働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね

わたし以外とのラブコメは許さないんだからね (電撃文庫)

《あらすじ》
冷たい態度に負けずアプローチを続けて一年、晴れて想い人に振り向いてもらえた俺。クラスの誰をも寄せ付けようとしなかった孤高の美人、有坂ヨルカと彼氏彼女の関係になったのだ! しかもあれだけツンケンしていたくせに、本当は俺のことが大好
だったらしい!
「わたしの方が好きに決まっているのに、それが伝わってない気がする」
え、このカワイイ存在ヤバくない? 強気なくせに恋愛防御力0な彼女にイチャコラ欲求はもう限界! だけど人前でベタベタするのは禁止? さらに秘密の両想いなのに恋敵まで現れて……?
恋人から始まるラブコメ爆誕!

『わたし以外とのラブコメは許さないんだからね!!』
表紙良し、キャラクター良し、タイトル良し。
主人公へのべた惚れ度合いMAXでイチャコラ欲求は高いけど、学校内の人前でイチャつくのは絶対にダメ!!
人目を忍んだ交際だからこそ、彼氏との限りある時間を最大限に楽しむ想いの強さが前面に現れていて、最高に青春ラブコメを満喫している光景を微笑ましく感じながら楽しめる作品でした。

もっとも、二人が交際に至るまでにはクラスの誰をも寄せ付けない有坂ヨルカの冷たい態度にもめげずにアプローチを続ける瀬名希墨の一年間の青春ドラマがありましたけど、清々しいくらいに真っすぐに好意をぶつけるスタンスが気持ちが良かったです。
読み終わったあとになってみると、希墨とハルカの交際のきっかけもクライマックスにかけて校内で二人の関係が噂されたときの処理の仕方も、青春ドラマのワンシーンを切り取ったような感動的で心が揺さぶられるような展開になっていて、作品全体の印象が決定づけられるくらいに感慨深かったです。

『両想いラブコメ』として文句なしに面白い作品でしたので、ラブコメ好きの方は是非とも読んでみてください!!

bookwalker.jp