働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

僕の軍師は、スカートが短すぎる2 ~サラリーマンとJK、ひとつ屋根の下

僕の軍師は、スカートが短すぎる2 ~サラリーマンとJK、ひとつ屋根の下 (GA文庫)

《あらすじ》
「必要以上に汐音とベタベタしないこと! これ、軍師命令だからね!」
女子高生“軍師”穂春の助言によって会社で実績をあげた史樹は、新たに<&SIX>の事務所との共同事業を命じられる。
調査のため事務所に赴いた史樹を出迎えたのは、穂春という羅針盤を失い、社会の荒波にもがきながら立ち向かう汐音ら少女たちと、彼女たちの覚悟を喰い物にせんとする大人の策謀だった。
「あなたのような矮小な存在なんかに、我々は負けません」
人の心がわかる“軍師”とお人好しの社畜が織りなす、温かくも奇妙な同居生活、第2弾。

女子高生軍師のプロデュースによって人気が高まりつつある“&SIX”のメンバー。穂春の突然の脱退により頼れる存在を失った彼女たちが大人たちの欲望と悪意に晒され、これから先彼女たちだけで芸能界を生き抜くための教訓を身をもって経験させつつ、どこまでもお人よしの史樹が信頼できる大人として支えてくれる姿に心温まるラブコメ作品でした。

これまで“&SIX”を裏方として支えてきた穂春の存在はメンバーたちにとっても大きく、彼女が抜けた損失は大きいもののいつまでも彼女の力に頼らなければいけない状況を打破する目的もあり、史樹の家に居座る形に“&SIX”のメンバーのもとを去ったとのこと。
そんな穂春の目が離れたことで悪意をもった大人たちの魔の手が忍び寄り、一連の騒動が巻き起こることになったわけですけど、人の心理がわかり過ぎる軍師の深いよみがちょっとした伏線として機能しつつ、大人たちの策謀に捕らわれた&SIXを救い出す一発逆転の秘策を披露したときの爽快感がありました。

穂春が史樹にドキドキさせられるのがはたして不整脈なのか、それとも恋なのか。&SIXリーダーの相馬汐音からの信頼を一連の騒動を機にさらに勝ち取ったことで、穂春のライバルが増えたなか、穂春の恋の戦略がどうなるのか。続きが気になる作品ですね。

イラストレーターのパルプピロシさんについてはMF文庫J『境域のアルスマグナ』やファミ通文庫『やがてはるか空をつなぐ』の頃から知りましたけど、イラストの雰囲気が独特で記憶に残りやすいことと、個人的にはファンタジー系のイラストよりもこの作品のように現代キャラの衣装を込みのイラストのほうが何となく好みです。
これからも担当される作品が刊行されるのを楽しみにしてます。

bookwalker.jp