働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

幼なじみが絶対に負けないラブコメ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

《あらすじ》
幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。…でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる!普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺だけに笑顔で会話してくれるんだぜ!これもう完全に脈アリでしょ!ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!?俺の初恋だったのに…。失意に沈む俺に黒羽が囁く―そんなに辛いなら、復讐しよう?最高の復讐をしてあげようよ―と。

dengekibunko.jp


久々に傑作とも呼べる学園ラブコメを目にしました。
『丸末晴:初恋のクラスメイトに告白する前に彼氏ができたと聞く(失恋)』『志田黒羽:主人公に好意をもつ幼なじみ。告白するもフラれる(失恋)』。失恋界隈が大盛況ですねw
これまでに読んできた学園ラブコメの定石からシチュエーションがかけ離れ過ぎていて物語の序盤から引き込まれました。

失恋のショックで意気消沈している主人公に幼なじみがかける悪魔の囁き……、“復讐しよう”。
いやいやいやいや、『可知白草に彼氏がいる』『彼氏とは親同士も仲が良い』とかそんな裏付けができているならそこは素直に気持ちを切り替えましょうよ!!
青春を謳歌する若気の至りか知りませんけど、発想が予想の斜め上を行き過ぎてサイコパス
むしろ黒羽は末晴の初恋が失恋に終わったのならガンガンアプローチを仕掛けて振り向かせるべきでしょうが。いくら末晴に未練が残っていようが、そこは刺激しないでストレートな恋心に貪欲に挑んでいこうぜ。
これじゃ黒羽は理解ある幼なじみを演じすぎて損な役回りになってますよ。

幼なじみの特権で家族的な距離感で普段から接しているし、異性の自宅にもナチュラルにやってきて二人きりになれるし、ラブをぶつけて泥沼の甘々なラブコメ展開も全然イケる状況だったけど、可知白草への復讐が進むにつれて、『下校途中、俺だけに笑顔で会話してくれるんだぜ!これもう完全に脈アリでしょ!』が恋に盲目な男子高校生の妄想ではないと発覚してからは怒涛の修羅場が押し寄せてきてました。
真相に近づくにつれて“復讐”に始まった学園ラブコメの様相が徐々に変貌していき、クライマックスには見事にタイトルを回収していく結末に震えました。
たしかに、『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』でした。“負けない”だけであり“勝ってはいない”です。超重要です。ぶっちゃけ、誰もハッピーにならずにトリプルノックダウンする学園ラブコメは草しか生えないです。

イラストを担当されたしぐれういさん。表紙イラストの構図には一目で引き付けられるくらいに最高でした。他にも口絵で黒羽と白草が幼なじみVS初恋で視線でバチバチやりあってるところが逆に末晴にベタ惚れな雰囲気が感じられて可愛かったです。とても素晴らしいイラストでした。

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)