魔獣が出現して突っこんできた!「これより多重魔術を使う!レムよ。周りを警戒しておけ!」魔王を名乗るディアヴロが、神の信徒の守り神に!?やがて世界を震撼させる魔王(演技)が絶対的な強さで突き進む冒険譚、第四幕!

かつてゲームだった世界に魔王として召喚されてディアヴロがコミュ障を隠すためにはじめた魔王のロールプレイをすることで、異世界の魔王として名を轟かせて絶対的な強さで突き進む。その絶対的な強さをもってしても、ディアヴロの手違いで奴隷にしてしまったレムとシェラ、そして新たに従えた幼女魔王クルムがピンチに陥るたびに、ディアヴロの強さが炸裂して仲間の危機と熱いバトルが絡み合って最高に盛り上がる作品です。

あとは妙にエロ展開に派生するときの表現の際どさが読んでいる側も度肝を抜くくらいエロいのが特徴と言えば特徴ですかね。イラストからくる視覚的なエロさもあるけれど、しれっと触手プレイに持ち込んでいくところとか、シェラの天然と無知が合わさって無自覚にエロ展開に流れていったり。王道の触手に絡まれて衣服を脱がされるのが生ぬるいくらいのものだと言えるのは確かです。まあそれも一冊のうちのごくわずかな部分ではあるけれど、この作品に関してはそれが顕著に現れていて、色々な意味で強烈に印象に残る。

全巻に重版がかかるほどの安定した人気があるシリーズで、次巻の刊行もほぼ決まっているみたいなので、このまま軌道にのってストーリーが完結するまで楽しんでいたい、そんな作品でした。