働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

2020年 10月 注目の新作ライトノベル

会社員とJK、お隣さん歴1年目。 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
からかい好きな女子高生×堅物サラリーマン、年の差日常ラブコメ!
彼女無しのサラリーマン・苺谷蓮太郎のアパートの隣室に、女子高生・花咲七葉が引っ越してきた。
今どきなJKと社会人、ただのお隣さん同士で終わると思いきや――
「カレー、良い匂いですね。私も食べたいなー、なんて……」
「まあ、いいっすけど」
きっかけはそんなふとしたこと。
二人はよく言葉を交わすようになり――気が付けば、晩ご飯を一緒に食べることが日常になっていた。
「ねぇ、お兄さん。いい……よ?」「あはっ照れた? 今照れたよね?」
隙あらばからかおうとする七葉と、ウザいと言いながらも面倒見のいい蓮太郎。
「ただいま」と「おかえり」がなんでもない日々を色づける、年の差日常ラブコメ!

会社員とJK、お隣さん歴1年目。 | 書籍情報 | スニーカー文庫(ザ・スニーカーWEB)

会社員とJK、お隣さん歴一年目。(ナナシまる) - カクヨム

カクヨムからの書籍化作品らしいですね。
年齢差のあるラブコメ作品も最近は流行り始めている感じはありますけど、何より表紙の雰囲気が良いので買います。



天才美少女な幼馴染のくせに、なんで俺の前でだけそんなにスキだらけなんだよ (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
幼馴染の神野毬萌は、チートレベルの天才と評判の美少女だ。
しかし何故か俺の前でだけ、天才と紙一重の突拍子もない行動力で突如ポンコツに変貌する。
「にははー、コウちゃんありがとっ!」
そんなあいつを陰ながら助けてやるのが俺の日常だ。
4月から生徒会長に就任した毬萌を補佐するべく、幼馴染の腐れ縁で俺も副会長になることに。
だが、ある日俺が後輩の冴木花梨に告白されてから、幼馴染の距離感に変化が訪れた。
俺の前でも完璧なままでいようと、必死に無理をする毬萌。
「コウちゃんに幸せになってほしいんだもん」と涙を見せるお前は……なんで俺の前でだけそんなにスキだらけなんだよ。

天才美少女な幼馴染のくせに、なんで俺の前でだけそんなにスキだらけなんだよ | 天才美少女な幼馴染のくせに | 書籍情報 | スニーカー文庫(ザ・スニーカーWEB)

【10月1日発売!】天才美少女な幼馴染のくせに、なんで俺の前でだけそんなにスキだらけなんだよ(五木友人) - カクヨム

前作、『所持金ゼロの彼が資産家令嬢から求められるようになった理由』は第24回スニーカー大賞金賞受賞作(2019/6/1)。そこから期間をあけての新作みたいです。
ポンコツヒロインもよくある属性ですけどどんな作品になってるのか気になります。

bookwalker.jp



失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い ~ビターのちシュガー~ (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
つらい失恋により体調を崩してしまった男子高生、沢渡悠。
そんな彼のもとに、理由もわからないまま険悪になっていた、隣の部屋の幼なじみ――白雪心愛が現れ、看病してくれることに。
「どうして急に俺の看病なんて――」
「迷惑でしたら帰りますが?」
その日以降、遠ざかっていた二人の距離は近付いていく。
彼女との触れ合いの中で、傷付いた心を癒やされていく悠。
やがて、心愛に心を惹かれるようになって――。
これは、恋を失ってしまった男の子と、ずっと片思いを続けていた幼なじみの、じれったくて甘くてちょっと切ない、そんな恋物語。

失恋後、険悪だった幼なじみが砂糖菓子みたいに甘い(七烏未奏) - カクヨム
なろうとカクヨムの両方に連載されている作品の書籍化みたいですね。作者の 七烏未奏さんはこれまでにもたくさん書籍化しているのは存じていましたけど、表紙のインパクトとあらすじが気になったので買います。
bookwalker.jp
bookwalker.jp



それでも、好きだと言えない (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
夏の終わり。人付き合いが苦手な僕の前に現れたのは、記憶喪失の幽霊、レイナだった。レイナに取り憑かれた僕は、彼女を成仏させるため、記憶を取り戻す手助けをすることになった。
けれど、天真爛漫でお節介なレイナの存在は、僕の日常を大きく変えていき、そして僕の心さえも奪ってしまった。だけどこの気持ちは絶対に伝えることはできない。レイナの死の真相と彼女の後悔を知ってしまったから……。
後悔と一途さと失われた記憶が紡ぐ、”7つ”の好きだと言えない理由。大切だからこそ、伝えられない想いがある。ほろ苦くて、ちょっぴり泣ける青春ラブストーリー。
――それでも、好きだと言えない。

代表作『俺が生きる意味』『僕の地味な人生がクズ兄貴のせいでエロコメディになっている。』や最近ですと『異世界はジョーカーに微笑んだ。』を書かれていた作家さんで、とても記憶に印象深く残る作品を書かれていてなおかつどれも面白かったです。
bookwalker.jp
bookwalker.jp



f:id:murabito1104:20200930232706p:plain

《あらすじ》
夜9時、1m。それが僕と女神との秘密の時間と距離。そう、僕の家の隣には女神が住んでいる。
「旭くん、わたしはいったいどうしてキミのことが好きなんでしょうか?」
ベランダ越しに甘く問いかけてくるのは、完璧美少女の氷見夏菜子先輩。冴えない僕とは一生関わらないはずだった。
だけど、僕が彼女の家の隣に引っ越してきたとき、そして彼女が僕のことを好きだと告げた瞬間に始まったんだ。
可愛すぎる先輩と、大切な時間を積み重ねていく、かけがえのない日々が。
この世で僕と女神先輩しかまだ知らない、近くて遠いひそやかなベランダ越しの世界のなかで――。

代表作『花×華』『叛逆のドレッドノート』など。
お隣さん同士の距離から始まる恋愛関係。ラブコメ系作品全般が好きな自分のアンテナが反応してる。
bookwalker.jp
bookwalker.jp



f:id:murabito1104:20200930233722p:plain

《あらすじ》
幼いころ、将来を誓い合うも離ればなれになってしまった、大滝忍と森静乃。
高校生になって久しぶりの再会を果たすも、互いが覚えている「約束」の食い違いからケンカになってしまう。
慣れない新生活による不眠症。期待外れの再会。二人にとって、最悪なスタート。
でも――
ひょんなことから二人は、一緒に添い寝をすれば眠ることができると気づく。
それからというもの、学校の保健室で、忍の部屋で、静乃の家で。
あの頃とは違う成長したお互いに戸惑って、二人だけの「添い寝ルール」を作って……。
これは、もどかしくてじれったくて、甘酸っぱくて、でも温かい……素直になれない幼なじみ二人の物語。
彼らが添い寝で、少しずつかつての距離を取り戻していく物語。


f:id:murabito1104:20200930234034p:plain

《あらすじ》
渋すぎる声と強面のせいで周囲から避けられている俺、塵内芥が、なぜか声優デビューすることに。しかもTVアニメの主役……!?
ヒロイン役は、女子高生声優の橋本ゆすら。両親とも実力派声優というサラブレッドで、多くのファンに愛されているアイドルだ。
「一瞬たりとも気を抜いちゃだめよ」
「え?」
「参加させてもらってるとか、胸を借りる気持ちなんかで挑んだら、一瞬で吹っ飛ばされて、名前どおりの塵芥になっちゃうから」
「俺の名前は塵内だ。塵芥にはならねえよ」
美しくも気の強いゆすらをはじめ、高嶺の花の声優たちに囲まれ、波瀾万丈で夢のようにハッピーな青春が始まった――!
現役声優だからこそ描ける、リアルな声優業界ラブコメが爆誕!

現役声優だからこそリアルな目線で書ける物語の世界に期待です。ちなみに声優にほとんど詳しくないんですけど有名な人なんですか?



僕の軍師は、スカートが短すぎる ~サラリーマンとJK、ひとつ屋根の下 (GA文庫)

《あらすじ》
「おにーさん、助けてくれたお礼に、定時帰り、させてあげよっか」
ブラック企業に勤める史樹。終電帰りのある日、家の前に少女がうずくまっていた。その少女・穂春は、助けてもらったお礼として、史樹の抱える仕事上のトラブルをたちどころに解決してしまう。
どうしても定時帰りしたい史樹と、身を寄せるところを探していた穂春。史樹は衣食住を提供する代わりに、穂春のアドバイスに頼ることにする。
「人は先に親切にされると、お返ししなきゃって思う生き物なんだよ」
二人の同居生活が始まると同時に、史樹の社畜生活は一変するのだった。
サラリーマンとJK の、温かくも奇妙な同居生活ラブコメディ、開幕。

代表作『うちの居候が世界を掌握している』『ちょろいんですが恋人にはなれませんか?』
同居生活から始まるラブコメ作品らしいですね。ちょろいんもわりと面白かったので期待してます。
bookwalker.jp
bookwalker.jp



今月も期待のできる新作がたくさんあってじゃぶじゃぶお金を使いそうです。

後半の新作はまた表紙イラストが出たらまとめたいと思います。