働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

廻る学園と、先輩と僕 Simple Life

廻る学園と、先輩と僕 Simple Life (ファミ通文庫)

《あらすじ》
僕こと千秋那智の通う聖嶺学園高校には、学園一の美少女と噂される先輩―片瀬司がいる。そんな学園のアイドルと、ある事件をきっかけに知り合った僕だったけど…それからふたりの距離はなぜか急接近!?からかわれているのかと訝しむ僕をよそに、先輩はいつも可愛く、そして楽しそうで―。憧れの先輩に振り回されっぱなしの那智くんと、実はもの凄くヤキモチ焼きの司先輩、そんな二人が繰り広げるラブコメ&スクールライフ、はじまります。

学園のアイドルと称される先輩とごく平凡な新入生のはじめての出会いと二人が恋に落ちるまでをシンプルに描いた青春ライフ。主人公である千秋那智のステータスが片瀬司の学年が集計した人気ランキング第2位の相対的評価を有していることから、彼の容姿が比較的に優れていることがうかがえるけれど、それ以外は全てにおいてシンプルかつごくありふれた日常のワンシーンを切り取った展開が多かった。それだけに、小説でありながらも等身大のスケールで描かれる青春の物語をストレートに楽しむことができて素晴らしい作品でした。

千秋那智と片瀬司の青春模様を描くうえで、出会った頃は学園のアイドルとごく平凡な新入生という構図から『那智が司に(気がついたら)恋心を抱いている』というイメージが強かったけれど、それを補う形で徐々に変わりゆく彼の心境の変化が丁寧に描かれていて、ラブコメの醍醐味である主人公の初々しい反応には口元がにやけてしまいました。
那智の心境の変化を描写する傍ら、司のなかでも親友であるクラスメイトが那智との関係を面白おかしく囃し立ててくれて、ただの仲の良い後輩男子生徒から少しずつ意識し始めていきやがて恋に落ちるまでがぶっ飛ばしたくなるくらいピュアに描かれていました。
二人とも両想いのはずなのに最後の部分で足踏みしているところからは自分も邪念が芽生えてきて、正直爆発してほしいくらいのベストカップルでお腹いっぱいでした。

同レーベルからの著作である『佐伯さんと、ひとつ屋根の下』が好みの読者は間違いなく楽しめる作品でもあるので、未読の人はぜひ読んでみてください。