働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件2

転校先の清楚可憐な美少女が、昔男子と思って一緒に遊んだ幼馴染だった件2 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
7年ぶりに再会した男友達……現・清楚可憐な美少女の春希。
少しずつ“良い子の擬態”を解き始めた彼女は、前よりも親しみやすくなったと一層人気者に。
隼人も男友達ができて、幼馴染みであることを画している二人は別々にお昼を過ごすことが増えていた。
離れて過ごす昼休みは、いつもより時間の進みが遅く感じられて落ち着かない。春希は、園芸部員の少女。みなもと親し気に話す隼人の姿を見て、苛立ちのような独占欲のような何かを感じてしまって……。
「ボクはね、隼人の本当の特別になりたい」
“男友達”でも幼なじみでも物足りなくて、もっと相手に近づきたい……。想いが揺れる青春ラブコメ、第2弾。

クラスメイトの前では清楚可憐な美少女、隼人の前では男友達の距離感で気兼ねなく自分をさらけ出せる。
幼かった二人が高校生へと成長し、異性として意識する側面を持ち始めたことにより、かつてのような“男友達”や“幼なじみ”以外の感情も芽生え始めたことでお互いのなかの想いも揺れ始める。
“幼なじみ”の関係を起点にして、隼人と春希の周りの同世代のキャラクターたちと繰り広げる青春模様を描いたラブコメ作品ですが、“幼なじみ”の気兼ねなく自分をさらけ出せるなどのメリットがある反面、“幼なじみ”ならではのデメリットや難しい異性トラブルが描かれていて、『THE幼なじみ青春ラブコメ』といった雰囲気の作品に感じました。

それこそ、『これまでのような仲の良い幼なじみ』の距離感で、一緒にTVゲームをしたり遊びに出かけたり楽しい時間を過ごす日々も充実した青春ライフを送れるだろうけれど、『本当の特別になりたい』と意識を変革させてまで一歩踏み込んだ関係に進展させたい想いもひしひしと伝わってくるし、何よりもその先の隼人と春希の関係がどんなものになるのか純粋に気になってくる作品でした。


bookwalker.jp