働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

転生王女と天才令嬢の魔法革命2

転生王女と天才令嬢の魔法革命2 (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
天才公爵令嬢・ユフィリアとともに王国を襲う脅威・ドラゴンを撃退したアニスフィア。だが、婚約破棄騒動は終わっていない。そのカギを握る令嬢・レイニの謁見に同席したアニスは彼女が“ヴァンパイア”だという真実に気づく。
しかし、それは王宮を揺るがす壮大な陰謀の始まりに過ぎなかった。「姉上、どちらが王にふさわしいか、ここで決着をつけよう!」「アルガルド。あなたに……、王を名乗る資格など、ない」
全ての原因を作ったアニスの弟・アルガルド。ことを起こした弟と、彼と国を想うあまり敵対するしかなかった姉がついに激突する。王宮百合ファンタジー第2幕。

fantasiabunko.jp

魔法に憧れを抱くが魔法を使うことができず魔学の道の探究を続け異端視されるアニスフィア、魔法を有するが革新的な発想と発明で名を轟かせる姉と常に比較され続けるなかで育ったアルガルド。
二人の幼少期の頃の些細な出来事がきっかけで関係に歪が生じ、年月を経て大きなものへと変貌をしついに壮大な陰謀のもと決定的な事件が巻き起こり衝突する。
アニスフィアとアルガルドがここまで行き違ったエピソードとお互いに想いあうがゆえに敵対する道にまで至った経緯が丁寧に綴られていて、二人の決意それぞれに芯が通っていてなおかつドラマがあってととても感情が伝わってくる内容でした。

アニスフィアが手に入れたドラゴンの素材とその身に宿ったドラゴンの力。魔学の発展に繋がる研究材料が多数発見されることとなり、魔学の辿る未来に光明が見えてくるところにロマンがあって良かったです。
魔法の力は貴族の間だけで循環され続けていくため、貴族以外の人間たちには縁遠いものとして捉えられている存在が、アニスフィアの手により誰でも扱えるものに転換された先に国家がどのような未来を歩むことになるのか。
閉塞感のある貴族社会をキテレツ王女の名を轟かせるアニスフィアがどうぶっ壊してくれるのかが楽しみになってきます。

個人的にはそろそろ冒険者としてのアニスフィアの活躍をフォーカスした物語が読んでみたいですね。王女としての振る舞いが求められる王宮での暮らしが長く続くので、外での王女らしからぬ行動と活躍が見てみたいです。